明日へのヒント by シキシマ博士

ご訪問くださりありがとうございます。あまり頻繁には更新できませんが、どうぞよろしくお願い致します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本インターネット映画大賞(邦画部門)に投票します

2008年01月17日 09時36分32秒 | 明日への雑記帳
締め切りギリギリになってしまいましたが、依頼をいただいた「日本インターネット映画大賞(邦画部門)」に投票させていただきます。
以下、投票フォーマットをコピーしたものに書き込んでいきます。


[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「クワイエットルームにようこそ」 7点
  「天然コケッコー」 7点
  「河童のクゥと夏休み」 5点
  「それでもボクはやってない」 5点
  「東京タワー ボクとオカンと、時々、オトン」 4点
  「包帯クラブ」 2点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
【コメント】技術的評価よりも、メッセージにどれだけ共感できたかを重視して選びました。とくに「包帯クラブ」には点数以上の思い入れがあります。

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [周防正行] (「それでもボクはやってない」)
【コメント】娯楽性の無いテーマを扱っても、とても興味深く見せてくれました。

【主演男優賞】
   [柳樂優弥] (「包帯クラブ」)
【コメント】カンヌでの受賞歴に縛られず、新たな面を見せてくれました。

【主演女優賞】
   [宮沢りえ] (「オリヲン座からの招待状」)
【コメント】原作にほとんど登場しないキャラに、原作の世界観を壊すこと無く命を吹き込んでいました。

【助演男優賞】
   [宮藤官九郎] (「クワイエットルームにようこそ」)
【コメント】ダメ男の悲哀がよく表現されていました。

【助演女優賞】
   [樹木希林] (「東京タワー ボクとオカンと、時々、オトン」)
【コメント】子を思う母親の優しさが、心に染み入りました。

【新人賞】
   [夏帆] (「天然コケッコー」)
【コメント】思春期の繊細な感受性・心の揺れが伝わってきました。

【音楽賞】
  「ハンバートハンバート」(「包帯クラブ」)
【コメント】導入部から、映画の世界に浸ることができました。

-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [           ] (「        」)
  「           」
【コメント】

-----------------------------------------------------------------
 この内容をWEBに転載することに同意する。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「マリと小犬の物語」 助け... | トップ | 日本インターネット映画大賞... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。