どんぎょんダイアリー

ドンワン(シンファ)、イム・テギョンさんが大好きです^^

‘공항 가는 길(空港に行く道)’、2幕開かれる…キム・ハヌル❤イ・サンユン愛することができるだろうか?

2016-10-19 | イ・サンユン
イ・サンユンさん出演のドラマ、'공항 가는 길(空港に行く道)'
折り返し点を回ったドラマのこれからの4ポイントな記事です~


下の写真はサンユンさんの事務所がUPしたドラマ リハーサル
ビハインドカットのサンユンさんです


ドウの妻だけでなく、スアの夫もかなりのくせ者の嫌な感じで
これからの2人の進む道は険しそうな・・・ㅠㅠ



※コメント欄、外してます。。。




161019- 지독하게 슬프거나, 지독하게 고민중이거나~~"공항가는 길" ep_9 예고






@제이와이드컴퍼니







‘공항 가는 길(空港に行く道)’、2幕開かれる…キム・ハヌル❤イ・サンユン愛することができるだろうか?





折返し点を回る‘공항 가는 길(空港に行く道)’、もう2幕が開かれる。

KBS2TV 水・木ドラマ‘공항 가는 길(空港に行く道)’(脚本イ・スキョン、演出キム・チョルギュ)が8回まで放送されて折返し点を回った。初放送
からテレビ劇場に風変わりな感性の波をプレゼントして'well made'という好評を引き出したほど‘공항 가는 길(空港に行く道)’が後半部に解き
ほぐす話に関心が集まっている。 2幕の観戦ポイントを調べた。


◆キム・ハヌルの辞職決心、差しせまってくる変化

劇中チェ・スア(キム・ハヌル)はベテラン乗務員であり娘の母親だ。チェ・スアはワーキングママなので職場でも家に帰ってきても色々な現実の
壁と当たらなければならなかった。しかし夫パク・ジンソク(シン・ソンロク)は相変らずチェ・スアには不便な人物。そうしている間、夫の決定に
より無計画に転校することになった娘パク・ヒョウン(キム・ファニ)が学校でいじめにあうのを目撃した。

限界値まで達っしたチェ・スア。娘をひとりで家において飛行のために空港に向かったチェ・スアは秋日差しに余裕があるように洗濯物を干す
女を目撃した。そして肝を冷やした。結局チェ・スアは辞職を決心した。すでに他の人生を始めることになるチェ・スアにどのような変化が差し
せまってくるのか注目される。


◆秘密げなチャン・ヒジン、彼女が隠していること

キム・ヘウォン(チャン・ヒジン)は未婚の母としてひとりで娘エニ(パク・ソヨン)を育てて、今の夫であるソ・ドウ(イ・サンユン)と再婚した。今まで
ソ・ドウはそのようなことだと思っていた。しかしエニが亡くなってソ・ドウは実の娘のように惜しんだエニが今までとうてい表わせなかった秘密
などと向き合うことになった。エニをひとりで育てたのはキム・ヘウォンでなくエニの実父だったとの事実があらわれた。キム・ヘウォンが隠して
いる秘密と、秘密が呼び起こす波紋が何なのか気がかりなことを加える。


◆シン・ソンロクとチェ・ヨジンの関係、変化を呼び起こすのか

パク・ジンソクはチェ・スアの夫で、ソン・ミジン(チェ・ヨジン)はチェ・スアの親友。しかし2人は過去に同居した間であり、チェ・スアはこの事実を
知らないままパク・ジンソクと結婚した。今まで水面上に表れなかったパク・ジンソクとソン・ミジンの過去が明らかになった。そしてパク・ジンソ
クは何もなかったようにソン・ミジンに接近し始めた。2人の関係と感情はどのような変化を呼び起こそうか。


◆キム・ハヌル、イ・サンユン、壊れてしまった3無間

似た状況に共感してお互いの悲しみに慰労になったチェ・スアとソ・ドウ。彼らはお互いの曖昧な関係を‘3無間’と示した。'望まない、触れない、
別れない'。3種類がない関係であること。しかし正体が分からなく引きずられるために彼らの関係に変化が起き始めた。

‘공항 가는 길(空港に行く道)’は人生の2番目の思春期を体験する2人の男女を通じて共感と慰労、窮極の愛を見せる感性メロドラマ。折返し
点を回って嵐のような感情のうず巻きを予告した‘공항 가는 길(空港に行く道)’の2幕初めてのスタートは、今日(19日)午後10時に放送される。


@텐아시아


『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シンファ、来る22日新曲‘아는... | トップ | テギョンさん出演~@チョン... »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。