何しろ1日1投稿がモットーの瓦版ブログです♪

2014年6月8日、日曜日YouTubeにgooボタンが付いていたので登録♪継続は力なり!を最優先。内容は投げやりかも。

人間ドックの補助金制度を使って全身がん検診を受けられるのか

2017年04月16日 23時58分57秒 | ブログ記事

 

PET-CT全身がん検診は18万

 2年前に埼玉の医療機関で人間ドックを受信した。

 会社の方が膵臓がんに掛かっていたので、
怖くなって全身スクリーニングがん検診の
PET-CT検診 」を18万円、投資して受けた。

検査結果は幸いにも「 」で有ったが、
2年に1回位は受けないとダメらしい。

で、ネットでググっていたら、
「 各自治体で『 人間ドック受信の補助金が出る 』 」
との有益な情報を得たので
当、常総市の補助金制度を調べてみた。

確かに人間ドックの、がん検診では
健康保険を使って補助金申請が出来るのだが、
条件に拠る「 縛り 」が有ることが判明した。(^_^;)

それが「 人間ドックを受信する医療機関は自分では選べない 」という事実。

見てみると全てが「 部分部分の臓器がん検診 」のみ。

 これは持論だが、がん検診は1個1個の臓器を詳細に調べても全く意味が無い

やるなら全身を、それも頭のてっぺんから
爪先までを全て見ないと検診にならない。

理由は明白で例えば膵臓だけを診て、
そこがOKでも診ていない肝臓がダメなら
数年後には、そこから転移する危険性が有るからだ。

 どこかの高名な高僧の様に
「 病に掛かったら、むやみに逆らわず流れに任せるが良し候 」
などとは思わない。

特にがん検診は、早期発見、早期治療が鉄則である。

今、癌と闘病中の「 小林麻央 」氏も
5年前に人間ドックを受信されていれば.....
と悔やまれるが、決して諦めずに治療を
して頂きたい。

乳がんはステージⅣまで症状が進行しても
30%の方が5年以上生存されている。

今日の〆の和歌( 短歌57577 )

「 検診を
受けて助かる
命なら
金は惜しまぬ
人間ドック 」

※ 「 ッ 」で一拍( 1文字 )

この本にも、「 全身CT 」「 胃腸カメラ 」「 脳MRI 」
が重要だと書かれている。↓

人間ドックの9割は間違い (幻冬舎新書)
クリエーター情報なし
幻冬舎

( 瓦版ブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクする事に依って、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加