DonkeyMの部屋

Donkeyはロバ。格好良くなく、足も遅い。「のろま」とか「馬鹿」といった意味。日々の感動、怒り、愚痴等を記事にしたい。

傲慢な政府と怠慢な新聞各社(天皇生前退位問題)

2017-05-20 09:39:06 | 雑感

 安倍首相の傲慢なやり方がここまで来たかと、そら恐ろしい気がする。天皇のやむに止まれず、発せられた「お言葉」を憲法に触れる虞れがあるからと封印し、世間から避難されることを避け、そして、訳の分からぬ有識者会議に退位を検討させ、次々にその情報を垂れ流しにし、そして既成事実化して、自分たちの都合の良いように、思い通りに天皇を利用しようとしている。

 一方、新聞各社は政府発表を鵜呑みに、何の吟味も経ないまま記事にして情報を垂れ流す。こんな怠慢があっていいものか?大体、天皇が早めに皇位を皇太子に譲りたいとの希望を述べることが憲法違反になる筈もない。確かに、退位については、皇室典範に記載されているものだ。そこには生前退位の規定はない。むしろ、生前のうちに、皇位を譲りたいという素朴なお気持ちを、何年間にも渡って放置してきた政府の方が、それこそ、基本的人権を尊重するという憲法の基本理念に反しており、そして、あたかも(退位のお気持ちを)全く聞いていなかったかのように、言い逃れし、それが公になるや、「憲法違反の虞れ!」と天皇のお言葉がなかったかのように、無視することこそ憲法違反に当たるのではないだろうか?

 野党も野党だ。なぜ、こんな政府の傲慢なやり方を国会できちんと追及しないのだ。森友学園問題や加計学園問題どころじゃない。こっちの方が国の根幹に関わる重大な問題だろう。それを何で国会の中で問題にしない。呆れて物も言えない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テニスイタリア国際 ナダル... | トップ | ある新聞販売店の経営破たん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL