~こころ豊かな愉快な生き方を求めて~

サスティナブルな世の中で幸せの笑顔が満ち溢れますように
内容:地域活性化、歴史探訪、パソコン、野球




『伊賀天正の乱』から学ぶ大きさと大切さ

2017-07-12 03:34:14 | 学ぶこと
伊賀越えの現地調査で伊賀・甲賀を巡り、忍者研究センター設立講演シンポジウムなどの参加で、『伊賀天正の乱』に関心を持ち学んでいる。第一次、第二次の、圧倒的な織田軍勢5万とわずか3千で戦った伊賀12人衆、土豪、民衆が結束した惣国伊賀に、国の成り立つプロセスを感じている。天正の乱で登場する城館や武将を体系付けて話を聞き、中世の村、庄、郷、国に生きる庶民や百姓の話を聞くと『伊賀天正の乱』の更なる興味が高まる。歴史は、決して権力者や勝者の武勇伝ではなく、まさに、その土地に生きた庶民の暮らす知恵や努力、地方自治の形を知ることにより、歴史や文化が生きたものとなる。と同時に、歴史から学ぶことの質量内容の大きさ・重要性を感じつつも、まだまだそこまでには及ばない。学ぶことは多く、時間がどれだけあっても十分ではないと感じた日でもあった。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 耳鼻咽喉科のニコニコ先生 | トップ | 暑い日々、色紙木石展はいか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。