どんぎょんダイアリー

ドンワン(シンファ)、イム・テギョンさんが大好きです^^

‘공항 가는 길(空港に行く道)’キム・ハヌルがイ・サンユンに慰労である理由

2016-10-12 | イ・サンユン
イ・サンユンさん出演のドラマ、'공항 가는 길(空港に行く道)'
サンユンさん記事です~

このような写真も別にUPされてたので一緒に








※コメント欄、外してます。。。






‘공항 가는 길(空港に行く道)’キム・ハヌルがイ・サンユンに慰労である理由





KBS 2TV水・木ドラマ‘공항 가는 길(空港に行く道)’(脚本イ・スキョン/演出キム・チョルギュ/製作スタジオドラゴン)が自らの最高視聴率を更新
して熱い関心を集めている。人物の感情線を緻密についていって高めさせる ‘感性メロ’ ジャンルの真価が光を放ったという反応だ。その中心
には偶然のようにあるいは運命のように向き合うことになった2人の男女チェ・スア(キム・ハヌル役)とソ・ドウ(イ・サンユン役)がいる。

劇中チェ・スアとソ・ドウを貫く2種類のキーワードは‘共感’と‘慰労’だ。最初2人は子供を他国にひとりで置いてきたという似た状況で、顔も分か
らないままお互い共感した。そしてソ・ドウはちょうどその時に娘と別れたチェ・スアにとって暖かい慰労になってくれた。その後ソ・ドウの娘エニ
(パク・ソヨン役)が亡くなった時、今度はチェ・スアがソ・ドウに胸詰まった感じでよく聞こえない慰労になった。

このような‘共感’と‘慰労’が、‘縁’という紐でより一層強力に2人を縛っている。そしてお互いに向かった慰労の強度が爆発したのが去る6回エン
ディングだ。ソ・ドウが実の娘のように惜しんだエニの死に続き、ソ・ドウの母親であるコ・ウニ(イェ・スジョン)が亡くなった。ソ・ドウには耐えられる
ことさえ力に余った悲しみが集まったのだ。そして彼のそばに訪れたのはチェ・スアであった。

コ・ウニが死ぬ前に最後に会った人がチェ・スアであった。コ・ウニがソ・ドウの母親であること、彼女が息子に残した手紙があるという事実を思い
出させたチェ・スアは説明することはできない悲しみに包まれたままソ・ドウに走って行った。葬儀場で向き合った2人。ソ・ドウは他の誰でもない、
チェ・スアの懐で涙を流した。そして彼女によって‘慰労’をもらった。

こうした中10月12日‘‘공항 가는 길(空港に行く道)’製作スタッフは、ソ・ドウの悲しい姿が入れられた7回の一場面を公開した。懐に母親の霊前
写真を抱いたまま歩いていくソ・ドウ。彼のそばには妻であるキム・ヘウォン(チャン・ヒジン役)が一緒にいる。しかし‘エニ’の死後、キム・ヘウォ
ンが抱えていた秘密が徐々にあらわれている状況。キム・ヘウォンはソ・ドウの信頼を押し倒している。6回エンディングでソ・ドウに慰労になって
くれたチェ・スアの存在がもう一度大きく近づく理由だ。

母親の死はド・ドウの人生にどんな影響を及ぼすだろうか。そしてチェ・スアの慰労は彼の人生をまたどのように変えていくだろうか。‘共感’と
‘慰労’、そして‘縁’で縛られていく2人の男女の話が‘공항 가는 길(空港に行く道)’をどのように満たすのか成り行きが注目される。

‘공항 가는 길(空港に行く道)’ 7回は、今日(12日)午後10時放送される。


@헤럴드POP



『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« '공항 가는 길(空港に行く道... | トップ | テギョンさん記事からの写真.... »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。