主婦のひとりごと

フツーの主婦のフツーな毎日を綴ります

息子の胃腸炎。その後。

2017-05-16 18:43:10 | 日記


息子の胃腸炎がなかなかよくならず、昨日、大学病院でピロリ菌の検査を受けました。
体重も5キロ減り、食欲も無く、また食べると胃痛で動けなくなるため点滴もしていただきました。

今日は9日ぶりで登校しましたがお粥弁当には一切手をつけず、帰宅するなりうずくまり、立てなくなりました。
吐き気のため夕飯も食べないと申します。
そこで、玄米粥を作ることにしました。

こうなったら母が直したる❗️

この3年、胃腸炎に悩まされ続け、今回が一番酷い気がします。

お医者さまは原因がわからないと「心因性」をすぐ口になさいます。確かに心は重要ですが。

私もかつて医師の誤診で死にかけたことがあり、お医者さまも間違えることを身をもって知っております。
ここは親としての勘を信じて頑張るしかない😎。なんちゃって。

玄米を心を込めて30分炒り、お粥にします。

頑張れ、息子。
明後日は胃カメラ検査だ❗️
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タダフサのペティナイフ。 | トップ | 息子の大腸の検査。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sweetpotato)
2017-05-16 23:42:35
なかなか思うように回復しないのは、とても心配ですね。
息子さんも、学校の事や受験のことも気になってることでしょう。
母の勘と愛情で、きっと元気になると思います!
回復、祈ってます!
私も若い頃は胃腸が弱く、点滴打ちながら出社したこともありましたが、その時の食事は赤ちゃん用のビスケットでした。普通のより栄養価は高いだろうと思って食べてました
おかしなことと思われるかもだけど (やまだん)
2017-05-17 16:19:35
まともな神経と5感をもっていれば、ましてピカピカの心をもってる10代なら、吐き気を感じずにいられる方が不思議な、今の世界と日本だもの。はっきりと心因性とかじゃなかったとしても、時代の空気の重さと絶望感が、私らの頃とは全然違う。
まあこれは原因に全く心因性のものがなければド外れてる事になるし、むしろそうあって欲しいけれど。
息子さんには「とにかく今は、自分を痛い目に会わせようとするものからは、ひたすら逃げて!」と言いたい。
Re:Unknown (donta0414)
2017-05-18 08:09:52
sweet potatoさま
ありがとうございます😊
再来週には修学旅行も控えておりまして、プチパニックを起こしている、ダメ母です😱
励ましのお言葉をいただき、私がしっかりしなくてはとあらためて気持ちを引き締めております。
sweet potatoさまも点滴をうちながらお仕事されていたのですね。
焦らず、少しずつ元気になるよう見守りたいと思います。
Re:おかしなことと思われるかもだけど (donta0414)
2017-05-18 08:19:13
ありがとうございます💕
今は情報過多すぎて子供も大人も翻弄されている気がします。
私たちの時代は戦後の空気が漂ってましたが、今の子供たちは閉塞感の中で生きざるを得ない感じがありますよね。
ただ、あくまでもそれは都会の子供たちの世界であり、田舎では違う時間が流れてるみたいですよ。この頃友人たちと話して安心しています。とにかく笑顔が大切とアドバイスされました。私もそう思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。