~こころ豊かな愉快な生き方を求めて~

サスティナブルな世の中で幸せの笑顔が満ち溢れますように
内容:地域活性化、歴史探訪、パソコン、野球




今ブームと言われる社歌を考えてみた~人のこころに響くもの~

2017-05-06 08:40:28 | 今思うこと
「世の中、本当に変わったなあ。」「いや、人に求められるこころは、変わってないぞ~。」
先日、放送された NHKTV「かんさい熱視線、選・社歌が今ブーム」を観た。
入社した時に、朝会で綱領・信条に続き、社歌斉唱を行い、各人持ち回りの所感発表があり、いい大人がそろって、幼稚なことをすると思い、なかなかなじめなかった。時がたつにつれて、毎朝、当たり前のこととして、卒業時には、従業員がみなそろって斉唱することは、創業のこころや経営方針を日々再認識し、本業に励むことを呼び起こし、素晴らしきものだと振返った。企業でも、いち早く、社歌と斉唱の大切さを認識し取り入れ、実行した喜びを感じたものである。今では、他企業や多種多様な事業経営の場で、社歌が作られ、歌われている。最近では、社是の認識や団結を意図するおなじみの堅い曲ではなく、バラード風やラップ調の社歌が出現し、ちょっとしたブームとなっているというものである。現代では、組織よりも個人を優先する風潮にあり、一致団結、総意が必要な場面では、マイナスになることもある。特に、若者にも理解され、気持ちよく歌えるバラード、ロック、ラップ調の社歌とはしゃれたものである。声に出して、意識を合わせ行動することは、形は異なるが、組織力向上のために人間に求められたものの一つである。と言いながら、十年前から、朝会をやめたり、朝会に不参加の人々が責任者クラス(朝会時に責任者会議を実施)に多く、自分の思いと逆の方向に向いている現象に対して、全員参加の朝会実施を訴えたが、各職場に任すということであった。企業の進退とは、こういうことから、徐々におかしくなることではないかと、今でも危惧している。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田舎って、本当に良いものです | トップ | 大逆転劇の立役者は、平常心... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

今思うこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。