独歩炎のひとりごと

小さな島の作陶日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

冬支度

2013-11-11 16:22:59 | Weblog
 今日はとても冷え込んでいます。
秋というより冬に近づいているようです。

先週から工房に訪れたお客様です。

ジョウビタキという渡り鳥だそうです。
車に沢山のお印を残しています。


工房にも扇風機と入れ替わりにストーブが設置されました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お魚

2012-05-25 16:22:14 | Weblog


 久しぶりの雨で草木もうれしそうです。

能登へ来て覚えたことの一つに「魚さばき」があります。

私の両親は山育ち。切り身の魚で育った私は魚を丸ごとさばくという経験がありませんでした。

こちらでは当たり前のようにこのような魚が頻繁に行き来しております。


初めのころはお腹だけ取り出し味噌汁の中に投入していましたが、刺身にすると美味しいという魚まで味噌汁にして大ひんしゅくをかい、一念発起し、見よう見まねでお刺身らしきものを作ることが出来ました。


と言っても人様にお出しするようなレベルではもちろんありませんが。



それでもおかげさまで頂いたお魚を美味しく食べさせていただいております。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女性作家五人展

2009-07-27 14:52:27 | Weblog


 北陸地方、今日も大雨です。 梅雨あけはまだ先のようです。

グループ展のお知らせです。

明日、7月28日から8月30日までギャラリー路良ろうらにて「女性作家五人展」に参加させていただきます。

前回、主がお世話になったギャラリーで名古屋市天白の閑静な住宅のなかにあるそうです。
喫茶もかねているので、ゆっくりとお茶を飲みながら楽しんでいただきたいと思います。

今回は残念ながら、作品のみの出張です。

遠くへ行きたい!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ゆどうふ杓子

2009-01-15 14:54:48 | Weblog
 能登島、現在小雪がちらついています。
道路も残雪が氷り、ガリガリと車が音をたて走っています。

今日の主役は写真の網です。

先日、知人の京都土産にと、いただいたものです。
すべて手で編まれた手作り品です。
「辻和金網」と聞いてご存知の方もいられることと思いますが、私は始めて教えていただきました。

ほかにも、焼き網、茶漉し、などまさに網ものならなんでものようです。


このゆどうふ杓子は銅製で使い込んでいくと色の変化が楽しめるとのこと。
もち手の柔らかなカーブにやさしさを感じます。

近く、鍋パーティの予定。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨明け

2007-08-02 12:03:20 | Weblog

 北陸地方も昨日、梅雨があけたそうです。

今日は、台風の前の蒸し暑さでしようか。

我が家のウトことプレーリードックは、今朝からもぎたてとうもろこしをムシャムシャ、芯まで完食!

その後の姿です。とっても気持ちのいい幸せな時間のようです。

野生のプレーリードックもこんな無防備な姿になるのでしょうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大地震!

2007-03-26 10:23:55 | Weblog

昨日のおもわぬ出来事に、びっくり!

幸い家族みな無事でなによりです。多くの方々から、ご連絡戴き、ありがとうございました。まだ余震もあり、気が抜けませんが大丈夫です。

工房のあちらこちらから、ガチャン、ガラガラ、という音を外で聞きながら呆然、、、、、。

気持ちよく陶磁器たちは割れていました。

またつくる気持ちになってきました。元気が一番!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日光浴?

2007-02-26 11:28:42 | Weblog

今日は朝から、うぐいすの鳴き声が聞こえました。2月もあとすこし、春の鳴き声でしょうか?

穏やかな晴れの日、布団と共に大壺もお日様の日をあびて日光浴です。高さ60cm、製作時の重さ約、40Kg。乾燥を十分にさせないと窯の中で爆発したり、ひびが入ったりするのです。

陶器作りも、気候やお天気に左右されます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おひなさま

2007-02-20 09:13:16 | Weblog

昨日おひなさまを飾りました。

娘の誕生を機に、長い間押入れの中で眠っていたおひなさまを復活!なつかしさで自分が喜んでしまいました。今年で3回目。

あちこち補修が必要です。とても素敵なお雛様を作っていらっしゃる方がいて、いつかは娘にと、思っているところです。

写真の陶雛はろくろでひいたものです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加