のんちゃんの気ままな日記

日々の出来事をメモっています。

三隅の大平桜と医光寺のしだれ桜。

2017-04-05 20:25:00 | 日記

4月5日(水曜日)  曇り

今日の松江の最高気温21.1℃。  最低気温7.8℃。

今朝、NHKの広島からのローカルニュースを見ていたら、益田市にある医光寺のしだれ桜が見事な花を咲かせていた。

そう言えば、三隅の大平桜も有名で(樹齢600年以上の大木)、毎年この季節になると思い出していたが、あの世に行くまでに一度、自分の目で見ておきたいと思い、今朝、マホービンに点てたコーヒーを入れて7時10分に我が家を出発⇒松江西より高速⇒出雲で下り⇒国道9号⇒キララ多伎に8時10分着

奥方様は助手席でコーヒーを飲みながら、テレビをご覧になっていました。8時15分から始まる朝イチの前に、ニュースセンターから臨時で、北朝鮮が今朝弾道ミサイルを発射したニュースが飛び込んできた。それをお聞きになっていました奥方様は「弾道ミサイルって、どんなミサイルかねー?」とお聞きになられましたので「弾道ミサイルとは、読んで字の如く、弾道で飛ぶミサイルだわや」と申しますと「ゴメン、アンタに聞くより、たぶちゃん ♡に聴く方がイイワ」と言って後部座席に積んであったバッグから、おもむろにタブレットを取り出して、タブレットに向かい「弾道ミサイルとは?」と申されました。出てきた説明を、声を出して御読みになりましたが、その説明を聞き、上手に分かる様に説明してあると思いました。自分で分かった心算(つもり)でいても、他人に説明する時、思う様に説明できない事が有るものだが、今朝、車の中で、それを体験しました。

9時45分、浜田の道の駅夕日パークに到着。ここまで我が家から130.9キロ。ここまで来るのに、途切れ途切れに出来たバイパスや高速を乗り継いで、ようやく辿りつきました。

道の駅に隣接している、ゆうひパークの桜を眺めていると、下の方でワイワイ子供たちの声が聞こえたので、目を下の方に移すと、園児たちが遠足に来ていた。

ここの道の駅のサービスカウンターの受付の女性。誠に親切丁寧に、我々老夫婦に対応していただきました。地図を広げて丁寧に説明していただいた。彼女が昨日見た大平桜は、ポツリ、ボツりと握った拳を言葉に合わせて開いて説明して下さった。愛嬌のある健康美溢れる人だった。そこで、大平桜、医光寺を含め数か所の桜の名所を地図にマーカーを入れてもらったが、今日は大平桜と医光寺のしだれ桜だけ見た。

  

ナビを使っていたが、悪戦苦闘の結果、10時40分に大平桜にトウチャコ。ナビの案内に従い走ったら、逆戻り出来ない山道に入り、尚且つ、傾斜のキツイ、車がひっくり返ってしまう様な坂道をギヤをローに落として上った場所が、大平桜の裏手だった。桜の木が見えるとところまで上ると、上の方で、沢山の桜見物していた人達が珍しそうに、何処から車が上って来るのか、上り切るまで見守っていた。誰もに見られていると思うと、恥ずかしい気がした。上に着くと、沢山の見物客と駐車場もあった。皆さん全員広い道路を使ってこられたのだが、私一人ナビに従い、細い山道に紛れ込んでしまった。

駐車場に入れ様と、バックモニター見ながら慣(な)れた手つきで運転していると、車外に降りていた家内が大きい声で、「ストップ」と言った。降りて見ると、後数センチで段差に左リヤタイヤを落とすところだった。運転に慣れているからと言って、モニターだけを頼りにしてはいけない事が分かった。モニター画面では段差は見えない。

11時30分に医光寺に到着。我が家から179キロ。山口、広島と県内外からの見物客が多くて、駐車場の順番待ちに苦労した。

昼食は、12時50分、浜田のおさかなセンター2階の蟹と海鮮レストラン蟹匠で一人1,620円の海鮮丼を食べ⇒13時30分出発⇒キララ多伎15時25分着。ここまで307.8キロ⇒キララ多伎⇒海岸線を走り大社方面⇒途中から国道431号⇒旧大社街道から出雲バイパス⇒斐川⇒平田⇒国道431号で宍道湖の北側を走り16時45分、我が家に到着。本日の走行キロ数352.7キロ也。まだ、もう1往復する位の元気が有る。

行程と高低差は下記をクリックして下さい。

http://yahoo.jp/FcQ-Nf

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一難去って又一難。 | トップ | 動く地図を追加。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。