何しろ1日1投稿がモットーの瓦版ブログです♪

2014年6月8日、日曜日YouTubeにgooボタンが付いていたので登録♪継続は力なり!を最優先。内容は投げやりかも。

ゲーム動画って音楽関連に比べて削除されない印象が

2017年01月17日 20時23分34秒 | YouTube

 

ゲーム動画の著作権は映画に該当

 昨日の記事でも、共有させて頂いたが
最近思うこととしては、ゲームプレイ実況や
ビデオゲームのYouTubeへのアップロード動画は
削除されにくい 」印象が、かなり強い。

だからと言って、著作権の縛りが全く無いわけではなく
ゲーム画像の著作権はゲームメーカーが有している為
これらの所有者の許可なく勝手に動画共有サイトに
投稿したり、ゲームプレイ実況に利用したりすると
著作権の侵害 」及び「 公衆送信権の侵害 」に当たる
違法行為 」となる。

 しかし、それでも私め個人の印象としては、どうしても
「 音楽関連 」のミュージックビデオや音声のアップロードと
比べると「 削除の頻度 」は格段に低い。

無論、「 任天堂クリエイターズプログラム
Nintendo Creators Program ) 」の様に
最初から企業側が提携プログラムを提供している
場合などでは話しは別である。( 要申し込み )

https://r.ncp.nintendo.net/

 この任天堂プログラムに申し込むには
GoogleアカウントとPayPal( ペイパル )の
ビジネスアカウント 」の両方が必要である。

ざっくりと説明をさせて頂くと、このプログラムに登録して
アップロードやプレイ実況で得た収益は
任天堂と折半で山分けしましょうと言うコンセプトである。

 確かに音楽関連の違法アップロードコンテンツ
( 情報の中身 )と比べると、
ゲーム関連の動画は削除されにくい。

しかし、これはメーカー側が敢えて「 黙認 」している
だけの話であって、決して野放しにされている訳では無い。

 その証左として、ストーリー性の強い発売されたばかりの
ゲームなどは、すぐに消されたりするとの事である。

そりゃあ、「 ストーリー展開が未知 」だからこそ、
楽しみなユーザーも居るわけで、これを先に全てWEB上で
バラされたらメーカー側としたら、溜まったもんじゃないだろう。

だから、結構メーカー側が大目に見逃している
ゲームジャンルとしては、10年以上前に発売されていたような
いわゆる「 懐ゲー 」とかは、殆ど削除の対象から
外されているように個人的には感じる。

アニメ動画を大量にアップしまくって逮捕

 さて、規制が厳しいのは
何も音楽関連だけに留まらない。

アニメ動画などもアップロードすると
1週間位で削除される様では有るが、
これが千何百本ともなると、
実際に逮捕される実例も出てくる。↓

http://dai.ly/xxplfg

 この手のニュース映像は、以前よく目にはしていたが
彼らに共通する事としてはアップロードの本数が
800~1000本以上と異常に多いという事。

上に貼ったリンクも公式でない
「 TV番組からのアップロードコンテンツ 」なので、
矛盾撞着しているのかも知れないが、
「 もっとみんなに見て欲しくて 」などと言っていた
逮捕者の本音は、おそらく
再生数を伸ばしてGoogleアドセンス広告費で稼ぐ
のが狙いなのだろう。

 この事に関しては、以前にも当「 瓦版ブログ 」でも
触れたが、ただ再生数を稼ぐためだけならば、
ジャニーズ系のTV放送番組を録画して
アップロードするだけで、簡単に100万再生などは超えられよう。

http://bit.ly/2ix79dm

 しかし、いかんせんリスクが高いので同じ
YouTubeアドセンス広告費狙い 」なら、巷で流行っている
字幕とBGMが流れるだけの動かない動画
を作ったほうが、まだ安全に稼げるのではなかろうか。

でも、やっぱり高品質なTV放送番組の内容

 確かに、TV放送番組を録画せしめてYouTubeなどの
動画共有サイトへアップロードするのは、
紛れもない「 違法行為 」で有ることは間違いない。

しかし、視聴者側であるコッチ側からしてみたら、
「 これほど有益で濃密で高品質な動画コンテンツは無い 」
と言える程に、有り難い情報で有ることに異論は無い。

 それは、もはや当然であろう。

彼らはインターネットが普及する前から培ってきた
動画コンテンツ制作のプロフェッショナル集団なのである!

最近は以前と比べて番組制作の費用が抑えられてきた
とは言え、個人と比べて資金力も人材もノウハウも
全てが桁違いなのだ。

とても個人が太刀打ち出来るレベルでは無いが、
逆にTV局が出来ない事が個人で出来うるケースも有る。

しかし、当「 瓦版ブログ 」で打たせて頂いている記事の
数々も、実は情報源がYouTubeにアップされた
TV放送番組からのコンテンツだったりするのも、
厳然たる事実なのであった。

チャンチャン♪^^

DMM.make DISPLAY 50インチ 4Kディスプレイ DME-4K50D
クリエーター情報なし
DMM.make

( 瓦版ブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクする事に依って、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 )

ジャンル:
ゲーム機器
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SEGAのゲーム「 北斗の拳 」... | トップ | 底辺からの脱出には勉強が必... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL