ロマン派☆自己流トレーニング

花の写真と、全然ロマンチックじゃない日常の雑感。

ちょっとサイケデリック

2017-07-27 | みんなの花図鑑

もう暑過ぎて、それだけでサイケデリックになります。
光も強く、写真も変な感じに写ってしまうし。
今日はそんな変な花写真や、意図的にいつもと違うふうに撮った画像を集めました。



ハツユキカズラ。普通なようでこの植物は変わってる。新芽の時のピンクが白へ、そしてその白にまだらな緑が混じってきて、最終的には緑の単色の葉へと「変容」します。ちょっとサイケ?



ミソハギですけど、逆光で妙な感じ。
順光では ↓ こんなふう。


次はもうこちらでは終わったアガパンサス。その咲き残りをへんてこに「切り撮った」もの。





↑ これはバーベナ・タピアンですが、土から横に伸びて舗装された道に出てきていました。砂利混じりのような道を「模様」として使ってみた。バーベナ・タピアンは匍匐性の花で、横に伸びます。




1968年、25歳の頃のジム・モリソン。ザ・ドアーズのボーカリストで、詩人でもあった。 ドアーズの音楽は特にサイケデリックでもないのですが、ジムの歌唱と彼の書いた詞が、聴く者の内奥を突いてきます。 天才ゆえに、長生きは出来ませんでした。




ヒメイワダレソウ。今、盛期。



上はもう終わったガクアジサイの、最後の輝きです。


セイヨウニンジンボク。絵面がちょっとサイケになったなあ。

終わりはコスモスで普通ですが、よく考えたら、秋の花が最近は春頃から見かけるから、サイケデリック(!)
「宇宙」の意味もあるコスモス。




意識の変容についてはいずれ、もっと深く考えてみたいと思います。今はとにかく暑いので、これで終わります。。

ジャンル:
みんなの花図鑑
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時には、太陽に背く向日葵もいい | トップ | 昼咲き月見草は意外と花期が長い »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サイケちゃん (ninbu)
2017-07-27 20:15:11
ロマン派さん、こんばんは。
サイケデリックという言葉、久しぶりに聞いた気がします。
最近、ほとんど聞きませんよね。
私の心の中にはケバケバしい色と音で、頭がクラクラしてしまいそうな気分になることです。
私の感覚で見ると、今日の花はおしとやかなサイケちゃん達ですね。(^.^)
とてもサイケとは言えません(^^) (ロマン派)
2017-07-27 21:39:59
こんばんは、ninbuさん。
そうそう、言われるように ケバケバで、クラクラしてくるのがサイケデリックですよね。
撮って来た写真を見て、適当な思いつきでタイトルや構成を決めているので、テキトーなブログなんです、今のところは。
私に60年代後半のサイケデリックな時代の実体験はありません。映画や音楽やアートで知りました、、音や光、ファッション、デザインなどで、それまでの常識を覆そうとした刺激的な運動、という認識でいいのでしょうか。
ここに載せた花写真では到底、そこまで行きません。
でもいつかは、花の写真で「サイケデリック」に迫ってみたいって気持ちはありますからね。待っててくださいね

コメントを投稿