~こころ豊かな愉快な生き方を求めて~

サスティナブルな世の中で幸せの笑顔が満ち溢れますように
内容:地域活性化、歴史探訪、パソコン、野球




大変な世の中になってきた、善悪も数の論理で決まるのか?

2017-04-19 02:56:36 | 社会問題
明らかに資質のない大臣が失言、失態を繰り返している。講演会やセミナーで、笑いや受けを狙ったドキッとする言葉を発し、会場がどよめくと、翌日の新聞でたたかれている。また、国会の委員会で不適切な発言の後、指摘されれば、簡単に謝罪するという情けなさ。一方、横柄な態度で質疑と食い違った答弁を繰り返す、信頼できない大臣もいる。彼らをじっと見ておれば、自信のなさが顔の表情や挙動不審な動作に現れている。首相は、いつでも、最後まで彼らをかばう発言をし、自分に及んでくる任命責任から逃れようとしている。3月下旬より国連本部で「核兵器禁止条約」の交渉会議が開始されている。昨秋まで、唯一の被爆国として積極的に参加発言しようとしていたのに、今春になって会議不参加ということになった。明らかに、核兵器増強を打ち出したトランプ政権に配慮したためである。もうこれでは、積極的平和主義を目指す国家ではない。数の力でねじ伏せる政府の横暴そのものに国民が屈する時代に近づいている。
ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「河川レンジャー」で初のイ... | トップ | 『神君伊賀越えは四條畷から... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。