何しろ1日1投稿がモットーの瓦版ブログです♪

2014年6月8日、日曜日YouTubeにgooボタンが付いていたので登録♪継続は力なり!を最優先。内容は投げやりかも。

2月23日は富士山の日

2016年02月23日 22時40分10秒 | 富士山

 

 

仕事がてら、しょっ中見る富士山

 

 今日が「 富士山の日 」だってラジオで聴いて始めて知った。

見出し画像は東名高速( TOMEI EXPRESSWAY )から望む富士山である。

余談では有るが、「 東名高速道路 」って私が子供の頃、妙な勘違いをしていた。

そう!「 透明な高速道路 」だと思っていたのだ!!

 

 

 無論、中央自動車道からも見える。

下の写真は、山梨県からの帰り道に乗った中央道から望む富士山だ。↓

 

 

ちなにに強風が吹き荒れた次の日なんかだと、

ここ茨城県からも、たま~に見える日が有る。

 

Googleマップで、こんな素晴らしい景色が見れるとは!

 

 まさか、富士山の頂上から、ましてや、こんな感動的で、

フォトジェニックな写真を取っていたなんて驚きだ!!

Googleの日本法人も、なかなかやるもんだね~♪^^

個人的には富士山の頂上の写真なんて無いと思ってた。

 

高さは3776メートル?いや、3775Mに縮んだ!?

 

 「 富士山を見習おう 」の語呂合わせで3776メートル。

しかし、2014年4月1日改算で1M縮んで3775.51メートルに。


富士山といえば青木ヶ原樹海

 

 言わずと知れた自殺の名所である。

理由は、磁場の影響だとかで、方位磁石が狂うから

一旦、迷いこんだら2度と抜け出せないからだと

何かの本で読んだことが有る。

 そう言えば、これを題材にした漫画を子供の頃

読んだ事が有るが、題名は「 サバイバル 」だったと

記憶している。

 作者は「 ゴルゴ13 」で、おなじみの

「 さいとう たかお 」氏。

 ハッキリとは思い出せないが、何かの理由で

樹海の中に迷い込んだ男性の主人公が、

〓 SoftBankのCMに出てくる「 お父さん 」の様な

犬と一緒に富士の樹海の中を逞しく生きるストーリー

だったと思う。

 

サバイバル 文庫 全10巻+ 外伝 完結セット (リイド文庫)
クリエーター情報なし
リイド社

 

自殺を勧めるつもりは毛頭ないが

 

 よくニュースなんかで、電車に飛び込んで自殺したとか、

ビルの屋上から飛び降りて自殺したとか、いう報道を耳にする。

 無論、自殺して良い訳は無いが、自殺する方は、

きっと、「 それ相応の理由 」が有るのだろう。

 しかし、上記した様に電車に飛び込んだり、

ビルから飛び降りたりする方法で死を選択する人って、

ハッキリ言って、まるで他人の迷惑を考えない質の人間だと

常々、思っている。

 

 要は、死に方1つ取っても自己中心的なのである。

 

 電車を止めたら、何万人の乗客の足を止める事になるのか?

また、家族にも多額の賠償請求金が鉄道会社から来るのか?

こういった思考が欠落していて、自分本位であると感じる。

 また何年前だったか忘れたが、とある女性が、

池袋の駅ビルの屋上から、飛び降り自殺を図った。

 結果、落下した地点には歩行者が大勢居て、

運悪く、そこを歩いていた何の関係も無い

男性が巻き込まれて落下して来た女性に当たり死亡した。

 

 この女性は、この雑踏で溢れかえる人混みの中に

飛び降りたら、自分以外にも犠牲者が出る、と言う事は考える

余裕も無いほどに追いつめられての自殺だったのだろうか?

 しれにしても、無関係な何の罪もない他人を巻き込んで

大迷惑な事件だなーと率直に思った。

 

「 だが、くじけちゃいけねぇ!! 」

 

 とは、時代劇で観た松方弘樹氏が扮する名奉行、

「 遠山の金さん 」こと遠山金四郎のセリフで、とても印象深い。

 富士の樹海の中に入って自殺を選ぶ方の周りには、

その死を悲しむ人は、いらっしゃるに違いないが、

無関係な他人を巻き込まない分だけ善良だと言える。

 しかし、どうか死よりも前向きに生きる事を選んで頂きたいものである。

 

あきらめる勇気─人生はあきらめが9割残りの1割で幸福になる方法
クリエーター情報なし
ハート出版

 瓦版ブログは amazon.co.jp を 宣伝しリンクする事に依って、

サイトが紹介料を獲得できる手段を 提供することを目的に設定された

アフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加