goo

窯が終わって

水曜日に歯医者に行った事は前に書いたけれど

次の日反対側の歯の冠が外れて、しかも休診日だったので

金曜日に再度受診

これはすぐに治ってよかった

それから右脇腹の筋肉痛が治らないので

本日近所の整骨院で治療

膏薬を貼った所がかぶれをおこして発疹が出ていて

一目見た先生が

「帯状発疹ですね。」と言う

「い・いや先生、これは膏薬を貼りすぎたために出た発疹ですよ。」

そんなやり取りがあって

肋間筋の炎症の疑いと言うことで治療

今日は静養日

それで

帯状発疹ってなに?

気になったのでネットで調べてみた

やっぱり違うな

電気をかけて、湿布をして休んでいたら

夕方には少し楽になってきた

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

万歳やりなおし解散

万歳の仕方から教えなきゃならないとなると

国民は大変だぞ

だいたい

歴史を振り返ると

万歳の後ろくな事がないじゃないか

兵士を戦場に送り出す時とかね

こんな事やめちゃえば良いのに

とまあどうでも良いことに気をもむより

日本が良くなるように

そして世界が良くなるように

頑張ってくれる人を見極める事の方が大事なんだよねえ

いろいろ問題はあるにせよ

69年間戦争も無かったし

世界的に見ると

まあまあの暮らしをしている日本だと思うので

そういう意味では悪いとも言えない気がする

民主主義と言うのは大体面倒な物で

色んな意見のある人達が、ある一定の方向に進んで行こうとするわけだから

時間がかかったり、まとまらなかったりするものだと思う

経済と言うのは「今」のものだから悠長な事を言ってられないけれど

政治は長い目でみて間違った方向に行かないようにしてもらいたい

それで

ここから先は好き勝手な事を書くので文句など言わないでね

まず選挙に国費を使うな

そして選挙と言うイベントにお金を掛けることによって

潤う人たちもいるんだから

このイベントを一年に一度やってよ(半年に一度でも良いよ)

つまりお金持ちの議員さん達が率先して国民にお金を撒いてくれるとありがたい

それから必ず誰かが当選すると言うシステムをやめて

信任を得られない人は落選するシステムにしてほしい

そもそも自分たちが不利になるような改革をするはずがないので

選挙制度は国会以外で決める

ある特定の党がずっと政権をとっていると

他の党が未熟になるので

持ち回りで政権をとって、全体の質が上がるようにする

いかがか?







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

分解

本日は窯冷ましの日

ここのところハードスケジュールで仕事をしていたので

体のあっちこっちが筋肉痛になっている

おまけに歯まで痛み出したので

歯科医院に電話したら今日の11時に予約がとれた

そういうことで、本日は体のメンテをするのだ!

と鼻息あらく歯科医院に行ったら

「すこし様子を見ましょう。」

と言うことで、歯石のクリーニングをして終わり

帰宅してお昼を食べ

ゆっくり体を休ませようかと思ったが

思い直してしばらくほっておいた土練機の分解掃除をすることにした

国会も総選挙ごときではなく大分解掃除をしたらええじゃないか

などと一人呟きながら土練機に向かったら

ボルトが錆び付いていて回らなくなっている

CRC556をたっぷりかけ、ハンマーを使いながらなんとか半分分解

そのまま中の粘土の掻き出し

結局6時半ころまでかかって、おおよその掃除終了

体をやすませるどころか

かなりハードなリハビリをやってしまった

それにしても

今回の衆議院の解散・総選挙は

色んな事が言われているけれど

今の国会と政府与党を良しとするか否とするかの意思表明をする良い機会だと思うのです

重要な案件を次々と強引に決めてきて

ここに来て国民に信を問うと言う

問われてやろうじゃないですか

それからね

選挙に国費は使わないことにしてもらって

ネットを活用したらどうですか?

膨大な借金をしてるんだから節約してもらわにゃね

それから・・・きりがないからやめますが

気合を入れて投票に臨むぞ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

うまいこと

本焼き中

現在約1200度

夕方くらいに終わる予定



さて先日「馬みたい」とおっしゃった妻だが

私のウエストにも注文をつけはじめたぞ

「貯めるのはお金だけでよい。」



馬はこれからの冬に向けて

脂肪を溜め込んでおるのじゃ

気にせんでくれ

なんなら

あんたに少し分けてやっても良いぞよ

と答えたものの


確かになあ


人類は二本足になった時から重力との戦いをしているのだろう

たれパンダは可愛いが

たれオヤジではどうも見苦しい


しかし、しかしですよ

実りの秋と言うではないか

米も美味けりゃ、芋も、キノコも

肉も魚も美味いじゃないか

牛乳だって濃くなって美味い


こういう時に自然の摂理に逆らって良いものだろうか?



この間

宇都宮に行った時

街中の看板に

「美しく太る。健康的に痩せる。お手伝いをします。」

と言うのがあったなあ

美味いこと・・・いや上手いこと言うではないか







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

柿の種

お茶の時間に

生協のチョココーティングの柿の種を食べた

さあ仕事に戻ろうと立ち上がった

妻が

「お口クチュクチュして行ってね。」

・・・

俺は子供か?

引き返して

お口クチュクチュして仕事場に向かった

子供たちが大きくなって

それぞれひとり暮らしをしているものだから

我が家は妻と二人きり

物言いの対象がこちらに回ってきたようだ

妻がだんだん母のようになってきて

俺はこれからどう生きていけばよいのだろうか?





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

馬みたいに

妻に言われた




「馬みたいに食べるね。」



・・・



俺は馬みたいか?




そう言えば以前



母にも言われた





「馬みたいに食べるね。」







(ネットから拝借)

http://spotlight-media.jp/article/35322926429892894



妻からも母からも

馬みたいに・・・って言われてもなあ




そもそも

褒められているのか、けなされているのか

わからん





妻の実家では

子供の頃、馬を飼っていたそうだ

母の実家にも、馬がいたなあ

俺は一緒に住んだことないから

感覚がわからん




映画ロッキーでも

何とかの種馬。ロッキー・バルボア!

って言ってたような気がするぞ


いや、それとは意味が違うか



それで馬というものはどれくらい食べるのかと思い

ネットで調べてみたら

>馬は本来草食動物です。 自然環境での馬は一日に約6割の時間草を食べて過ごします。
>馬の胃は少量しか収納できないシステムのため一度にたくさんのエサを食べられません。
>なので同じ量のエサをあげるにしても数回に分けてあげたほうがうまく消化でき、効率良>く栄養を吸収できます。

http://www.horsy.co.jp/column/zyouba_foods.html


だそうだ

これを読むと大食いと言うよりは

長時間食べているっていう感じ



そうかなあ

そんなに食べてるかなあ?

むしろ妻の方が

食べなさすぎるんじゃないのか?


「もうお腹すいたの?」

っていわれるけれど

昼の12時と

夕方6時に腹が減って

何が悪い!












コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ムスカ大佐が冬体制になりました

しばらくお休みしている間に

我が家の亀のムスカ大佐が冬体制になり

ご飯を食べなくなりました

ブログをさかのぼってみると

去年とほぼ同じような感じです

亀は温度によって(たぶん)食べたり食べなかったりしますが

人間はそうはいかない

寒くなったから・・・あるいは

円安になったからと言って

「じゃあしばらく食べないでいようか。」

なんてわけにはいかんのです

地球誕生以来

生き残ってきたのは

力の強さではなく

環境に適応してきた物だと言います

亀も環境に適応しつつ

犬よりも長く生きておりますなぁ

難しいことはよくわかりませんが

日本のような貿易立国は

円が安くなってはまずいのではないでしょうか?

食料自給率が3割と言う

つまり7割が輸入だとすれば

円安が進めば食べ物に困ることになるはず

我々陶芸家も

いかにして良いものを作り

自分の価値を高めていくか

と言うことに腐心しておるのですよ

円安になれば、海外の投資家が日本の株を買う

従って株価が上がって景気がよくなったような感じになるが

それは

展示スペースが良くなって作品が高そうに見えるだけで

実際置いてある作品は変わっていない

と言うことと似たことではありませんか?

作品を良くしなくちゃねえ


そんなことを言いつつ

自分の作品の質を上げるために

日々工夫を重ねているのですが

そろそろ素焼です


焼き物は時間がかかるのです








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ご無沙汰いたしております

元気でやっておりますが

研究・工夫を



休み休み・・・い・いや  体力と相談しながら鋭意がんばっております


この前の窯焚きで問題点はだいぶ改善されたのですが

まだ細かい点で解決しなければならない事もあり

そういう問題を一つ一つ解決しなければならない



大きな問題は小さなところを改善していって到達できるのかもしれませんなぁ


夕食後

削ってダメなら押してみたらどうか?と思いつき妻に相談

意外にシンプルな方法なんだけど

「それ!いけるんじゃないの。」と同意してくれた



ハイテクはローテクが支えているんだなぁ



明日は忙しくなりそうだ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

挑戦は続く

前の窯出し作品に色ムラが出たと言うクレームがあり

その原因究明に明け暮れていました

どういう事かと言いますと

特注品で10センチくらいの大きさの卵型の焼き物を作っているのですが

通常版とは違いピンク色にしてほしいと言うことで

磁器の鋳込み泥にピンクの顔料を混ぜて

石膏型に流し込み、仕上げてお渡ししたのです

数日たって

てっぺん部分が色の薄いものがあるという連絡

それもかなりの数であるという

何点か送り返してもらい点検

ぱっと見白っぽいものもあり

又よくよく見てみると確かに白っぽいものもあり

どれもてっぺん部分に出ている

これはどういうことであろうか?

割って断面を観察してみたけれど

断面に異常は見られない

表面上の問題と思われる

製作過程で特に問題があったとは思われず

丁寧に作ったと言う自負があるのに原因がわからない

途方にくれました

詳しい人何人かに聞いてみたが

みんなが違う見解

ともかくそれらを手がかりに

℃慳瑤鬚えてみる

⇒劼硫硬戮鬚えてみる

L去悗脳討い討澆

などと言うことを繰り返し

どうやら石膏型に流し込む時に型の中で対流がおきて色ムラを作っているのではないか?

というあたりに絞りこみました

それで

既に仕上がっている200個の生素地の対流が起きている場所の修正作業をして

テスト焼成をしましたらば

おおむね改善

とにかく焼いてみなければ色が出てこないので

予想して修正するのですが、その加減がつかめない

目の前に300個ほどある生素地の修正に

あとどのくらいかかるのやら・・・

そして窯からどうなって出てくるのやら

挑戦は続く

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

写真1枚



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ