スパニッシュ・オデッセイ

スペイン語のトリビア
コスタリカ、メキシコ、ペルーのエピソード
パプア・ニューギニア、シンガポールのエピソード等

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ポルフィリオ・ディアスの母姓

2017-07-31 20:28:31 | スペイン語
 前回、メキシコ大統領だったポルフィリオ・ディアス(José de la Cruz Porfirio Díaz Mori)の母姓が日本の「森」姓だった可能性について書いた。
 ある日のこと、イタリアの村を扱った旅番組を見ていると、森さんが Mori という村を訪れていた。mori は普通名詞 moro(桑の木)の複数形である。桑の木がたくさん茂っているところから Mori という地名になったらしい。スペイン語の moro は「ムーア人(モーロ人、北アフリカに住む。moreno「褐色の肌の人」の語源になったらしい)」という意味である。スペイン語の「桑の木」は morera というが、「桑の実」は mora という。これは姓にもなっている。Mora は珍しい姓ではなく、筆者の知り合いにもいる。
 イタリアからも新大陸に大勢移民として渡っている。ラテンアメリカではアルゼンチンに多くいる。サッカーの Messi もイタリア系移民の子孫である。コスタリカにも数は多くないが、個人的にイタリア系の姓を持つ人を知っている。
 メキシコにもイタリア系移民の子孫がいても不思議ではない。その中に Mori という姓の人物がいたことは十分考えられる。ポルフィリオ・ディアスの母親はミステク・インディオだというが、イタリア人の血が入っていたのかもしれない。
 話は変わるが、Mori という姓はスペイン語話者には morir(死ぬ)という語を連想させるのではあるまいか。アクセントを後ろに移して、morí とやると、「私は死んだ」という意味になる。また、コスタリカでは2人称単数親称の tú が一般的には使われず、その代わりに vos という語が使われている。morí はコスタリカのスペイン語では、vos にたいする命令文、「死ね」という意味にもなる。
 そういえば、“memento mori”(「死を記憶せよ」)というラテン語の警句があった。本来は「今を楽しめ」という意味で使われていたらしいが、その後、キリスト教が広がって、別の意味で使われるようになったとのこと。詳しくはリンクをご覧いただきたい。
 
 このほかにも画像が多数ある。
 “memento mori”はポルフィリオ・ディアスの座右の銘だっただろうか。
 次回は映画中のポルフィリオ将軍の容姿について述べる。

 ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓

スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『星空の用心棒』中のポルフィリオ将軍

2017-07-30 19:35:50 | スペイン語
 マカロニ・ウェスタン『星空の用心棒』のイタリア語タイトルは“I lunghi giorni della vendetta” という。英語タイトルは“Long Days of Vengeance”でイタリア語の直訳である。スペイン語のタイトルは不明であるが、直訳すると“Los Largos Días de Venganza”になる。
 この映画はジュリアーノ・ジェンマ主演で、他のキャストは大体、イタリア人かスペイン語圏の俳優のようである。というわけで、映画のせりふはイタリア語である。今回テレビで見たのは、日本語吹き替え版ではなく、字幕スーパー版である。
 ウィキペディアによると、「アレクサンドル・デュマ・ペールの小説『モンテ・クリスト伯』を西部劇化した作品」と紹介されている。ストーリーは大体想像できるので、安心して見ていられる。
 ストーリーはともかく、メキシコ北部も舞台になっているようで、メキシコ人の将軍も出てくる。この将軍の名前はウィキペディア「星空の用心棒」によると、「ポルフィリオ将軍」になっている。映画では「ポルフィリオ」という名前が出てきたかどうかは記憶にない。
 ところで、メキシコ人で「ポルフィリオ」というと、ホセ・デ・ラ・クルス・ポルフィリオ・ディアス・モリ(José de la Cruz Porfirio Díaz Mori、1830年9月15日 - 1915年7月2日)【ウィキペディアより】しか思い浮かばない。独裁者ということでイメージが悪かったが、近年評価が変わってきているらしい。詳しくはリンクをご覧いただきたい。
 
 【ポルフィリオ・ディアス、ウィキペディアより】
 ポルフィリオ・ディアスゆかりの地、オアハカ(Oaxaca)やプエブラ(Puebla)も訪れたことがあるが、その当時はディアスと結びつけることはなく、物見遊山に終わったことが残念である。もっと勉強しておけばよかった。
 彼はミステク・インディオとスペイン人のメスティーソだったとのことで、ディアス(Díaz)が父姓、モリ(Mori)が母姓である。
 ディアスの方はありふれたスペイン名前である。母姓の Mori はスペイン名前っぽくない。女房殿に聞いても、コスタリカではそんな名前は聞いたことがないとのこと。
 彼に母親がミステク・インディオだとすると、Mori はスペイン名前ではなく、インディオの名前だろうか。それとも、メキシコには日系人もいるので、ひょっとすると日本の「森」さんがミステク・インディオの女性と間に子をもうけ、その子孫が Mori を名乗っているのだろうか。
 しかしながら、近代になってからの日本からの移民は1897年のいわゆる榎本移民団に始まる。ポルフィリオ・ディアスの生年は1830年だから、母親が近代になってからの日本人移民の子孫ということはあり得ない(ウィキペディア「日系メキシコ人」参照)。
 近代以前には支倉常長の慶長遣欧使節団がローマに行く途中、メキシコを通過している。
 
 
 【ヨーロッパ人によって描かれた初めての日本人、支倉常長】
 
 【メキシコ、アカプルコにある支倉常長像】
 そのときの一行の中にはスペインにとどまったものもいて、その子孫が Japón 姓を名乗っているということで、日本のテレビでも取り上げられたことがある。また、少数ながらメキシコに留まった者もいるらしい(太田尚樹著「ヨーロッパに消えたサムライたち」だったかどうか、忘れたが、そのような記述があった記憶がある)。
 
 その中の一人が森という苗字を名乗っていて、その子孫にも受け継がれていったかもしれないが、これはあくまでも推測に過ぎない。

ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓

スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スシ・ウェスタン?

2017-07-29 18:28:43 | トリビア
 
 本題に入る前に前回書き忘れたことを書く。
 イタリアにマカロニ・ウェスタンがあるように、日本にもそれらしきものもあった。昭和30年代に流行った日活無国籍アクション映画である。
 メキシコはグアナフアト(Guanajuato)を舞台にした宍戸錠主演の『メキシコ無宿』もその中の一本である。これについては「スイーツ(dulce)」(メキシコ)の項目をご覧いただきたい。
 
 【『メキシコ無宿』より】
 日活ではないが、東映も片岡千恵蔵主演の『アマゾン無宿』という作品を作っているようだ。語り継がれてきたようではないので、迷作なのかも知れないが、一度見てみたいものである。
 
 これらの作品がウェスタンと呼ばれるかどうかは何ともいえないが、ウェスタンもどきではある。これらの作品が国際的に認知されていれば、さしずめ「スシ・ウェスタン」とでも命名されたかもしれない。
 小林旭も北海道を舞台にしたウェスタンもどきに主演していたような気がする。小林旭は歌手としても活躍しているが、初期のコロンビア時代の作品に『アキラのチョンコ節』というのがある。これは『アキラのソーラン節』のB面作品であるが、歌詞の中に次のような一節がある。
 ♪♪二丁拳銃ってさ いかすじゃねえかさ
   生まれたかったぜ、テキサスに   ♪♪
 当時の雰囲気を表す、何とも無邪気で軽薄な歌詞である(それでも好き)。
 
 You Tube で『アキラのチョンコ節』を検索してみたが、ヒットしない。その代わりに「上方座敷歌集成1 チョンコ節」がヒットした。これが元歌らしい。興味のあるお方はリンクをどうぞ。
 それでは、おもむろに本題に入ろうと思ったが、長くなるので次回にする。
 

ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓

スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マカロニ・ウェスタン『星空の用心棒』を見る

2017-07-28 16:53:00 | スペイン語
 
 最近は暑さのせいもあって、午前中仕事をして家で昼食を摂った後、昼寝をする習慣がついている。
 1980年ごろのコスタリカの個人経営の店は長い昼休みがあったものだ。1985年ごろパプア・ニューギニアに在住のころは授業が午前中で終わるので、用事のない午後は昼寝をしたものである。
 昼寝はスペイン語では、ご存知のように siesta という。
 株式会社日立ソリューションズ・クリエイトによると、「語源は6番目(スペイン語では sexto、女性形は sexta)の時刻を意味するラテン語のhoramsextam。正午から午後3時にあたるこの時刻はもっとも日差しの強い時間で,中世の教会,修道院では昼の祈りの時間であった。」となっている。
 日本ではこの時間帯はかつて「九つ」から「八つ」と呼ばれていた(3時の「おやつ」が「八つ」に由来することは有名である)。
 正午が九つで、2時間ごとに一つずつ減っていき、四つまで続く。その次は深夜の12時になるが、また九つに戻る。詳細は「Yahoo 知恵袋」をご覧いただきたい。時刻を知らせるお寺の鐘は「捨て鐘」というのを3回鳴らしてから、時の数だけ鳴らす。九つなら、3回+9回で12回鳴らすわけである。
 ちなみに、この当時は不定時法が使われていて、季節に関わらず、夜明けが六つ、日暮れも六つである。つまり、現在の夏の昼間の1時間は夜の時間より長くなり、冬はその反対になる。詳しくは「お江戸の科学」をご覧いただきたい。
 さて、siesta ということばはあのエルビス・プレスリーの映画『アカプルコの海』(Fun in Acapulco)の同名の主題歌(You Tube より)にも出てくる。
 ♪♪ This is no time for siesta. This is time for fun♪♪
 というフレーズが忘れられない。映画では、この曲のほかに“Bossa Nova Baby”(同 You Tube より)という大ヒット曲も歌われる。
 メキシコ在住のころ、当然エルビスの聖地巡礼としてアカプルコを訪れている。ともかく、この映画は『ブルー・ハワイ』と並ぶ、筆者の最も好きなエルビス映画である。
というわけで、その日も昼寝をするつもりでソファーに寝転んだが、あまり眠くならない。テレビの番組欄を見ると、ジュリアーノ・ジェンマ主演のマカロニ・ウェスタン『星空の用心棒』をやっているので、つけてみた。1967年の作品だが、その当時は高校3年生で、そんな映画を見ている暇はない。
 
 ジュリアーノ・ジェンマ、クリント・イーストウッド等、マカロニ・ウェスタンの俳優はなんとなく知ってはいたが。
 ところで、日本では「マカロニ」ウェスタンというが、アメリカでは「スパゲッティ」ウェスタンということは後で知った。何で日本では「マカロニ」と呼ばれるようになったかは、ウィキペディア「マカロニ・ウェスタン」をご覧いただきたい。
 ちなみに、コスタリカでもスパゲッティはよく食べられている。イタリア語では spaghetti とつづるが、スペイン語では espagueti とつづる。発音はほとんど同じだが、スペイン語の場合、対応する英語やイタリア語などの st,sp, str, spr 等の二重・三重子音で始まる語の前には母音[e]がつくので、「エスパゲティ」となる。
 ほかには英語の stereo が estéreo になる例がある。この言葉はラジオのコマーシャルか何かでよく聞いた。
 「マカロニ」はスペイン語では macarrón だが、通常、複数形で macarrones という。
 と、ここまでが前置きで、次回に続く。

 ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓

スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅行最終日、香港国際空港へ

2017-07-27 16:16:14 | 香港・マカオ・広東
【女房殿のいとこの作品】
3月25日(土)晴れ
 5時半起床。前日、ホテルの近くのパン屋で買ったパンを朝食にする。
 荷造りは一応前日にしておいた。あまり荷物はないので、特に問題はない。
 6時半、チェックアウト。
 前日調べておいたバス停へ行く。地下鉄の入り口の向こう側にある。荷物がなければ、地下道を通っていくとすぐなのだが、荷物があるので、信号を渡っていく。大回りというほどではない。
 空港へはA21のバスに乗ればいいということだった。バスは15分おきぐらいに出ている。待っているとA20のバスが来た。
 
 これも空港へ行くようである。念のためにバスの運転手に聞くと、大丈夫だというので、乗り込む。支払いはいつものように Octopus Card である。
 まだ朝が早いので、客は少ないうえ、道も空いている。空港からホテルへは1時間以上かかったようだが、空港へは40分で着いた。
 出発までには2時間以上ある。土産物屋やコンビニなどを回る。Octopus Card が使える店があったので、使う。それでもまだいくらか余っている。カードは次回の香港旅行(いつになることやら)で使うか、女房殿の香港在住の友人が日本に来たときに譲渡するかのどちらかになるだろう。
 ホテルを出るとき、ペットボトルの水を機内持ち込み用のキャリーバッグに入れておいたのを失念していて、セキュリティー・チェックのとき、引っかかったこと以外は特に問題はなかった。
 飛行機も定刻に出発。帰りの便でもやはり日本のアニメ作品を見た。『百日紅』(さるすべり)という作品である。行き帰りとも、上質の日本アニメを見られてラッキーだった。
 成田へも定刻に到着。その後については、記述に値するようなことはない。
(「香港・マカオ・広州の旅」の巻はこれにておしまい)

ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓

スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太子(Prince Edward)にて夕食をご馳走になる

2017-07-26 10:30:36 | 香港・マカオ・広東
【女房殿の従兄の作品】
 大澳から油麻地のホテルに帰り、休息したあと、5時半ごろおもむろに上の絵の作者の娘との待ち合わせ場所に出かける。
 
 
 【油麻地駅のプラットフォームにて。香港ではちゃんと整列乗車をしている。】
 油麻地から地下鉄で2つ目の駅、「太子」(Prince Edward)駅を出たところにHang Seng 銀行があるという。そこで待ち合わせることになっている。
 
 太子駅には5分もしないうちに着いた。改札を出てもまだ地下である。銀行らしきものはないが、ATMはある。たぶんそこだろうと思って待っていると、時間どおりに迎えに来てくれた。相手は女房殿の従兄の娘とその母(芸術家の従兄の奥さん)と娘の息子の3人である。もう一人息子がいるがレストランで合流するという。
 夕食をご馳走されることになっている。すでにレストランは予約してある。場所は駅から徒歩数分である。
 筆者は芸術家の奥さんと肩を並べて歩くが、腕をとられてしまった。筆者よりは少し年上のようであるが、まあいいか。
 レストランに着くと、ほどなくもう一人の息子がやってきた。
 従兄の娘は年のころ、40ぐらいだが、これまた若く見える。娘とその息子は英語ができるので、意思の疎通は大丈夫である。義母のほうは予想どおり、英語はできないが、中国語(普通話)ができるので、筆者としては下手な中国語を使わざるを得ない。
 レストランは大きなホールにテーブルが所狭しと並べられている。
 テーブルに通され、食器が持ってこられる。ここでも客が自ら皿や箸を洗う。この習慣にもすっかり慣れた。
 料理はすぐに出てくる。標準的な広東料理で、ハトの頭が出てきても、もはや珍しくはないが、やっぱりおいしい。
 
  

 
 
 
 食事のあと、女房殿は従兄の娘から紙袋に入ったプレゼントをもらった。
 
 チョコレートか何かだろうと思って、お礼を言っただけで、開けなかったので、娘から開けてみるように言われた。すると、何と立派な金の指輪が入っているではないか。サイズもぴったりである。
  
 よく見ると、紙袋にはダイヤモンドの写真(絵?)がある。
 初対面なのに、ここまでしてくれるとは感激である。
 中国人は一族を大事にするとは聞いていたが、それを実感した次第である。
 翌日は朝早いので、食事のあと地下鉄の駅に向かう。駅までみんなで送ってくれる。また、娘の義母と腕を取って歩く。
 駅で名残を惜しみつつお別れである。翌日は香港を経つのだが、いい想い出ができた。

 ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓

スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大澳のレストランで昼食して散策

2017-07-03 20:49:20 | 香港・マカオ・広東
 大澳湾のツアーを終えて、船着場に戻る。先ほど、船頭さん(といっても若いお兄さん)に聞いたレストランを探す。小さい集落なので、すぐ見つかった。
 
 さすがに田舎なので、高級レストランというわけには行かない。庶民的な食堂といった感じであるが、これで十分である。
 店内に入ると、テーブルに通された。このあたりは外国人観光客も来るようで、英語が通じる。
 エアコンは入っていなかったが、この時期、日陰に入るとあまり暑くないので必要はない。
 メニューは英語のものだったのか、英語と広東語(普通話も共通か?)の両方で書かれていたのかは覚えていない。
 せっかく、大澳まできたのだから、肉料理ではなく、海鮮料理がいい。「海鮮」は広東語では hoisin というが、この言葉はコスタリカで覚えたような気がする。日本でも李錦記(Lee Kum Kee)の「海鮮醬」(ホイシン・ジャン)が売られている。
 ちなみに、hoisin という語は英語にも入っているが、「中国の甘辛い味噌」という意味で使われている。
 この店では食器類を自分で洗ったかどうか、記録が残っていないが、洗ってないような気がする。
 注文したのは以下の写真である。
 
   
 
 味付けは全く脂っこくない。うす塩で、あっさりしている。ヘルシーな中華料理である。
 結構お腹が膨れた。記録がないので、はっきりしたことは忘れたが、初日の中華料理と前日のインド料理の店より幾分高かったかと思う。それでもリーズナブルな料金である。この店でも支払いはカードでOKだった。
 食事を済ませて、バスターミナルに向かうが、途中の町並みを散策。
 
 
 
 
 
 【サメの干物か、はたまた張りぼてか】
 
 【「鰵魚」とはニベ(スズキの仲間)のことらしい。写真はニベの浮き袋を煮詰めて作った膠とのこと(ウィキペディアより)。「にべもない」という慣用句は魚のニベから来たとのこと。詳しくはリンクをご覧いただきたい。】
 
 【ニベ(ウィキペディアより)。レストランで食べたのはこの魚か。】
 散策を終えて、バスターミナルに戻る。バスは15分おきに出ている。2時のバスに乗り、さらに地下鉄に乗り継いで、ホテルに戻る。
 ホテルには4時過ぎに着いた。
 本当は香港島の南側の赤柱(Stanley)に行きたかったのだが、疲れてもいるし、夜は予定が入っているので、ホテルで休む。6時に女房殿の従兄(マカオ在住の従兄の兄、書画家)の子に会う約束である。

 ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓

スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加