ロマン派☆自己流トレーニング

花の写真と、全然ロマンチックじゃない日常の雑感。

「青い悪魔」と呼ばれているらしい〜 ホテイアオイ

2017-07-12 | みんなの花図鑑



一昨年最初にこの花を撮ったときは、小さな池の一面を覆うように咲いていて、しかも個々の花も綺麗でとても美しい風景に思えました。上の写真は数日前のもので、まだ数輪しか見えませんでした。

ところがこの花は、環境省指定「要注意外来生物」。
爆発的な繁殖力があり周辺の生態系に良くない影響を及ぼすらしい。



綺麗な花なのにね〜 だけど、、、
生態系への影響だけでなく、とにかくこの植物は迷惑者で、
「青い悪魔」とさえ呼ばれているそうです。

要約が面倒(不精)だからWikipediaからコピペ〜

「繁殖力が強く、肥料分の多い水域では、あっという間に水面を覆い尽くし、水の流れを滞らせ、水上輸送の妨げとなり、また漁業にも影響を与えるなど日本のみならず世界中で問題となっていて、「青い悪魔」と呼ばれ恐れられている。冬季に大量に生じる枯死植物体も、腐敗して環境に悪影響を与える。さらに、水面を覆い尽くすことから、在来の水草を競争で排除する事態や水生動物への影響も懸念される。また、アレロパシーも有する。」

とは言っても花がこれだけ綺麗だと、観賞のために育てていらっしゃる方も多いようですよ。

ジャンル:
みんなの花図鑑
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白蝶草 〜シャッターを押した... | トップ | 真っ赤な♪ハルシャギク 見つ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
悪いやつ (ninbu)
2017-07-12 20:09:46
ロマン派さん、こんばんは。
ホテイアオイ、美しい花ですね。
でも、「青い悪魔」と呼ばれ恐れられているとは知りませんでした。植物の世界、まだまだ知らないことが多すぎます。だからこそ、興味が尽きないのでしょうね。(^.^)
奥深く、そして興味深い世界ですね (ロマン派)
2017-07-12 21:13:03
こんばんは、ninbuさん。
美しい花には毒もあり、また迷惑なやつもいるわけです。
突然ですが、、私が「みんなの花図鑑」に参加した動機は単純で、花の名前を覚えることで脳トレ(記憶力)、そして名前が分かれば散歩も楽しくなって一石二鳥、という単純なものでした。そして、確かに覚えた花の名前も増えましたが・・
名前を探っていくうちに、その花、植物の性質も知っていくことになります。すると名前だけではない、いろんな興味深い事実を目の当たりにすることにもなったわけです。
どんな世界でも同じだと思います。興味を持ってしまうと、もうそこは「底なし」の世界です。
今回リニューアルに当たって、継続の選択をしたのは、面白いからやめられなかった、というのが正直なところです。ホテイアオイ・・・この2年半、見て来た花のなかでもBest10に入ると思う綺麗な花に、こんな裏の側面がある、、、奥深いし、興味深い世界ですね。
綺麗ですよね〜 (ちづこ)
2017-07-13 21:49:05
青い悪魔 ですか〜

確かに雑草にしても外来種は、物凄い繁殖力ですからね〜!綺麗、可愛いなんて言ってられません。
我が家の畑でも、ハタケニラとワルナスビがブイブイ言わせてます>_<本当に手に負えません。
それにしても、環境の違う所からやって来たのに、なぜ強いのでしょうね?
強いから、やって来れて繁殖したのかな。
裏を返せば、外来種は全てが強くて繁殖力旺盛と言う事になりますね!

ヒアリでも騒いでますが、今のグローバルな時代に、全てを食い止める事は難しいでしょうね。
鎖国でもすれば、話は別ですがね〜f^_^;
これからの生態系も本当に心配ですよね!
本当に害草は手に負えません (ロマン派)
2017-07-13 23:14:28
ちづこさん、こんばんは。
返信は外来種雑草への悪口にします。
ワルナスビ(外来種だったかな?)は見かけからトゲトゲしい形相で害草と分かってしまいますが、ハタケニラもそうでしたか。これは花が可愛いのであまり意識してませんでしたが、ちょっと調べてみると「史上最強の雑草」なんていう記事もあって、園芸や農業をやってる皆さんの嘆きの言葉がいくらでも出て来ます。
ちなみにウチでは、去年、土の庭にセイタカアワダチソウが蔓延って、それを放置したためになんと、近くにあった椿の木(ツバキ及びオトメツバキ)が半枯れの状態となり、毎年春に目を楽しませてくれた花が一切付かない悲惨な状況を経験しました。周辺の植物を枯らす成分を出す(アレロパシー)という知識をみん花で学習したにも関わらず、放ったらかしにした私も悪いのですが。
ちづこさんも言うように、他国(よそ)から入ってきた園芸種にせよ、雑草にせよ、強すぎますね。オオキンケイギク、ハルシャギク、ハタケニラ、、違う土壌に適応してしまう力を持つゆえ、これら外来種の害草ははびこると手に負えない。
このブログページではホテイアオイを例としましたが、これほど綺麗な花がまさか「悪魔」だったとは・・
自宅に花畑や農地(山も?)を持つちづこさんも大変でしょうけど、本当に慈しんでいる花たちをどうか守ってやってくださいね。 今の時代、外からくる悪い植物(動物も)はちょっと食い止められそうにありません。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL