にれっちのつれづれ日記

本州最北端の小児科医にれっちの独り言(^^)

言葉遊びではなく、本当に「二度と戦争はしない」国であるように

2016-12-28 11:28:30 | つれづれ
安倍総理大臣が真珠湾に行って「戦争の惨禍は、二度と繰り返してはならない。私たちは、そう誓いました。そして戦後、自由で民主的な国を創り上げ、法の支配を重んじ、ひたすら不戦の誓いを貫いてまいりました。戦後70年間に及ぶ平和国家としての歩みに、私たち日本人は静かな誇りを感じながら、この不動の方針をこれからも貫いてまいります。」とスピーチしました。
しかしその一方で南スーダンの問題に対しては「テロ対策特措法第二条第三項の「戦闘行為」とは、国際的な武力紛争の一環として行われる人を殺傷し又は物を破壊する行為をいう。テロ対策特措法第二条第三項の「国際的な武力紛争」とは、国家又は国家に準ずる組織の間において生ずる武力を用いた争いをいうと考える。」と国会で答弁しています。
戦争と戦闘・戦闘と武力衝突は違う、国と国もしくは国に準ずる組織の間の軍事行動でなければ問題がない
これでは単なる言葉遊びであって、「武力をもって問題の解決を図る」ことはなくなりません。
リップサービスとしての「二度と『戦争』はしない」ではなく、「問題の解決に武力は用いない」という決意を持たねばならないのだと思います。
そしてそれは政治家の話ではなく、私たち一人一人の決意でなくてはならないのだと思います。
2017年がその第一歩となる年になるよう、一人一人ができることを積み重ねていきましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分が大切、だからこそ・・・ | トップ | 今年の診療を終了しました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つれづれ」カテゴリの最新記事