~こころ豊かな愉快な生き方を求めて~

サスティナブルな世の中で幸せの笑顔が満ち溢れますように
内容:地域活性化、歴史探訪、パソコン、野球




加太越え(柘植~鹿伏兎):ここは三重県

2017-06-20 14:33:45 | 家康伊賀越え
神君伊賀越えにおいて、京田辺以降の逃走ルートは、宇治田原、信楽(小川)と、ほぼ確定しているが、それ以降は、①信頼度の高い石川忠総留書による、神山(こやま)、桜峠、丸柱、石川、河合、柘植、②多羅尾、御伽峠、柘植、③甲賀、油日、柘植 が考えられる。この論議は、昨今、甲賀の古文書(一次史料)などで甲賀越えが注目されている。詳細を調査したく思うが、柘植以降は、鹿伏兎(加太:かぶと)である。先日、巡ってきた①の写真を掲載する。家康がお茶休憩をした徳永寺、大和街道(旧国道25号)、川俣神社、加太越(鍛治ケ坂)、加太駅、鹿伏兎城跡、神福寺
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つつきはっけんの目指すのは... | トップ | 清楚で気品があり、人を和ま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。