~こころ豊かな愉快な生き方を求めて~

サスティナブルな世の中で幸せの笑顔が満ち溢れますように
内容:地域活性化、歴史探訪、パソコン、野球




京田辺の不思議~たたら製鉄に使用した桶や鉄屑は同志社大学キャンパスの地中にあるのでは?

2016-11-02 16:17:37 | 郷土の歴史

近くの郷土史会の専務理事を訪ねました。今まで、郷土史に関する情報を色々頂き、イベントで話すネタ切りになってくると、出向いているようにも思います。我々が住んでいるところは、鉄製造のための火起こしの空気を送るふいごのことを蹈鞴(たたら)と言い、それが地名の多々羅になったと言われています。しかし、鉄の製造物に関係するものは全く発見されておらず、以前から気になっています。本日は、それに関する初めて聞く情報をいただきました。ビオ多々羅の古民家から新宮社に行く裏山から、鉄を製造するときに使う桶が出土したとのことです。砂鉄と木炭(くぬぎ)をその桶に入れ、ふいごで空気を送り火を焚きつけたのではないかとのこと。残念ながら、同志社大学がそこに土を盛り、キャンパスにしてしまったから、その桶や鉄屑は、地中にうずもれてしまっているのではないかとの話でした。中々、面白い話なので、調べてみたいと思いました。

ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 音もなし冬を迎えるつつきそら | トップ | 気になる山並みは、天王~穂谷だ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。