気分しだいで食べりゃんせ♪

毎日更新♪中央線西荻食べ歩き写真や時短料理、ヘルシオレシピ&写真満載!
愛犬トイプードル&猫の写真もあります☆

戌年!

2018-01-01 | ■ひとりごと・メッセージ

いつもブログを見に来て下さってありがとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

昔は伊達巻まで手作りだったのに、今回作ったのは筑前煮と紅白なますと栗きんとんぐらい。

年々どんどんサボリ傾向なおせちです。

おせちがいつまでも残っていると飽きてしまうので、量も減ってきています。

金時芋で作った栗きんとん、おいしくて味見をさんざんしちゃいました

Cpicon フープロで簡単栗きんとん by 食べりゃんせ

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

赤ちゃん

2017-01-17 | ■ひとりごと・メッセージ

ムスメのお友達が赤ちゃんを連れて実家に遊びに来ているというので、みんなでゾロゾロと会いに行きました

順番に交代で抱っこさせてもらいました。

ぷくぷくの手がかわいい~

なんにでも興味津々。

自分もムスメたちを抱っこしている時、髪の毛を容赦なくひっぱられたなーとか、突然反り返って顎に思い切り頭突きされたなーとか

いろいろとなつかしく思い出しました

赤ちゃんが一人いるだけで、みんなHAPPYな気持ちになります

大人たちとのお付き合いに疲れ果てて寝ちゃった赤ちゃん。

起きていても寝ていても、笑っていても泣いていても、かわいいかわいいとみんなにちやほやされる、シアワセな時代です

 


この記事をはてなブックマークに追加

メリークリスマス!

2016-12-24 | ■ひとりごと・メッセージ

 

皆さま、ステキなクリスマスを



この記事をはてなブックマークに追加

ディナークルーズのプレゼント

2016-09-11 | ■ひとりごと・メッセージ

ムスメからディナークルーズのチケットをもらっちゃいました

楽しみです

 


この記事をはてなブックマークに追加

プレゼントたち

2016-08-14 | ■ひとりごと・メッセージ

きれいなお花をたくさんいただきました。

ずっと欲しかった電波+ソーラーの腕時計

時刻合わせも電池交換もしなくてすむので楽ちん

ロクシタンのシャンプー、コンディショナー、ボディーシャンプーのセット。

シャンプーは清涼感があってスッキリ

ボディーシャンプーもシトラスっぽい自然な香りで塩みたいな粒々がいい感じ

これまたス~ッとします

雅峰窯の手書きの器。

こういう柄、好きです

取っ手がついていて、アツアツ料理を入れても鍋つかみなしで持てて便利

ショットツヴィーゼル(SCHOTT ZWIESEL)のワイングラス。

軽くてスタイリッシュ

割らないようにしなくちゃ 

パーティーの動画を撮っていたビデオカメラ、そのまんまプレゼントされちゃいました。

自分で編集しろって(笑)

「防水仕様」なのでアウトドアにも使えそう

ビールこぼしても大丈夫かな

 

パンデイロなど、パーカッションセット。

早速、きのうもお子ちゃまが遊びに来て使わせていただきました

シーズニングパウダーセット。

どんな料理に合っているか、何が入っているかが書いてあります。

英語で。。。

 

皆へのお返しは「まめぐい

それぞれのイメージの染布を選んでカードを添えました。

中身は呑兵衛でもOKなように野菜チップスにしました。

 

今日、56才になりました

仕事、家事、親のお世話と、分刻みで駆けずり回る毎日。

今、子育てをしていた時よりも、OLだったころよりも、

人生で一番忙しく、大変な日々を過ごしていますが、今が一番充実しています。

忙しくて金欠だけど、楽しいこともいっぱいするぞぉ~

人生これからです

 


この記事をはてなブックマークに追加

時の記念日

2016-06-24 | ■ひとりごと・メッセージ

6月10日は時の記念日でした

ウエッジウッドの時計とグラスのプレゼント

時はひたすら同じテンポで、刻み続けている筈なのに、嫌な時間は長く感じ、楽しい時間はあっという間だったりします。

坦々と過ぎていく日々のなかで、憂鬱な時間、楽しい時間、つらい時間、幸せな時間・・・その時その時の、さまざまな思いで過ごしてきました。

幼少期から学生時代、OL時代、子育て期間・・・思い返せば、それはそれはいろいろな出来事がありました。

今、自分は、人生の中で、どのあたりに立っているのだろう

これからは、どんな時間を重ねていくのだろう

親のお世話なども始まり、毎日大変ではありますが、今までで一番充実した時を過ごせているような気がしています。

 

♪あぁ 思い出より あたらしい日々 美しくあれ

9年前にリリースされたこの曲を、遅ればせながら、初めて聴いて泣けました。。。

意味深な歌詞と切ないメロディーが沁みます。

♪誰もしあわせしか いらないだろう それだけを祈るだろう
 

斉藤和義 - ウエディング・ソング

 


この記事をはてなブックマークに追加

九州人

2016-04-18 | ■ひとりごと・メッセージ

九州には去年7年前と二回行っています。

あの時あんなに普通におだやかだった熊本が、どうしてこんなことに。。。

熊本市にはとてもお世話になったムスメの恩師がいます。

SNSでとりあえず無事であることは投稿してくれていましたが、きっと今も大変な状況だと思います。

 

宇土市と鹿本郡にもお友達がいます。

ムスメが一緒に山鹿市の灯籠祭りに参加させていただきました。

 

熊本城にも二回行ったことがあります。

7年前、築城400周年を迎えた熊本城に初めて行って感動しました。

去年、再び熊本城を訪れ、あらためて、りっぱな武者返しの石垣に見とれました。

あの石垣が崩れ落ちているのをテレビで見ました。。。

潰れてしまった民家がたくさん写っていました。。。

被害に遭われた方が多勢いらっしゃるようです。。。

 

我が家が水害にあった時に、「大丈夫?無事?」というメールは

すぐに飛んで行って助けてあげられるとき以外は、落ち着いてからにするのがいいと学びました。

水を汲みだしてほしくて助けてほしくて、消防署に電話をしても、ずっと話中でつながらず、

その合間に、いろんな人から安否を伺う電話やメールが鳴り続け、停電していて充電ができない状況なのに、

消防署に電話がつながる前に、懐中電灯がわりにもなっていた携帯のバッテリーが切れてしまいました。

 

なので、今回も、落ち着くまでは、こちらからは連絡しません。

繰り返し余震が続いていて怖い思いをされていると思います。

もしかしたら避難生活をされているのかもしれません。

ご高齢な恩師のお母様も心配。

あきらめずに頑張ってほしい。

 

私の父は福岡出身です。

父の父親は大分の日田、母親は福岡の久留米。

同居していたおばあちゃんの博多弁を聞きながら育ちました。

私には九州人の血が流れています。

東京から遠く離れた場所で起きていることですが他人事とは思えません。

 

でも、現在、熊本宛宅急便は荷受け中止。

熊本空港のすべての発着便は本日18日も欠航とのこと。

 

今はできることが何もありません。

祈ることしかできません。

 

避難所、給水、炊き出し、交通情報、ガソリンスタンド、入浴可能な温泉などの情報(4/17 7:56現在)

https://plus.google.com/107173458934249117544/posts/NtyfCRuoPnv

 

2016.4.19.追記

熊本空港は一部運航再開、ヤマト運輸、日本郵便も熊本県の集配を再開したとのことです。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

やりたいこと

2016-04-05 | ■ひとりごと・メッセージ

 一年前に大学を卒業し、就職したジジョが、1年間勤めた職場を退職しました。

つい、古い人間は、せっかく就職できたのに、最低3年ぐらいは同じところで働いてから判断するべきではなどと考えてしまいますが、

「他にやりたいことがみつかった」というので、それならば、若いうちに勉強して挑戦した方がよかろうということに

やっと仕事を覚えて慣れたころに辞めてしまい、職場では、さぞヒンシュクだったかと思いますが、お花や、スタッフ一人一人からのメッセージ入りのアルバムなどの

記念品をいただいて、あたたかく送り出してもらえたようです

というわけで、さっそく、仕事柄できなかったネイルをしてきました

さる年の年女なので、サルのネイル

新しい一歩を踏み出すタイミングで、縁起がいいかな

お猿さんの顔のネイル、一度やってみたかったとのこと

吉祥寺のお気に入りのネイルサロン、Chalant(シャラン)でやっていただいたそうです

時間をかけてていねいにやってくれるので、一ヶ月ぐらいもつのだそうです

Chalant 吉祥寺
http://www.chalant-nail.com


この記事をはてなブックマークに追加

納豆のシート

2016-03-25 | ■ひとりごと・メッセージ

だいぶ情報が出回っているので、とっくにご存じの方も多いかと思いますが、私は最近知りました

納豆の容器の内側にある薄いシート、いつも取り除く時に、納豆が2~3個くっついてきてしまい、それを取るのに一苦労

でも写真のように蓋を押しつけながら、ぎゅーーっとひっぱると、一個も納豆がひっつかずにきれいに取り除けます。

容器にはちょっとねばねばがくっつきますが、あの薄いシートにへばりついた納豆を取る苦労に比べたらなんのその。

今朝、テレビを見ていたら、「とくダネ!」で、ゆで卵の殻をつるんと剥く方法をやっていましたが、あれ、卵によってはうまくいかない時もたまにあります。

他にもミニトマトを一度にたくさん、半分にカットする方法やら、裏ワザをたくさんやっていて、「おーっ」と思ったのに、ほとんど忘れちゃいました

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

あの日から

2016-03-11 | ■ひとりごと・メッセージ

我が家は10年前、水害に遭いました。

1階は床上浸水(写真左)、地下室は右の写真のように、完全に水没して、地下に下りる階段の上まで汚水がたまり、パソコン、テレビ、オーディオ機器、

楽器、思い出のアルバムや撮りためたビデオテープ、本・・・すべての物がヘドロまみれになり、車も水没して廃車になり、ほとんどの物を処分しました。

 

けが人もなく、家も修復してそのまま住み続けることができたので、大した被害ではなかったと言えるかもしれませんが、取り戻すことのできない大切なものをたくさん失い、

保険に加入していなかったので経済的なダメージも大きく、「あの日」から生活スタイルがガラリと変わってしまいました。

汚水を含んだ大きな家財道具をバラバラにしてゴミに出したり、使えそうなものは洗ったり乾かしたり拭いたり消毒したり、呆然としたまま、ただただひたすら、目の前の作業に追われる日々が延々と続きました。

10年たった今でも、大雨が降るたびに「あの日」が思い出されて、不安な気持ちがこみあげてきます。

 

先日の西荻窪南口の火事も、その後現場を見物に行ったりしている人もいるようですが、大好きな海猫家さんが被害にあってしまい、私は今でも辛すぎて、「あの日」から、あの道を通ることができません。

被害に遭われた方が今、どうされているのかと、考えない日はありません。

水害も火事も、その日だけでなく、その後も、ずっとずっと大変です。

 

今日は東日本大震災から5年ということで、数日前から、テレビをつければ、各局で特集番組をやっています。

ある番組で、レポーターが、被災された方にマイクを向けて、「3月11日でちょうど5年ということになりますが、どんな思いですか」とたずねた時の、

「ちょうど5年と言われても、私たちはあれから毎日毎日、生きていくのがやっとだったので、それだけです」という言葉が心に刺さりました。

 

残された、犠牲者のご家族の気持ちや、今でも仮設住宅で暮らす方々の気持ちなんて、当の本人にしかわかる筈もありません。

いくらテレビが風化しないようにと放送して、全国の視聴者が涙を流したとしても、それだけでは何も変わりません。

支援だ応援だといっても、当事者からしたら、的外れだったりすることも多いかもしれません。

かける言葉が、すべてうわっつらだけに感じるかもしれません。

 

でも、私が水害に遭った直後、食事をとるのも忘れて、来る日も来る日も後始末に追われている時に、

 

お弁当の差し入れを持ってすぐにかけつけてくれたご近所さん、

手伝うことがあれば何でも言ってと声をかけてくれた友達、

募金を集めて書留で送ってくれた学生時代の仲間、

手作りのおつまみとお赤飯とビールを持ってきてくれた犬の散歩友達、

一度大丈夫と返事してあったのに、数日後に、その後本当に何か手伝えることはないのかと再度声をかけてくれた友達、

息抜きしながらお互いに頑張りましょうねと缶ビールを持って来てくれた、同じように被害に遭われたお隣さん、

平気そうに笑ってるけど本当はつらくて大変なんじゃない?と中華料理をごちそうしてくれた友達、

ほんの気持ちだけどと、お金を包んで届けにl来てくれたママ友、

被災した翌日に出勤したら、何も言わずにただ、黙ってじっとハグしてくれた職場のスタッフ、

自分も水害にあったことがあるからわかるけど、汚水だから汚いし臭いし本当に大変でしょう、と心底同情してお見舞いを持ってかけつけてくれた親戚のおじさん、

片づけをしているところを通りかかって、「大変だったわねー」と立ち尽くして、涙ぐんでくれた通りすがりのご婦人。。。 

 

ちょっとのことなんですが、そういうことがあるたびに、気持ちがとてもうれしくて、滅入っていた気持ちが少しずつおだやかになっていった気がします。

あの時の恩は、一生忘れられません。

 

20代で大きな病気をしたときには、みんなに「大変だったね」と言われて、「どうせ他人事と思っているくせに」「この苦しみは自分にしかわからない」と考えたこともありました。

辛いことがあっても、人は結局は自分一人で乗り越える以外にないのではないか、と思い込んでいた時代です。

 

その後、いろんな場面で、人と人とが支え合っていくことの大切さを実感するようになりました。

闘病したあの日から、水害に遭ったあの日から、少しずつ変わってきました。

「気持ちだけでもありがたい」の本当の意味がわかるようにもなりました。

「大変だったね」と言われると、心の底から「ありがとう」と思えるようになりました。

 

あれから5年、被災地の方が、目の前の現実と向き合って、奮闘して来られた間、私は一体何をしていたんだろう。

「絆」という言葉のもとに、被災地に移り住んで、復興のお手伝いを・・・などと大それたことを考えれば、初めの一歩がなかなか踏み出せません。

例えばほんの少しの義援金でもいいから、その時に思いついた、「ほんの気持ち」が、たくさん合わさって大きな力になればいいなと思います。

自分が救われた時のことを思い返して、震災に限らず、助け合いは、周りのできることから少しずつ、ほんの気持ちから・・・とあらためて考えさせられた「3月11日」です。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

タクシー

2016-03-09 | ■ひとりごと・メッセージ

 

今日は母の病院の付き添いで、雨だったので、行きも帰りもタクシーを利用しました。

行きのタクシーの運転手さんは、会話をしているうちに「私、鹿児島の出身で黒糖が好きなんです。これ、おいしいから食べてみて。」と、

信号待ちの時に黒糖の飴を二つ、手のひらに乗せて差し出してくれました。

飴をなめていると中からチョコレートのようにとろりとした黒糖が出てきて、花粉症でイガイガしていた喉が楽になりました

帰りのタクシーの運転手さんは、丁寧な運転で、裏道を通って帰ってくれました。

お会計の時に私が、「今まで何度も病院まで往復しましたが、今回が一番安かったです!一番高かった時より600円安い!」

というと、「ホントですか?うれしいです!!この時期はあちこち工事が多いので、裏道をうまく選んでみました。良かった!」

と一緒に喜んでくれました。

挨拶も返事もしてくれない運転手さんや、運転が乱暴な運転手さんもたまにいますが、今日は往復ともいい方で当たり

冷たい雨ふりなのに気分晴ればれです


この記事をはてなブックマークに追加

ひなまつり

2016-03-03 | ■ひとりごと・メッセージ

今日はひなまつり。

一応我が家には女子が二人いるので、細々と飾りました。

ガラスケースに入った小さな雛壇の木目込み人形のお雛様が、水害でダメになってしまったので、

それ以来、このかわいらしい貝雛を飾っています。

買い集めた雛菓子に圧倒されています(笑)

キャラメルコーンのひなまつりバージョンもも味、楽しみ

東ハト キャラメルコーンもも味(ひなまつり) 61g×12袋
東ハト
東ハト

奥の写真は、今のわんこがうちに来る前に飼っていたシェットランドシープドッグのハローの写真です。

二代のわんこと、二代のおひなさまに見守られて、ムスメたちは大人になりました

 


この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。

2016-01-01 | ■ひとりごと・メッセージ

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

今年もメインは「魚庄」(西荻窪)のカニ

身がぎゅーっといっぱいつまってプリップリ

今年はカニの価格が高騰してしまったので、お財布と相談しながら、だいぶ量が少な目となりました。

でもいつも間違いなくおいしいのでシアワセ

筑前煮。

お正月は野菜不足になるので、これは必須。

ヘルシオで作りました。

スタートボタンを押した後、放置できて、煮崩れしないので助かります。

栗きんとんはヘルシオ+クイジナートで作りました。

栗きんとんの作り方は こちら に載せてあります。

今年は数の子も塩抜きをして皮をむいて味付けしました。

後は全部、買ったもんを切っただけ

今年もこんな感じで適当にさぼりながら頑張ります

幸多き一年となりますように

 


この記事をはてなブックマークに追加

良いお年を

2015-12-31 | ■ひとりごと・メッセージ

今年も、代り映えのしない、飲んだくれの備忘録ブログを、いつも見てくださってありがとうございました。

今年は下のムスメも社会人になって自立し、ほっとしたかと思えば両親が次々に入院したり、プライベートでも想像もしなかったことが起きたりと、いろいろあった1年でした。

来年も、ヘルシオ料理、食べ歩き飲み歩きレポート、微妙な関係のわんことにゃんこ写真などなど、毎日更新していきたいと思っていますので、何卒よろしくお願いいたします

無理やり撮った二匹の超不愛想なツーショットが一年の締めくくりです。

皆さま良いお年をお迎え下さい


この記事をはてなブックマークに追加

ひょっこりひょうたん島

2015-12-23 | ■ひとりごと・メッセージ
お題「NHK子供番組「できるかな」のノッポさん、実は工作や絵は苦手と。あなたの印象に残る子供番組といえば?」に参加中!

子供番組が少なかった幼少期、「ひょっこりひょうたん島」や「サンダーバード」などの人形劇の子供番組が、アニメよりもリアルな感じがして、

楽しみに観ていました。

子供ながらに、ちょっとぎこちない人形の動きに、多少のわざとらしさを感じつつも、

「ひょっこりひょうたん島」のテーマ曲が流れてくるとワクワクして、テレビの前で一緒に歌ったものです

「泣くのはいやだ 笑っちゃお すすめー♪」

今あらためて聴いても、元気が出る名曲です

ひょっこりひょうたん島 ヒット・ソング・コレクション(オリジナル版)
クリエーター情報なし
ソニー・ミュージックダイレクト

ひょうたん島では、毎日いろんな事件が起きるのですが、風刺も交えた深い内容だったような気がします。

そのころから20年以上あとに、ムスメが幼稚園の年長の時、お楽しみ会の劇で、「ひょっこりひょうたん島」をやりました

上の写真は、ムスメたちが卒園の時に、担任の先生に贈ったアルバムの表紙のカラーコピー。

ひょうたん島に残された担任の先生が、船で旅立つ子供たちを送り出すシーンを描いたものです。

子供たちがなりきって懸命に演じた、ドン・ガバチョ、ハカセ、ダンディー、サンデー先生、トラヒゲ、チャッピ、プリン、ドクター・ムマモメムの絵に

クラスのみんなの顔写真を貼り付けました。

ど素人なので、何日もかけて苦労して作りあげたのを覚えています

このころは専業主婦で暇だったんだな。。。

裏表紙は、ひょうたん島から旅立つ子供たちを乗せて、遠く離れていく船

卒園したみんなも、先生も、元気にしているかなー

私が子供のころに「ひょっこりひょうたん島」を見ていたのが40年以上前。

この、ひょうたん島の絵を描いたのも、もう20年以上も前のことです

 


この記事をはてなブックマークに追加