何しろ1日1投稿がモットーの瓦版ブログです♪

2014年6月8日、日曜日YouTubeにgooボタンが付いていたので登録♪継続は力なり!を最優先。内容は投げやりかも。

元BOØWY氷室京介氏のスピニッヂ・パワー時代のEPレコード

2017年06月06日 23時59分59秒 | 

 

ホットサマーレイン♪1980年の現物EPレコード

 あの「 氷室京介 」氏【 56 】の
所属していた大人気バンドBOØWY【 ボウイ 】の
ヴォーカリストで有った事は誰でも知っているし、
Wikipediaにも記述されている。

KYOSUKE HIMURO -KISS ME-

だが.....!?

ウィキペディアにも載っておらず、
殆どの方は存じ上げないだろうが、
BOØWY以前に氷室京介氏は
寺西修一 」のクレジット名で
スピニッヂ・パワー 」( Spinach Power )
という名前のバンドの三代目ボーカリストを
されていた時期がある。

( 外国のバンドspinash powerでは無い )

 何度も削除されている当時のTV映像は
現時点でニコニコ動画に上がっているが、
スピニッヂ・パワーの意味は
「 ほうれん草の力 」とかいうことらしい。

 

TOP画像は、その時にリリースしたEP版の
アナログ・レコードドーナッツ盤であり、
ヤフオク!で運良く8.000円くらいで落札出来た♪^^

氷室氏はBOROBOROBOROでコーラス参加されていない!?

 当時の所属事務所名は長戸大幸氏【 69 】が
設立したビーイングでヒムロックこと寺西氏【 氷室氏 】は
二代目のボーカルだった織田哲郎氏が在籍していた頃から
コーラスで参加されているとウィキペディアには記載されている....!?

この様な経緯から、氷室氏の初デビュー作は
スピニッヂ・パワーのEPドーナツ盤レコードの
「 BORO・BORO・BORO 」からのコーラス参加であると
言われてはいるが、実は違う様である!↓

( 以下「 BOOWY( 暴威 )結成以前の氷室狂介「 SPINACH POWER 」加入 」から引用 )↓

“なんと森下詩音様から直接コメントを、いただきました。
2期のCHORUSは寺西修一では無く、森下様とのことです
( 2014.12.18 )”

( 引用ココまで・出典:FC2ブログ )↑

織田哲郎氏がメインボーカル、森下詩音氏が
コーラスのボロボロボロだが、不肖この私めは、実は
このレコードの現物も持っているのだが、
実際に拝聴してみても、どこにも氷室氏
( 当時のクレジット名は寺西修一 )
のコーラスの声が聴き取れないのである。

実はスピニッヂ・パワーの2nd.LPの「 ラナウェイ・トリップ 」の実物も
私めはヤフオク!で落札して持っているのだが、ここのクレジット名にも
寺西修一の名前は記載されていない。↓ ( 実は見本盤だったりもするが )

決定的なのは、当時のボウイのマネージャー担当だった
故・土屋浩氏( 元BLUE FILMボーカル )が「 紺 待人 」名で綴った
「 大きなビート木の下で 」に書かれて居る内容である。

( 以下「 大きなビートの木の下で 」から引用 )↓

66ページ目
1980年、上京した3人を待っていたのは
高崎で聞いた話とは全く違う状況だった。

( 引用ココまで・出典:ソニー・マガジンズ文庫 )↑

「 BORO-BORO-BORO 」の発売日は1979年の10月5日なので、
まだ氷室( 寺西 )氏がスピニッヂ・パワーに加入する前の年だ。

という事は、氷室京介氏がBORO-BORO-BOROのレコーディングに
参加しているというウィキペディアの情報は間違っている事になる。

次章でも述べるヤマハ・ロックコンテスト「 WAST WEST 」の
全国大会が1979年8月25日、中野サンプラザでのステージで、
この時にはデスペナルティで出場しているのである。

 それでは、BOROBOROBOROのEPが発売された当時の第2期の
スピニッヂ・パワーのメンバーは誰が在籍していたのであろうか?

  • ボーカル:織田哲郎氏( 本名:濱田 哲郎 )【 59 】
  • ギター:野村哲也氏( 元桑名正博グループ・ゴーストタウンピープルのギター担当 )
  • ベース:田辺モット氏( 1978年から活動したベーシスト )【 58 】
  • ドラムス:木村マモル氏( 元合資会社ドラムス担当で後のBOØWY初期ドラマー )

 

 なお、野村哲也氏は同姓同名のゲームクリエイターにも、いらっしゃる
( スクエア・エニックス所属 )が、全くの別人である事を附しておく。

当時のベース担当の田辺モット氏は公式YouTubeチャンネルで
動画もアップされている。↓

田辺モット ベーススクール

ヤマハ・イーストウェスト‘79の実物LPレコード

 それでは、さらにこれより前の時期に
氷室氏が組んでいたバンド名を御存知だろうか?

ボウイ時代の松井常松氏【 56 】も在籍していた
5人組の「 デスペナルティ 」で、ヤマハ主催の
全国ロック・コンテスト「 EASTWEST‘79 」に
出場した時の「 ブルーシガレットラブ 」
( 後のCHU-LU-LU )が、氷室氏がメジャーデビューを
果たす前に唯一、音源化されているLP版である。
( このLPも持っているが、買ったのはヤフオク!で
こちらも運良く、8千円ほどで落札でき申した♪ )↓

氷室氏はこの時、自身の本名である「 寺西 修 」名で
出場されていたが、「 入賞 」は果したものの最優秀賞は
うじきつよし氏【 59 】率いる「 こどもばんど 」で、あった。

ちなみに、後のBOØWYのギタリズム.....じゃなかった、
ギタリストの布袋寅泰氏【 55 】は、土屋浩氏も在籍していた
「 ブルー・フィルム 」というバンドに所属しており
関東甲信越ブロックの決勝で氷室京介( 寺西 )氏が率いる
デスペナルティに敗北を喫している。

6人編成の初期ボウイのドラマー、木村マモル氏の今は!?

 ドラムを担当されていた、まこっちゃんこと
高橋まこと氏【 63 】はスピニッヂ・パワーから
初期の暴威に加入した木村マモル氏と入れ替わる形で
後から加わった唯一、福島県出身のBOØWYメンバーである。

高橋まことが叩く「MARIONETTE ~マリオネット~」[BOØWY]

( 以下「 元ボウイ高橋まこと氏インタビュー 」から引用 )↓

“─最初は、なんとなく誘われて。
( 高橋 )その後、一緒にお茶しながら、
「 実はもうドラムいないんで、できたらドラム叩いて貰えませんかね 」
って言われて「 いいよ 」って。
そしたら「 もう次のロフトのライブが決まってるんで、
20曲くらいあるレパートリーを覚えて貰わなきゃならないんで
合宿したいんですけど付き合ってもらえますかね 」って。
それも「 いいよ 」って答えたんだけど( 笑 )”

( 引用ココまで・出典:元ボウイ・高橋まこと氏 )↑

 そんなドラマーの高橋氏の前任者である木村マモル氏は、
スピニッヂ・パワーを抜けた氷室氏が木村氏の自宅まで行き、
初期の暴威に引っ張ってきたのである。

加入後、結果的には活動の中で初期の暴威のメンバー達との間で
合わない「 音 」のズレのほか、様々な要因が重なって
高橋氏と入れ替わる形で脱退。

その後は暴威のプロデューサーとして活躍された。

もともと、スピニッヂ・パワー時代には氷室京介( 寺西修一 )
氏と一番、気が合ったとされる木村マモル氏だったが、
最近は2012年末からもソロ・アーティストとして
新しい名前の「 SEIHITSU 」名での音楽配信を、
着うたフルのviBirth MOBILE BY GIGAで始めた。

配信のアルバム名は「 human 」であったが、
現在は配信を中止している。

その着うたフルでのBIOGRAPHYを見ると、
木村マモル氏の詳細なプロフィールが
綴られて居たので、シェアさせて頂く。↓

( 以下「 SEIHITSU 」から引用 )↓

“京都出身で1970年代より主に関西で活躍したロックバンド
「 合資会社 」でドラマーとして活動開始。
その後ディスコシーンでスマッシュヒットを連発した
「 SPINACH POWER 」( KING RECORD )に在籍。

SPINACH POWER( スピニッヂ・パワー )の 最後のヴォーカリスト
氷室京介らとBOØWY( 暴威 )を結成し、 初代ドラマーとして
1stアルバム「 MORAL 」のレコーディングと数回のライブに参加。

メンバーとしての脱退後、BOØWYの2ndアルバム
「 INSTANT LOVE 」( 徳間ジャパン )のプロデュースを行う。
その後はレコード会社ディレクターや、フリー音楽プロデューサーを経て
ミュージック・ビジネスにおけるプランナーとして活動。
自身の経歴とはかけ離れたコンピューター・ミュージックの作品を
ハイピッチで数多く発表する予定である。
「 SEIHITSU 」は「 静謐 」の意である。”

( 引用ココまで・出典:着うたフル®viBirth MOBILE BY GIGA )↑

木村マモル氏がスピニッヂ・パワーから暴威に移る際の事情に詳しい
当事者の方からの書き込み 」が、当記事のコメント欄に
記載されていたので、ありがたくやり取りを、させて頂いた。

当時の現場を知る当事者の生の声を頂く

 詳しい、やり取りは当記事の下に有るコメント欄を
ご覧いただきたいが、お名前は存じ上げないが当時、
氷室京介( 狂介 )氏や木村マモル氏がスピニッヂ・パワーを脱退し、
初期の暴威を創設した時の詳細を知る方から
直接の情報を頂く事が出来申した。(*´∀`)

コメント欄に書き込みを頂いた方は、実際に京都のバンドで
約1年半、木村マモル氏を同じ釜の飯を食った、
メンバー同士だった音楽関係者なのだと仰っている。

これは不肖この私めのかってな推測にはなるが、おそらく
元「 合資会社 」のメンバーだった、どなたかだと思われるのだが
実際には、そうではなかった。

ご本人から、「 僕の本名と情報の出処は記載しないように!
との、ご希望が有ったのでココには記さない。

別のWordPressブログ「 瓦版茨城 」で記事に、したためたので
宜しければ是非!^^ ↓ ↓ ↓

氷室京介氏がBOØWYの前に居たスピニッヂ・パワーとは?

 

......いずれにしてもボウイが凄いのは、あの時代にして
サウンドが誰からの受け売りで無い、完全に自分たちの
オリジナルの音を創り出した点である。

よく日本音楽史を語る書籍などで「 BOØWY以前BOØWY以後 」
などと書かれているのは、きっとこのためなのであろう。

JUST A HERO(紙ジャケット仕様)
クリエーター情報なし
ユニバーサル ミュージック

瓦版ブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクする事に依って、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。)

今日の〆の和歌を詠む♪【 短歌57577 】

「 あのボウイ
布袋氏語る
音楽で
飯が食えたの
最後の二年 」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

“LAST GIGS”COMPLETE [ BOOWY ]
<span >価格:5368円(税込、送料無料) (2017/11/30時点)


 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薩長同盟提案書に音入れ | トップ | 茨城県大洗町の被爆事故の原因 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スピニッヂパワーについて (事情通)
2017-11-14 06:11:54
ビーイング設立は「ポパイ・ザ・セーラーマン」以前。ちにみに設立初年度、決算赤字。それと前後するように「ポパイ…」がヒット。企画もののレコードであったが、たまたま「バンド名」をつけていたことと、宴会やディスコなどからの「営業申し込み」や、TVの「話題コーナー」的な仕事も発生し、制作事務所として、さらなる事業展開を図るため、多くのメンバーによる集合離散を繰り返し、そのつどの演奏を行っていた。3枚目アルバム「In and OUT」の制作途中で、氷室等の参加により、バンド形態が固まり、大手プロとレコード会社も絡んで「ホット・サマー・レイン」のヒットを仕掛けたが、記録的冷夏もありヒットに至らなかった。その後、長門氏も交え、バンド存続についての審問等もあり、スピニッヂ・パワーの消滅が決まった。ちなみに「IN and OUT」までのレコード制作は長門氏を中心に、周辺に集まっていた人間やスタジオミュージシャン等によって行われ、同時期のスピニッヂパワーがバンド単体で制作したものではなく、アルバムとLIVE等は、いわば「別路線」としての活動実態であった。
貴重な情報を頂き、恐悦至極に存じます。 (小松)
2017-11-16 12:12:10
 事情通さま、Wikipediaにさえも載っていない
貴重な情報を頂き、有難うございました。^^

 スピニッヂ・パワーの語源は「 ほうれん草の力 」ですから、
ポパイのキャラクターと見事に合致していますね。

 スピニッヂ・パワーの解散は、まぁ氷室京介( 当時は寺西修一 )氏の脱退が
決定打となったような気も、しますが。

 しかしながら、その後氷室氏が設立したBOØWYの躍進は、
きっと、下積みだったスピニッヂ・パワー時代の経験が活かされて居るのでしょうね。

 下積みだったとは言え、シッカリとテレビにも出演されてますが。
スピニッヂパワー Last (事情通)
2017-11-19 15:51:13
Wikiも、すべての暴威ファン他の「スピニッヂ情報」は、今はもう無いビーイングの所属紹介からのもので、詳細の大部分は「嘘ではないが真実から遠いまとめ方」で文章化されています。寺西の脱退ではなく、スピニッヂの消滅の後、私が京都から呼んだDrと寺西らが始めたのが暴威スタート。とある喫茶店でメンバーが順に長戸氏と面談し、各人の意向を受け、長戸氏が解散を決断。こちらの記事が2017…と新しかったので書き込みましたが、これまでこのような行為しあえて避けてきましたが、私も年老いて(笑)ま、少しだけなら…です。by 当事者…これでLastです。
スピニッヂパワーLast2 (事情通)
2017-11-19 16:21:50
一方的な「物言い」も失礼かな…なので。

soundcloud.comで、user-984610036検索を
↑※不正なURLではねられるので…
上記アドでご推察ください。
ホット・サマー・レインは1曲目。
ありがとうございました。
丁寧なる御返信を頂き恐悦至極に存じます。 (小松)
2017-11-27 21:26:27
 事情通さま、度重なる丁寧な書きこみを頂き有難うございます。^^

一方的な物言いなどとは、とんでもございません。

事情通さんが、「 当事者 」としての当時の現場での貴重な体験談が、この瓦版ブログの読者様にとっても有益な情報源に、なるのです。^^

「 スピニッヂの消滅の後、私が京都から呼んだDrと 」
との書き込みが、ございましたが、そのドラマーが木村マモル氏だったのでしょうか。

 実は今、手元に故・紺 待人氏( 元故・土屋浩氏 )が執筆された
BOØWY「 大きなビートの木の下で 」という本が有るのですが、
この書籍に書かれた内容ですと、木村マモル氏の自宅まで行き暴威に呼んだのは、
氷室京介氏本人だと書かれていますね。^^

226P「 木村さん、もう一度俺んとこでスティック握ってくれないかな? 」

 さて、BOØWYの隆盛は、それまで誰もやったことが無い独自のサウンド形態だったからこそ、人気が爆発したのでしょうね。

無論、ボーカルの氷室氏の歌唱力、個性的な布袋氏、高橋氏、松井氏の力が結集したからだと思うのです。

 音楽を専門にやっている訳ではないで、いちファンとしての意見しか申し上げることが出来ませんが、
「 今までにない音楽 」を形にしたのは大きかったのでは、ないでしょうか。

 いま、事情通さんが教えてくださった高音質な「 SOUND CLOUD 」を拝聴させて頂きながら、文字を打ち込んでいます。

今年でデビュー35周年ですが、来月にはフジテレビのCS放送で
BOØWYのGIGSが放送されますね。^^

 有益な情報を頂き、感謝いたしております。
恐悦至極様への返信 (事情通)
2017-11-28 06:33:04
疑問点+αのみお答えします。スピニッヂから暴威結成に至る「初出情報」です。何しろ「当事者」ですから(笑)寺西がDr.Kの元に依頼…は正解だと思います。Kは京都で私と1年半ほどBAND(大阪フェスでレインボー前座も)…その後、KレコードのディレクターとなりEミチロウとか手掛けてましたが後に独立…半行方不明(笑)スピニッヂ面子揃えの過程で、他に金沢の元T BirdのBass.Hも呼びましたが未加入に。彼は後にショーケン&ドンファンに加入。暴威の命名者は先日、お薬逮捕のT氏。以後の暴威についてはまったく知りません。ご教示したいことは「山」のようにありますが、パブリックの場なので、これが限界(笑)日本中で「恐悦至極様」のみがご存知の事実ですので、いわば「葵の御朱印」を入手されたも同然(笑) では本当のat LAST.
「 葵の御朱印 」を頂きました。 (小松)
2017-11-29 18:43:39
 事情通様

「 葵の御朱印 」を頂き、誠に有難うございます。(*´∀`)

事情通様が、仰っている元スピニッヂ・パワーと暴威時代の
初期ドラムを担当されていた「 木村マモル 」氏は、ちょっと前に
「 SEIHITSU 」というアーティスト名で、
着うたフル®viBirth MOBILE BY GIGAのサイトで「 human 」の
アルバム楽曲を配信されていましたね。( 現在は配信中止 )

そこのサイトに記されているDr.木村氏の紹介文を一部抜粋してみます。

“「 京都出身 1970年代より主に関西で活躍したロックバンド「合資会社」でドラマーとして活動開始。 」”

当事者である「 事情通 」様は、「 Kは京都で『 私と 』1年半ほどBAND 」と書き込みをされていますので、
もしかして「 合資会社 」のメンバーの方だったのでは無いでしょうか?

そこで合資会社のメンバーの方々を調べて見ました。

BAND名:合資会社( 1973年 )
森啓行氏( ボーカル )
コウジ氏(ボーカル)【 元・ルー&B29 】
山口簡氏( ギター )→山口アキラ&入道グループ
多田タカシ氏( ギター )【 元・裸のラリーズ 】
山田はるぞう氏( ベース )
木村まもる氏( ドラムス )
森かずみ氏( ドラムス )

もし私めの勘違いで有れば、ご容赦頂きたいのですが、仮に事情通様が
合資会社のメンバーを、されていたとしても7人のなかの誰なのか?までは特定できません。( 笑 )

木村マモル氏に関しては暴威( 後のBOØWY )脱退後の活動内容を、着うたフルのBIOGRAPHYに次の様に紹介文が掲載されています。

“「 SPINACH POWER の最後のヴォーカリスト氷室京介等と「 BOØWY 」を結成し、初代ドラマーとして
1stアルバム「MORAL」のレコーディングと数回のライヴに参加。
メンバーとしての脱退後BOØWYの2ndアルバム「 INSTANT LOVE 」 ( 徳間ジャパン )のプロデュースを行う。
その後はレコード会社ディレクターやフリー音楽プロデューサーを経てミュージック・ビジネスにおけるプランナーとして活動。
2012年末、突然ソロアーティストとし新名義「 SEIHITSU 」での音楽配信を始める。 」”

 ところで事情通様が仰っている暴威( BOØWY )の命名者は元B社副社長で長戸大幸氏らと共に、Bを創業したT・K氏( 65 )ですね。

当人の名誉の為に実名は伏せますが、覚醒剤取締法違反での先月の判決では懲役1年6月、3年間の執行猶予が付きましたね。

 事情通様の最後の一文「 では本当の“ at LAST. ”」という書き込みも、
氷室京介氏がスピニッヂ・パワー時代に歌っていた鉄腕アトムの主題歌、「 裏返しの友情 」のクレジット名「 アトラス寺西 」を、もじっているのかな?なんて勘ぐってしまいますが......( 笑 )

 あ、それと事情通様との、やりとりをしていて1つ気づいたことがありまして。

Wikipedia情報にも載っているBOROBOROBOROに氷室京介氏( 当時は寺西修一 )氏がバックコーラスで参加しているというのは、
どうも当方の間違いであった様なので、記事の修正を行います。

 実際にBOROBOROBOROのEPドーナツ版を所持しておりますが、どう拝聴しても氷室京介氏の声が聴こえて来ないんで不思議に思っては居ました。

 「 大きなビートの木の下で 」では氷室京介氏らデスペナルティのメンバーで家業を継ぐ福田氏を除く4人が群馬から上京した時が1980年なのに、
ボロボロボロの発売日が1979年10月5日なので、辻褄が合わないですものね。(^_^;)
事情通改め (そこらの爺さん)
2017-11-30 06:37:15
スピニッヂはもう終わります。ビーイングの設立や背景、T氏の前職、Band歴、Dr.Kの独立後…創始者N氏の履歴の「空白の京都時代」も熟知…なので「良し悪しも含め色々差しさわり」が…さも「値打ち付け」してるようで申し訳ないのですが、無口に。N氏とは京都~ビーイング退社まで10年ほどの付き合いでした。
それ以外の話はOKです。爺はお喋り好き(笑)…合資会社は一度LIVE見ました。
Allman Brosのコピーバンドで、彼らの解散後、私がTを誘いました。寺西の「 裏返しの友情 」については全く知りません。
企画レコードのVo選定でN氏が選んだのでしょう。なのでAt…はそこに掛けてはいません。PS 私の音楽引退は1982頃。ネット興隆前、PCなし、ポケベル無しの時代。なので検索してもほぼ皆無(笑)恐悦至極様の探求心にお応えすべきでしょうが、私は無名ながらけっこうな量の履歴も(笑)
せっかくのご縁ですから、メン募のoursoundかwith9で「IN and OUT」という名で検索→メッセージにPC or スマホ等のメルアドを下されば「直」でお話しできる範囲でお応えします。※ご本人以外、ここを閲覧の方にはReいたしません。ごめんなさい。
訂正 (そこらの爺さん)
2017-11-30 07:01:52
>彼らの解散後、私がTを誘いました。
=Kを…
ちょっと考えました (そこらの爺さん)
2017-11-30 22:04:56
恐悦至極様は「暴威ファン」私は周辺情報の事情通。仮に「直メ」でも「ファンサービストーク」は難しいです。何しろ「暴威本体話」は無知(笑)詳しく書くのは無理ですが私が知る「生々しい話」なら溢れるほど(笑)関係者及び寺西の自尊心・名誉に関わることばかりかも。あれから40年弱…Kの経歴は「盛って」ます(笑)僕がリーダーでした。Wikiにあります。「ホット…」は僕が作曲・編曲・演奏です。作詞・奈月はN氏の変名と、あるWEBにありましたが間違いです・・・ですので、恐悦至極様はスピニッヂにおける「光圀」とコンタクト(笑)…ということ。ファンとして「新情報」をご希望ならお応えできないかも。日馬富士引退が、貴乃花親方の「モンゴル互助会潰し」…という「TVメディアで言えない真実」をお求めならご連絡を。…他に「販売のパンに針…」…ヨーカドーなら「店内撮影なし」と同じ。理由は「民放の大スポンサー」…音楽にも「知れば失望の裏」があります。再度、申し上げると「喜んでもらえる情報は少ない」と、私は思っています。会社Bの「BAND紹介」で全時期を通して私がリーダーだったというのは、N氏が、ある意味、あの社操業初期の功労者である私に「花」を持たせてくれたのだと解釈。私とN氏は当時、本音がこぼれる会話をできる関係…でもあったということです。僭越至極様、ご熟考を。PS 余計ですが「私の履歴検索」が視界にあるのなら「膨大な作業」が待ち受けています(笑)

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事