何しろ1日1投稿がモットーの瓦版ブログです♪

2014年6月8日、日曜日YouTubeにgooボタンが付いていたので登録♪継続は力なり!を最優先。内容は投げやりかも。

空気清浄機で評判の良い商品は?

2016年11月13日 16時04分11秒 | 空気清浄機

 

売れ筋ランキング1位の商品を御紹介

 何を隠そうこの私め、子供の頃からの
小児喘息( ぜんそく )持ち 」で今だに完治はしていない。

今でも、発作が出た時の為の「 吸入薬 」である
「 サルタノール 」と予防薬の「 パルミコート 」は
病院で処方して頂き、切らさない様にしている。
(´・ω・`)

「 サルタノール 」は心臓に負担が掛かるために使いすぎると
命に関わるのだが、予防薬である「 パルミコート 」は
毎日の継続が大事であると担当の医師から
指導されているにも関わらず、ついついサボりがちで反省している。

 深層心理学的な側面から言えば、私の私淑する加藤諦三先生は
「 悲しみは肺に宿る 」と自身の著書で述べられていたが、
不肖この私めはアレルギー体質なので、
これが喘息に関係している様である。

喘息の治療には綺麗な空気が必要不可欠

 で、ここから、商品レビューの紹介記事に繋げるのが
本稿の狙いなのだが、私めが喘息持ちなのは事実である。

喘息と言うキーワードで思い出すのが、
4大公害病の1つ「 四日市ぜんそく 」では、なかろうか。

私めとは無関係だが、この四日市ぜんそくは
子供の頃から何度も耳にした公害病である。

詳細はウィキペディアを参照されたいが、ざっくばらんに
概要だけを示すなれば、1960年台に発生した公害病で
三重県四日市市に建設された工場群の中の
「 石油化学コンビナート 」から排出された
「 亜硫酸ガス( 二酸化硫黄、硫酸ミスト ) 」が原因で
付近の住民が発症した人災である。

 結局、裁判にまで発展したこの公害病の犠牲者は
千人を越えたのである。

硫酸ミストの粒径は1μm~10μmである

 この公害病の原因となった硫酸ミストの大きさは、
主なもので3μm( マイクロメートル、千分の1mm )
のものが多いとされる。

花粉の粒子の大きさが30μmだと言うし、
いま話題のPM2.5と呼ばれる有害物質の粒子は、
そのまま2.5μm以下の粒子状の物質の総称だと言うから、
いかに四日市ぜんそくの引き金になった
硫酸ミストの粒子が小さかったかが分かるというもの。

極小の微粒子をも捉える高性能なHEPAフィルター搭載

 そこで、今日はこの時期のランキング1位の商品を
楽天で見つけたので御紹介しておくが、
私めが使っている訳では無いので念のため。

 この「 加湿空気清浄機 」の性能は硫酸ミストの
1/10の大きさの0.1μmから2.5μmの極小な微粒子をフィルターが
99%キャッチするのだという。( 商品ページから1部抜粋 )

 誤解の無い様に断っておくが、だからと言ってこの商品を使えば
「 四日市ぜんそくが治る、防げる 」と言う事ではないので、
決してお間違えの無きよう、お願いしたい。

15日の23:59まで1500円引き+送料無料

 この楽天での売れ筋ランキング1位の
「 加湿空気清浄機 」は15日の23時59分まで
キャンペーンをやっているようなので、あなたが
この時期の空気の乾燥などを気にされるようなら、
ご覧になられてはいかがだろうか?


 

 

 とりあえず、今日は以上で。^^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加