どんぎょんダイアリー

ドンワン(シンファ)、イム・テギョンさんが大好きです^^

'공항 가는 길(空港に行く道)' D-2、特別な題名の秘密..."なぜ空港であろうか?"

2016-09-19 | イ・サンユン
9月21日から放送が始まるイ・サンユンさん出演のドラマ、
'공항 가는 길(空港に行く道)' 記事です~


連日少しずつ情報がでてくると、もうすぐなんだなあと
楽しみになってきます




※コメント欄、外してます。。。





'공항 가는 길(空港に行く道)' D-2、特別な題名の秘密..."なぜ空港であろうか?"


'공항 가는 길(空港に行く道)' なぜ空港であろうか。

KBS 2TV 新 水・木ドラマ'공항 가는 길(空港に行く道)'(脚本イ・スキョン/演出キム・チョルギュ/製作スタジオドラゴン)が来る9月21日初放送
される。'공항 가는 길(空港に行く道)'は"メロが許諾した最高の感性に会う"という作品のメインコピーのように、今秋テレビ劇場を深い感性で
満たすただ一つのメロドラマになる展望。





'공항 가는 길(空港に行く道)'は感性職人として指折り数えられる製作スタッフ、キム・ハヌル、イ・サンユン、チェ・ヨジン、チャン・ヒジンなど
色ある俳優の合流など多様な期待要素を備えている。ここに少し特別な題名 '공항 가는 길(空港に行く道)'に対する気がかりなことまでより
増して、ドラマが初放送される9月21日を指折り数える予備視聴者が増えている。ここらで特別な題名'공항 가는 길(空港に行く道)'の本当の
意味をそっと覗こう。


◆空港という空間が持つ特別な感性

空港は離れる人のときめきと送る人の懐かしさが共存する所だ。多くの人々の別れと会う、再会がなされる空間でもある。それだけ多様な
感情が交差して手にあまってあがる所が空港だ。ドキドキすることに自ずとつくられる微笑も、ひっそりと盗み出る涙も空港では馴染む。

'공항 가는 길(空港に行く道)'は感性メロドラマだ。繊細な感性が劇全体を合わせて,この感性は劇中人物はもちろんTVの前視聴者たちの
胸までたたく。このような側面で色々な感情が幅が広く垂らす'空港'はキム・チョルギュ監督-イ・スキョン作家の感性魔法が咲くのに適合した
空間になるだろう。


◆乗務員とパイロット、劇中人物の職業

'공항 가는 길(空港に行く道)'の女主人公チェ・スア(キム・ハヌル役)は経歴12年の副事務長乗務員だ。彼女は家では娘の子供をおいた母親
だが、空港にくればベテラン乗務員になる。いつも飛行スケジュールをチェックして多くの人々と向き合う生きる。主人公チェ・スアとまた他の
人物を通し見せてくれる乗務員の世界。これらの話を聞かせるのに空港はこの上ない空間になるだろう。


◆意味ある出会いが成り立つ場所'空港'

多くの人々が別れて会う空間であるだけに、劇中人物の特別な出会いと別れることも'空港'でなされるという製作スタッフの伝言だ。ドラマの題名
'공항 가는 길(空港に行く道)'は誰かに会いに行く道日数も、誰かと別れに行くところでもある。題名'공항 가는 길(空港に行く道)'に含まれた
意味を類推すること、またドラマを楽しむ特別な視聴ポイントになるだろう。

一方'공항 가는 길(空港に行く道)'は人生の2番目の思春期を体験する2人の男女を通じて共感と慰労、窮極の愛を見せる感性メロドラマだ。
'春の日は過ぎ行く'など忠武路(チュンムロ)で新鮮なメローで脚光を浴びてきたイ・スキョン作家と、'ファン・ジニ' '応急男女'など感性演出で名が
知られたキム・チョルギュ監督の組合がドラマに向かった期待値を高めている。


@enews24



『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« '공항 가는 길(空港に行く道... | トップ | '가요광장(歌謡広場)' キム... »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。