どんぎょんダイアリー

ドンワン(シンファ)、イム・テギョンさんが大好きです^^

Kim Dong Wan & Im Tae Kyung

チピチギ ② -バラエティ-

2010-01-31 | キム・ドンワン
昨日紹介した지피지기(チピチギ)「知彼知己」の後半分です。

チャ・テヒョンさんのダンスもコメントが難しい・・・し、ヘソンにエリックと本当に
仲が悪いのか?との質問で、エリックからのメールにうろたえるヘソンなど笑える
部分が多いと思います。
ミヌが水の中に溺れたメンバーの中で、誰を一番先に助けるか?という質問に、最初に
エリックを助けて最後にヘソンを助けるという記事があって、それについて尋ねた時の
ヘソンとミヌのくだりも笑えましたニコニコ
ヘソンさん・・・本当にいじられ放しで可哀想だけど可愛いかったです。

ホン・ギョンミンさんは、カラオケで隣の部屋から自分の歌が聞こえてきたので嬉しく
なってコーヒーの差し入れをしたら、お礼は言われたけど顔を認識されなかったと
可哀想な経験が・・・
アンデ~アンデ~音譜の歌は皆知ってると思うけど歌の題名は知らない人が多かった
ので、それから自分の持ち歌のカラオケの番号を覚えたらしいです。。。
今も覚えてるのでしょうか~??

ギョンミンさんの韓国HPに、"special edition"アルバム発売を契機に、2/17(水)SBS
"キム・ジョンウンのチョコレート"出演の録画予定の公示がありました。
スケジュールを見ると、2/6にチョコレートの予定が入ってるのですが、どちらに
してもチョコレートに出演するみたいですので、放送を楽しみに待ちたいと思います。



071008 [Zip zig i] - (4/6)


071008 [Zip zig i] - (5/6)


071008 [Zip zig i] - (6/6)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チピチギ ① -バラエティ-

2010-01-30 | キム・ドンワン
07年の지피지기(チピチギ)「知彼知己」というバラエティ番組映像です。
この番組はチームごとに意見が合うかどうかや、お互いのチームから質問を出し合って
答えていく形式の番組です。

ドンワンとホン・ギョンミンさんってキャラが似てると思うので(面白い点でも)、共演してる
バラエティ番組がないかな~と探してたら唯一この動画だけありました!
他にも共演してそうな気がするんだけど・・・

シナの方からはドンワン、ヘソン、ミヌのメンバーと、ホン・ギョンミン、チャ・テヒョン、
ホン・ギョンイン(名前が紛らわしい・・・あせる)が出てます。
このメンバーだと話術が卓越してる人が多いので、やはりヘソンとテヒョンさんがいじられてて
2人とも可愛かったし、凄く面白かったですニコニコ

一部を紹介しようと思ったのですが、どの部分も面白いし、選ぶのが無理なので分けて紹介します。

ドンワンがシナのメンバーの第一印象の話、ヘソンが酔っ払ってドンワンに電話をした時の話、
テヒョンさんが自分ではウイットに富んでると思ってるのに、ギョンミンさんがフォローしてる話
など、言い出したらキリがないのですが、この前半の部分だけでも凄く楽しめると思います。

スプーンよりもナイフのほうが、鏡として使うのにはいいそうです→ドンワンが力説してます!


071008 [Zip zig i] - (1/6)


071008 [Zip zig i] - (2/6)


071008 [Zip zig i] - (3/6)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「秘密愛」MV 他

2010-01-23 | ユ・ジテ&イ・ジョンジェ
ユ・ジテさんの映画、비밀애(ピミレ)「秘密愛」のMVです。
公式HPも出来てて、まだMVと写真位しかあがってませんが、これから
増えていくのでは・・・

前髪を下ろしたジテさんって若く見えて、このMVを見てたら、가을로(カウロ)
「ノートに眠った願いごと」
の映画でのジテさんを思い出しました。
二役を演じてるジテさんの演技も楽しみだし、映画の詳細が余りあがってないので
本当に心待ちにしたいと思います。
日本公開が今年上半期予定という記事を見たのですが、一体、いつなのでしょう・・・?

비밀애(ピミレ)「秘密愛」HP

イ・ジョンジェさんの新作情報は殆ど分かりません・・・しょぼん
クランクインしたばかりだから、これから記事がでてくるのかなと期待をして
待ちたいと思います。

시월애(シウォレ)「イルマーレ」の主題歌の「Must Say Goodbye」のMVです。
新作映画とは全く関係ないのですが、急に見たくなってあせるあせる

そう言えば、今日の「チョナンカン」に出演するんですよね!



비밀애(ピミレ)「秘密愛」MV



시월애(シウォレ)「イルマーレ」MV
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最後だとわかっていたなら-ポエム-

2010-01-20 | その他
「牛の鈴音」の映画を観てきました。
日々の生活を漠然と過ごしてきた私にとっては、生きていくと
いうことの意味を凄く考えさせられた感じがします。

その帰りに書店に寄って、ふと目についたのがこの本。。。
「最後だとわかっていたなら」という詩集です。
普段殆ど詩集なんて読まなくて、何でこの本を手にしたのかも
分からないのですが、少し読んでみてすぐ購入してしまいました。
アメリカの女性の方が自分の子供を亡くされて、その子に
伝えたかった事を詩にまとめて発表した本です。

大事な人を亡くされた経験は誰にでもあると思います。
私も、亡くなってから伝えたかった事や後悔の思いがこの本を
読んで色々思い出されて涙がでてしまいました。

同じ日に映画と本の両方で、生きていくことの意味、後悔を
しない生き方などを考えるように提示された気がします。


「最後だとわかっていたなら」 ノーマ コーネット マレック(訳:佐川睦)

あなたが眠りにつくのを見るのが最後だとわかっていたら、
わたしは、もっとちゃんとカバーをかけて、神様にその魂を
守ってくださるように祈っただろう
(一部省略・・)

あなたは言わなくてもわかってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたら、一言だけでもいい・・・
「あなたを愛してる」と、わたしは伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でも、もしそれがわたしの勘違いで、今日で全てが終わるのだと
したら、わたしは、今日、どんなにあなたを愛してるか 伝えたい

そして、わたしたちは、忘れないようにしたい

若い人にも、年老いた人にも、明日は誰にも約束されていない
のだということを
愛する人を抱きしめられるのは、今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら、今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら、あなたは今日を後悔するだろうから
(一部省略・・)

だから、今日、あなたの大切な人たちをしっかりと抱きしめよう
そして、その人を愛していること。
いつでも、いつまでも大切な存在だということをそっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう
そうすれば、もし明日が来ないとしても、あなたは今日を後悔しない
だろうから
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リメンバー・ミー -映画ー

2010-01-13 | ユ・ジテ&イ・ジョンジェ
ユ・ジテさんのファンミに行ってからもう1カ月近く・・・
YOU TUBEで何気に検索してたら、ジテさんの音源がありましたえっ
ビックリした~あせるあせる

リメンバー・ミー(동감(同感)のOSTに収録されてるジテさんの語りで、
映画の中では使用されてないのですが、凄く久しぶりに聴きました。
(동감(同感)の主題歌は12/27ブログご覧下さい)、
この声を聴いたら、ファンミの朗読が思い出されてきました・・・
やはりこの声が好きだな~と改めて実感ニコニコ

映画の内容は時空を超えた出会いの話で、イ・ジョンジェさんの「イル・マーレ」と
シチュエーション的には似てるとは思います。
最後の展開には涙してしまいましたが、観終わった後に爽やかな気分になれる
映画だと思います。





「あなたを描いて」

遠くて、会えないとしても 愛することが出来ないことではありません。

むしろどこかにあなたの姿を、胸の中にしまって愛することが、
さらに美しいことのようです。

私たちが会うことができるならば、私たちが一度でも会えるならば、
本当に愛することができるはずなのに  愛していますあなたを...


「너를 그리며」

멀리있다고 보이지 아는다고 사랑할
수 없는건 아니잖아요

오히려 어딘가에 있을 그녀의 모습을
가슴 속으로 지켜보며 사랑하는게
더 아름다울거 같아요

우리가 만날수 있다면
우리가 한번만 서로를 볼수 있다면
진짜 사랑할 수 있을텐데
사랑합니다...



リメンバー・ミー(동감(同感)韓国映画 2000)

監督 : キム・ジョングォン
出演 : ユ・ジテ キム・ハヌル
ジャンル : ドラマ




ストーリー:
1979年に生きる女性と、2000年に住む男性の時を越えた魂の“交感”。1979年当時の世相を折り込み、人の縁を感じさせる巧みなシナリオ、
涙を誘う素敵なラスト。

大学の先輩で最近除隊して復学したチ・ドンヒに恋心を抱いているユン・ソウン(キム・ハヌル)。片思いの彼女は、脚を怪我して入院中の親友
ホ・ソンミに恋の悩みを打ち明ける毎日を送っている。そんなある日、ソウンが皆既月食を見つめていると、不思議な出来事が。壊れているはず
の中古無線機からチ・イン(ユ・ジテ)のコールが聞こえてきたのだ。
チ・インは、何かと彼の面倒を見たがる女の子ソ・ヒョンジといるより無線機をいじっているほうが楽しいアマチュア無線マニア。無線の会話で、
同じ大学に通っている事を知ったソウンとインは、大学にある時計台の前で会う約束をする。しかし、どんなに待っても相手は現れない。
そして、再び無線交信した二人は驚くべき事実を知る。ソウンは1979年に、インは2000年に生きていたのだ。
しかし、驚愕の事実はそれだけではなかった・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加