何しろ1日1投稿がモットーの瓦版ブログです♪

2014年6月8日、日曜日YouTubeにgooボタンが付いていたので登録♪継続は力なり!を最優先。内容は投げやりかも。

覚醒剤は最初から手を出さないのが超重要

2016年12月30日 23時58分25秒 | 覚醒剤

 

1回打ったら抜け出す自信はない

 今回は以前にも当「 瓦版ブログ 」でも上げたが、
覚醒剤の怖さについて改めて触れてみたい。

今日は、覚醒剤取締法違反の罪で逮捕された
清原和博氏のYouTube動画を拝見していた。

 最近撮られたTVのインタビュー番組の
アップ動画だったが、清原氏は覚せい剤の事を
悪魔、怪物 」と称していた。

またプロ野球選手として活躍していた現役時代も
グリーニー 」とか言う覚せい剤によく似た成分の
興奮剤を使用していたとの事。

この薬物を使うと連戦で疲れが溜まっていた時でも
集中力が増したという。

但し、覚醒剤に関しては、「 引退後 」からの
使用であると、述べていた。

始めの1回目を打たないことが何より重要

 よく言われるのが、
覚せい剤は元気の前借り 」だと言う事。

覚醒剤を使用した瞬間は、大脳辺緑系に作用して
擬似的な幸福感や恍惚感を覚えるのだそう。

この時は、凄まじい集中力が発揮され
何日間も寝ないでいられるのだとか。

これが元気の前借りと言われる所以であるが、
薬物の効果が切れた途端、激しい脱力感
空虚感に襲われ、何日間も死んだように眠るのだという。

 しかし本当に問題なのは、この後の激しい
薬物依存 」である。

私めは覚醒剤なる物を使ったことが無いので
( これからも使うつもりは無いが )知り得た知識でしか
説明できないが私めでも、おそらく
1度でもコレを使えば抜け出せる自信はない。

 タバコやお酒などでもニコチン依存や
アルコール依存症と言う概念は有るが、
覚せい剤の場合は依存度が
これの比では無いだろう。

何故ならば、1度でも使用してしまうと
覚醒剤の場合、体が欲しがるのではなく
脳が欲しがる 」のだという。

 薬の効果が切れると幻聴や幻覚を感じ、
体はボロボロになってゆくが、再び使用することで
また恍惚感に浸れる仕組みになっている。

しかし1回目程は強くは効かない。

これが、覚醒剤の持つ無限地獄の罠では有るが
1回この罠に落ちると常人では
なかなか抜け出すのは難しく、
再犯率が高いのも、この覚醒剤である。

 つい最近では大人気だったチャゲ&ASKAの
ASKA容疑者が覚せい剤の再犯で逮捕されている。
( 嫌疑不十分で不起訴 )

涙を流しながら息子に合いたいと訴える清原氏

 覚醒剤を完全に断ち切るまでは、
自分の子供達にも会わせて貰えないのだと言って
泣いて居た清原氏。

 甲子園に出場していた時代は解説者に
「 甲子園は清原のために有るのかー! 」とまで言わしめた
過去の栄光は地に落ちていると思う。

だが昔から応援してくれているファンの方々のためにも
今が正念場であろうが、頑張って再起を果たして貰いたい。

 何しろ一番大切なのは、繰り返し述べるが
最初から覚醒剤には手を出さないこと 」である。

 戦時中は特攻隊員が恐怖を和らげる為に使用し、
( 全てでは無いだろうが )戦後も一時期は
普通に町の薬局で「 ヒロポン 」という名前で売られていた
覚醒剤は、確実にあなたの人生と、
周りの人々の生活までをも、情け容赦無く破壊する。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

5個セット 薬物検査キット(メタンフェタミン) 【覚醒剤検査用】
<span >価格:9723円(税込、送料別) (2016/12/31時点)


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

覚せい剤、1回でも打ったら終わる

2016年02月16日 23時27分37秒 | 覚醒剤

清原容疑者に覚醒剤密売か 沖縄で男を逮捕(16/02/16)

 

 

「 1回くらいなら大丈夫 」は完全なる見込み違い

 最近、あの球界のスーパースターと言われた、

清原 和博 容疑者( 48 )が覚醒剤の所持で逮捕されてから、

これに関連したニュースが後を絶たない。(´・ω・`)

 

 私めも、この事件には非常に関心が高く、

いろいろとネットで有益な情報を収集しているのであるが、

1つだけ確定的に分かったことがある!

 

 それは、「 覚醒剤 」( シャブ )と言う代物は、1度でも手を出したら、

もう、その強烈な依存性から中毒になり、泥沼から抜け出せない!!

と言う事だ。

 それは、タバコが辞められないとかのレベルのでは無いという。

何故なら、「 脳 」が薬を再び欲しがるからだ。

 

 中には悪意の塊の様な輩も居て、

「 コレは、良く効く風邪薬だよ♪ 」

などとテキトーなウソを付いてまで覚醒剤を

「 だまし打ち( 討ち ) 」して、親しい人間をシャブ中にする

悪魔の様な人間もいるらしい。

 この様な類の極悪非道な人間は、もはや

中世の魔女狩りが行われて居た時代に、

その人の財産が目当てでウソの告発をして、

処刑された人の財産を、せしめる輩と同類では無かろうか。

 最終的には、シャブを買ってくれる覚醒剤の中毒者を

1人でも多く増やして、己の利益を確保するのが狙いなのか、

人の人生を平気で破壊する、この手の人間は、

持っているのが注射器でも、出刃包丁と何の代わりが有ろうか?

 

 もっと凶悪な例では、カラオケBOXに置かれてる

「 ご自由に、お取り下さい 」と書かれている、

サービス品の飴玉にすら、覚醒剤が仕込まれて有ったという。

 

「 人間、辞めますか?それとも覚醒剤やめますか? 」

と問われても、打った後では、おそらく意志の力だけでは無理だろう。

 大切なのは、初めから手を出さないこと!

これに尽きよう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

覚せい剤は、あなたの人生を破壊する

2016年02月05日 23時30分54秒 | 覚醒剤

 

元プロ野球選手の清原 和博容疑者が逮捕された!

 

 久々の投稿に、なります。(ゝω・) テヘペロ。

 

 さて、今日のお題は、「 覚せい剤の持つ恐ろしさ 」である。

 基本的には、特に覚せい剤などは一回、常習的に使うクセが

付いてしまうと、そこから抜け出すのは容易でないと言われている。

 なぜなら、覚せい剤などの薬物中毒は、その依存性が強烈で、

1回、使用して、その常習性にはまると、『 脳 』が欲するらしいのだ。

 

 そのにハマってしまったのが、清原和博容疑者だ。

覚せい剤を、所持、使用したとして、

覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された清原容疑者。

 これからの彼は、どうなっていくのか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加