どんぎょんダイアリー

ドンワン(シンファ)、イム・テギョンさんが大好きです^^

‘귓속말(耳打ち)’、悪に勝つために悪よりさらに誠実だった&8回予告

2017-04-18 | イ・サンユン
サンユンさん出演のドラマ '귓속말(耳打ち)'
昨日放送の記事と今日放送の予告映像です~


昨日の放送はまだ見れてないのですが・・・

本格的な反撃開始のような感じがします~



※コメント欄、外してます。。。




SBS [귓속말] - 18일(화) 예고






‘귓속말(耳打ち)’、悪に勝つために悪よりさらに誠実だった





“悪に勝とうとするなら悪より誠実でなければならない。これは大法院長様から習いました”

‘귓속말(耳打ち)’イ・サンユンが大法院長に向かって本格的な反撃を始めた。

17日放送されたSBS月・火ドラマ‘귓속말(耳打ち)'(脚本パク・ギョンス、演出イ・ミョンウ)ではイ・ドンジュン(イ・サンユン役)とシン・ヨンジュ(イ・ボヨ
ン役)がシン・チャンホ(カン・シニル役)の汚名をはがすために立ち向かう場面が描かれた。

シン・ヨンジュの父親であるシン・チャンホ(カン・シニル役)は夏を超えることができない状況だった。イ・ドンジュンはシン・チャンホを訪ねて行って許
しを請うた。イ・ドンジュンは、“私が裁判を間違った。お嬢さんがくれた証拠も私が失くした。怖くてひざまずいた”と告白した。死を控えたシン・チャン
ホもやはり後悔すると明らかにして世の中を変えようとするなと寂しく話した。イ・ドンジュンはシン・チャンホに、“裁判を再び始めるだろう。間違って
下した判決を再び審判するだろう”と念を押した。

イ・ドンジュンは本格的にチャン・ヒョングク大法院長(チョン・ククァン役)とカン・ジョンイル(クォン・ユル役)と対抗し始めた。イ・ドンジュンはチェ・イル
ファン(キム・ガプス役)に手を握って大法院長とカン・ユテクを追い出して'テベク'を掌握しようと提案した。イ・ドンジュンは、“母親のお腹の中で捨て
られた息子と作男の息子が手を握って小作争議をしよう”と話した。イ・ドンジュンはチャン・ヒョングク大法院長の婿の不正スキャンダルを放った。

シン・ヨンジュはチャン・ヒョングクが婿の不正裁判に影響を及ぼした証拠を収集した。イ・ドンジュンはチャン・ヒョングクから代価を約束受けて大法
院長に有利な判決をしたユ・ジョンス判事を説得した。ユ・ジョンス判事は良心の告白をしたし、チャン・ヒョングクは危機に処した。イ・ドンジュンは、
チャン・ヒョングクに自身の沈黙を代価で防衛産業不正に関わった報国産業関連者に法廷最高刑を宣告しろと指示した。

イ・ドンジュンは本格的にシン・ヨンジュの父親の汚名を晴らすために出た。一環は幽宅から'テベク'を守るために戦う方法を選んだ。カン・ジョンイ
ルの殺人汚名を暴くというイ・ドンジュンを信じてシン・チャンホ殺人事件弁護チームを設けた。

カン・ジョンイルはシン・チャンホの2審裁判を防ぐためにチャン・ヒョングクを利用した。そして不安に思うチェ・スヨン(パク・セヨン)を安心させた。カ
ン・ジョンイルは時限付きであるシン・チャンホを利用して裁判を先送りするという作戦をたてた。シン・チャンホが死ねば、裁判は公訴権ないことで
仕上げされる。

イ・ドンジュンの反撃も侮れなかった。イ・ドンジュンは裁判官人事委員会9人の不正と弱点を捉えてチャン・ヒョングクを裏切るようにさせた。結局、
チャン・ヒョングクは没落することになった。チェ・スヨンはイ・ドンジュンとシン・ヨンジュの間を遠ざかるようにするために記者たちを呼んでキスした。
そしてこの姿をカン・ジョンイルが見ることになって混乱に陥ることになった。


@텐아시아

『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イム・テギョン ‘勝利のため... | トップ | '귓속말(耳打ち)'キム・ガ... »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。