~こころ豊かな愉快な生き方を求めて~

サスティナブルな世の中で幸せの笑顔が満ち溢れますように
内容:地域活性化、歴史探訪、パソコン、野球




政治家は正直で公僕精神を持つべきだ

2017-05-26 07:43:56 | 社会問題
菅官房長官が加計学園問題で「総理の意向」文書を本物と認めた前川前事務次官を強く非難した。文科省の天下り問題で前川氏は隠蔽責任を世論に批判され辞任となったが、「地位に恋々としがみついていた」と個人を非難する異例の発言をしたとのことである。文科省、首相の関与は、否定しているが、官房長官も個人の信頼性の欠如で問題を片付けようとしているのが見え見えである。この問題の関係者は、その時にはお偉方への忖度が図られ動き、問題が指摘されると自分たちの身の安全な方向になるような誤魔化しの調整が行われる。これが、世の常なる政治家の社会と言って諦めてはいけない。より良き社会をつくるためにも、正直でまさに公僕精神の政治家を選ばなくてはならない。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大相撲の不思議なこと~負け... | トップ | 歴史の真実を知るためには、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。