何しろ1日1投稿がモットーの瓦版ブログです♪

2014年6月8日、日曜日YouTubeにgooボタンが付いていたので登録♪継続は力なり!を最優先。内容は投げやりかも。

読者登録のフォームがエラーになった時の解決策

2016年10月14日 23時35分23秒 | メルマガの重要性

 

メルマガ登録用ランディングページの設定を見直す

 

 昨日の告知通り、今日は当「 瓦版ブログ 」での謝罪からスタートする。
右側のサイドバーに有る「 お小遣い稼ぎが出来る便利なツール
などの「 素敵なプレゼント 」 が受け取る事の出来る、
メルマガ読者登録用のフォーム 」 に全て『 エラー不備 』が出ていたと言う
大失態を犯しておきながら、今の今まで本業の忙しさなどから
そのままの状態の侭、長期間、放置していたことを、お詫び申し上げます。
m(__)m

 昨日からランディングページのHTMLソースコードを、色々いじりまくって、
今日よ~やく右側のサイドバーに有る( スマホの方は表示されませんが )
メルマガ登録用の入力フォームが全て正常に機能するようになったので、
気の向いた方は「 無料プレゼント 」を、お受け取りになられては、いかがか?

 

登録フォームのエラーの原因は独自ドメイン化とHTMLタグの改変

 

 先にも、お伝えした通り、本日は全てのランディングページの
エラー個所の原因を突き止めて、修正を掛けたので正常に機能している♪

なのでしつこいようだが、もしあなたがパソコンからアクセスしているのなら
安心して右側のサイドバーから「 有益なツールの数々を 」お受け取り頂きたい。

 .....と言いつつも、本音の部分では「 私めのメルマガに読者登録してね♪ 」 
って事なのだが、もし嫌になったら、いつでも解除出来るので損は無いはずだ。

 まずは昨日、Twitter関連、ゴルフ、カラオケの方からチェックを行ったが、
同じ方式でランディングページ( 以下LP )を作成しているのだが、
何故か、フォーム修正の方法は、マチマチだったりするのだ。(^_^;)

 今現在、私めが使わせて頂いているのが、「 エキスパートメール 
と呼ばれるメール配信スタンドの「 クラウド版 」である。

 そこでのメルマガ登録の為の「 フォームエラーの修正方法 」は大まかに2つ。

1. 独自ドメインのURLをLPの登録フォームのHTMLタグの中に入れて修正する

2. 読者登録フォーム用のHTMLタグを全てLPの中の同様の部分にも修正を掛ける

これで、全ての問題が見事に解決したが、ハッキリ言って2.の方法は
全く分からず、手詰まりな状態になっていたのだが、エキスパートメールは、
有り難いことに「 クラウド版 」にも「 電話サポート 」なるサービスが付帯しており、
早速コレを、フルに活用させて頂き、メールでのやり取りも含めて、なななんと!?

 

即日で解決出来たのだった!!(^o^)

 この辺のサービスの良さにも、創始者である「 七星 明 」社長の
仕事に掛ける真摯な姿勢と一本気な情熱が滲み出ている様に感じた。 ^^

本当はエキスパートメールのサイト内のヘルプ欄に、
「 HTML設定の場合、サポート対象外ですよ 」
と記載されて居たのにも関わらず、親切に対応して下さった
スタッフの方々には、ココでも暑く御礼申し上げたい。 

 

独自ドメインのURLをLPのHTMLタグの中に置き換えて修正する

 

 では、圏央道の記事並みに、タップリと画像を使って解説して参る。↓
先ずは「 Twitter関連ツールのトレンドリツイート 」のLP修正から。↓

 

 LPの読者登録用フォームをクリックしても入力画面に行かずに、
エラー画面になってしまうので、原因を追求しなければならない。↓

 

 ↑ 先ずは、ココの問題が有るLPのファイルデータがアップされている
サーバーから、あなたのパソコンへダウンロードして中身を確認する。

 ちなみに私めが毎月レンタルしている、このLPのレンタルサーバー会社は
「 さくらインターネット 」であるが、無論コレもWordPress同様に、
毎月のレンタル契約で借りる必要が有るので、お忘れなく。 ( モチロン有料 )

 その中身を確認する時にHTML画面での目視を行う必要があるので、
( この辺りで、パソコン初心者は嫌になるかな?でも誰だって最初は初心者さ )
テキストHTMLエディタを何かダウンロード⇒インストールしておく必要が有る。

 私めは、クレセントイブ( Crescent Eve )を使っている。↓

 問題の個所を発見したが、このLPは
読者登録用の入力フォームが2ヶ所有るので、修正箇所も、
30行目と148行目の2ヶ所で適宜修正を行っていく。↓ 

 TOP画像に表記されているエラー画面の旧URL、
http://ccoform.jpのURLのテキストが確認出来る。↑

で、問題の個所を旧URLから新独自ドメインの新URLにコピペで差し替える。

 

 で、HTMLエディタで修正が無事に完了したら、
今度はまた、サーバーへ返すためにアップロードしなければ、ならない。
ちなみに、このサーバーへファイルを転送出来るソフトの事を、
FTPだとかFFFTPだとか言うが、コレも無料で使えるソフトだ。
結果は、どうなったので有ろうか?↓

 

メール配信スタンドが発行するHTMLタグをLPにコピペして差し替える

 

 ココからは15日付けの追記記事になるが、
2.の方法、つまりはLP内の<form.....>~</form>間の
HTMLタグ( <>は大文字で打っている )を、契約をしている
メール配信スタンド( 私の場合はエキスパートメール )で発行される
読者登録用の入力フォームのHTMLタグを丸々コピペして差し替える
方法を、お伝えして参る所存。

 では実際にエキスパートメールの画面を確認しながら、
登録フォームのエラーを修正して参りたい。↓

 

 読者登録用の入力フォームタグをコピペしたら、
すぐに、そこの直下の「 HTML個別設定画面 」に丸々貼り付ける。↓

 そうしたらー、お次は先ほどの説明と同じ方法で
サーバーにアップロードしたLPのファイルをダウンロードしてから、
問題の読者登録の為の入力フォーム画面のHTMLタグを、
さっきコピペしたHTMLタグに正確に張り替える作業が待っている。↓

 ↑の画像に挿入したテキスト文を見て勘違いしないで
頂きたいのだが、貼り付けるのは、このLPのHTMLタグではなく、
先程のエキスパートメール内のサイトで発行される
読者登録用の入力フォームのHTMLタグで有る。 

 で、無事に貼り付け( 差し替え )の作業が完了したなら、
また、さっきと同じように、レンタルサーバーへアップロードしなければならない。

 当たり前の事では有るが、自分のパソコンの中だけで
( いわゆるローカルエリア内 )だけでいくら修正した所で、
サーバーにアップロードを完了させないと、WEB上での変更が
反映されないからである。

 ちなみに、これがHTMLに精通した上級者だと、
HTMLタグをイジクッて、色々な「 カスタマイズ 」が
出来るようなのだが、残念ながら今の私めには、
そのような技術はないので.......(^_^;) 

 で、最後にメール配信スタンドから自動で返信メールが
届いていれば、修正作業は成功で有る。(´ε` ) ↑

 あ、それと誤解しないで頂きたいのだが、
自動返信メールと言っても、最初は自分で打ち込んでいるし、
ココでの詳しい説明は省くが、自動ステップメールの後の
メルマガ配信は当然、自分で打ち込んで行かなければならない。

 まぁ、やり方としては「 ランサーズ 」などのクラウドソーシングに
お金を払ってコピーライティングを依頼する手も有るが、
それは、あなたのお好みで、お好きなように、どうぞ♪^^

 

ジャンル:
ITネットビジネス
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 右手が殆ど使えない右利きで... | トップ | ブログとメルマガは車の両輪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL