DonkeyMの部屋

Donkeyはロバ。格好良くなく、足も遅い。「のろま」とか「馬鹿」といった意味。日々の感動、怒り、愚痴等を記事にしたい。

聞こえにくいということ!

2017-04-23 22:55:56 | 雑感

 小さい頃に中耳炎を繰り返していた関係で、自分の耳が聞こえにくいということは知っていた。しかし、他の人にどの程度聞こえているかなんて知りようがないので、まあ、こんなもんだと簡単に考え、それで通してきた。考えようによっては余計な雑音が入らないのだから、楽と言えば楽な話なのだ。

 しかし、最近、聞こえにくいことで困っていることがある。それは妻に呼ばれたときに気付かないことだ。特に、深夜、妻は寝返りを打てず、寝ていて姿勢を変えれなくなってきて、姿勢を変えたいときは私を呼ぶのだ。寝てしばらくは熟睡しているので、呼ばれることはあまりないようなのだが、眠りが浅くなってくると、時々姿勢を変えたくなる。まあ、だれでもそうだろう。私が熟睡しているときは、それは呼ばれても、気付かない。それはそうなのだ、仕方ないのだ。ただ、寝室を抜け出して、居間でパソコンをやっていたりするときに、何か音がすると、びっくりして妻の様子を見に行くことがしばしばある。ここは街中で、下にコンビニなどもあって、人通りが多く、外の話し声などもかすかに聞こえてくる。その外の声と妻の声が区別がつきにくいときがあるのだ。最近では、妻が呼ぶ声がしないか注意を払っていることが多い。また、トイレに行って、妻が用を足した後、私を呼ぶ。呼ばれた私は、トイレに行って、パンツを履かせて、車椅子に乗せ替え、洗面所に連れて行くことになるのだが、妻の呼ぶ声が小さいので、聞こえないときがあり、「何度も読んだのに!」と苛立つ妻に、閉口することがしばしばある。これも困ったことだ。だから、テレビを消してからトイレに連れて行くようにしているのだが、それでも、聞き逃しが出てしまう。まあ、トイレなのでドアを閉めて外で待っているので、余計聞きにくいという事情もあるのだが、まあ、待っている方にとってみればなかなか気付いてもらえない苛立ちも分からないでもないのだが・・・・。

 聞こえなくて困ることの一つに、クラシック音楽が聴けなくなったということがある。ピアニシモになると、全く音が聞き取れなくなってしまう。だから、聞いても、室内楽程度のものに限られてしまう。まあ、人には何かしらのハンディがあるもんだと思って、諦めることにしよう!そうだそうだ、ないものねだりしても始まらない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地図を広げて、アメリカと日... | トップ | フィルム買ってきたのだが・・・ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (ひろ)
2017-04-25 08:45:00
みんなのブログから来ました。
奥様の介護なさっておられるのですね。

私は難聴で夫の介護していたので まさに同じ状況でした。
近くの音は補聴器で拾えますが 遠くの音は聴けなくて。
手をたたく音は意外に聞こえて 手をたたいてもらっていました。
もう少ししたら笛にしようかと思っていました。
体力がないと手をたたくのも笛を吹くのも難しくなりますが。
ご自愛くださいませ。

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL