どんぎょんダイアリー

ドンワン(シンファ)、イム・テギョンさんが大好きです^^

'귓속말(耳打ち)’ イ・サンユンvsクォン・ユル、水火分けない2人の男

2017-05-16 | イ・サンユン
サンユンさん出演のドラマ '귓속말(耳打ち)'
昨日放送の記事です~


この2人の駆け引きは見応えあったなあ・・・



※コメント欄、外してます。。。





‘귓속말(耳打ち)’ イ・サンユンvsクォン・ユル、水火分けない2人の男






15日放送されたSBS月・火ドラマ‘귓속말(耳打ち)’(パク・ギョンス脚本、イ・ミョンウ演出) 14回では、法律会社'テベク'をおいて花火戦を行うイ・ドン
ジュン(イ・サンユン役)、カン・ジョンイル(クォン・ユル役)の姿が描かれた。

この日イ・ドンジュンとシン・ヨンジュ(イ・ボヨン役)はチェ・イルファン(キム・ガプス役)をカン・ユテク(キモンパ)殺人疑惑で緊急逮捕した。引続き2人
の矢はチェ・スヨン(パク・セヨン役)とカン・ジョンイルに向かった。チェ・スヨンの首根っこを捉えて共犯に追い込んだしカン・ジョンイルにまで圧迫が
行くようにした。カン・ジョンイルは2人が狙うのが自身であることを直感して、チェ・イルファンを訪ねて行った。

カン・ジョンイルはチェ・イルファンに‘テベク’の代表になることができるように推戴してほしいと提案した。チェ・スヨンが自身の弱点を握っていると
いう言葉でチェ・イルファンを説得したのだ。チェ・イルファンはチェ・スヨンが拘束されることを防ぐために、また崩れていく‘テベク’を生かすために
カン・ジョンイルの提案を受け入れた。結局チェ・イルファンは罪を自白して、チェ・スヨンを抜け出せるようにした。

その後、'テベク’の非常全権の代表を選ぶ常任顧問団会議が開かれた。チェ・スヨンは父親の思い通りカン・ジョンイルを推戴した。しかしこの時、
イ・ドンジュンがカン・ジョンイルの悪行を告発して状況をひっくり返した。イ・ドンジュンはチェ・スヨンとの離婚を宣言、‘テベク’を正常化させた後に
離れるという言葉で顧問団を説得させた。

'テベク’の臨時代表になったイ・ドンジュンはチェ・イルファンの法律支援を全部中断させた。そしてシン・ヨンジュと共にチェ・イルファンの秘密資金
出処を明らかにして‘テベク’を押し倒そうとした。チェ・スヨンに‘テベク’を生かしたいならカン・ジョンイルを渡しなさいと脅迫して、カン・ジョンイルの
手足であるチョ・ギョンホ(チョ・ダルファン役)を秘書室長に任命してカン・ジョンイルを引き締めていった。

これに対しカン・ジョンイルはイ・ドンジュンを窮地に追い立てた。常任顧問料決済書類を差し出した。常任顧問料は‘テベク’の秘密資金通帳から
出る。イ・ドンジュンがこれを決済すれば不法で、決済しなければ‘テベク’の代表が変わってしまう。

サインできないというカン・ジョンイルの予測とは違ってイ・ドンジュンは超強気にでた。犠牲を甘受しても‘テベク’とカン・ジョンイルに取りかかる機
会をつかんだのだ。このようなイ・ドンジュンの正面突破で‘귓속말(耳打ち)’の展開はより一層拍車を加えることになった。

この日イ・ドンジュン、カン・ジョンイルの頭脳戦は激しくまた激しかった。絶えず戦勢をひっくり返して視聴者たちを目を離すことができなくさせた。
最後のカン・ジョンイルの予測を跳び越えたイ・ドンジュンの正面突破は画竜頂点をつけてぴりっとすることを抱かれた。

何事も厭わない2人の男の激突。この日‘귓속말(耳打ち)’ 14回は自らの最高視聴率17%(ニールセンコリア、全国基準)を記録してテレビ劇場の
熱い反応を引き出した。


@TV리포트

『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イ・サンユン、7月30日 日本 ... | トップ | '귓속말(耳打ち)'イ・ボヨ... »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。