スパニッシュ・オデッセイ

スペイン語のトリビア
コスタリカ、メキシコ、ペルーのエピソード
パプア・ニューギニア、シンガポールのエピソード等

東宝怪奇映画「マタンゴ」

2015-08-04 16:47:35 | スペイン語
 ソニー・ロリンズのアルバム“What's New”には“Bluesongo”という曲が収録されていたが、ここから連想が膨らみ、淡谷のり子がキノコの着ぐるみを着て、ブルースを歌うというシュールなシーンを想像してしまった。
 シュールな世界といえば、昔、東宝映画に「マタンゴ」というのがあった。同時上映作品は『ハワイの若大将』である。この作品は中学生のころ、映画館で見た覚えがある。当時、お目当ては若大将ではなく、「マタンゴ」のほうだった。
 怪しいキノコを食べると、自分もキノコになってしまうというストーリーである。水野久美の怪しい色気が印象に残っている。
 ところで、「マタンゴ」の名は、きのこの一種「ママダンゴ」から採られたそうである。一般的には「ツチグリ」と呼ばれているが、東北地方の南部(特に福島県など)ではマメダンゴやママダンゴと呼ばれているそうである。
     【写真はウィキペディアより】
 この映画は海外でも上映されている。以下はイタリア語版のポスターである。
     
 “Il Mostro”とは英語で“The Monster”、スペイン語で“El Monstruo”である。
 スペイン語話者なら、“Matango”は“matar(殺す)+ hongo(キノコ)”の合成語ではないかと想像することだろう。キノコを食べた者は、殺されないまでも、だんだん人間性を失っていき、ついにはキノコそのものになってしまうところから、筆者は「マタンゴ」の語源は上記のスペイン語説を採っていたのだが、どうやら違うようだ。残念!
 【お知らせ:明日からしばらく悲しき夏バテ休暇に入ります。】


ポチッとクリック、お願いします。

↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スペイン語もどきのジャズの曲:Sonny Rollins のアルバム“What's New”より

2015-08-03 07:57:32 | スペイン語
  ソニー・ロリンズのアルバム“What's New”はラテン風の曲で占められているが、スペイン語のタイトルの曲はない。ただし、スペイン語風のタイトルの曲はある。“Bongoso”と“Bluesongo”がそれである。
 “Bongoso”は、いかにもスペイン語風である。“bongo”に形容詞語尾の“-oso”(英語の“-ous”に相当)をつけた形容詞のようであるが、手元の辞書にはこんな単語は見当たらない。
 この曲は“bongo” が活躍するので、“bongoso” という語をでっちあげたものと想像される。“conga”が活躍すれば、“congoso”、“maracas”活躍すれば、“maracoso”というタイトルになったことだろう。
 楽器ではないが、ハエ(mosca)がブンブン飛んでいれば、“Moscoso”で、あの野球選手の名前になる。
 もう1曲、“Bluesongo”というタイトルの曲があるが、カタカナ表記では「ブルーソンゴ」となっていた。もし、スペイン語だったら、「ブルエソンゴ」とならなければならない。当然、こんな言葉は辞書には載っていない。
 この曲も“bongo” が活躍するので、“blues + bongo”の合成語かと思われる。ただ、これだと [b]音が余分であるが、ないほうがいくらかスペイン語っぽいような気もする。
 「ブルーソンゴ」という発音だけから語源を推測すると、“blues + hongo(オンゴ)”の可能性もある。で、“hongo”とは何かというと、「キノコ」である。そうすると、「ブルーソンゴ」は「ブルース茸」ということになるが、キノコの着ぐるみを着た淡谷のり子がブルースを歌う場面をつい想像してしまった(アメリカの“blues”と日本の「ブルース」は別物だが)。シュールな世界ではある。


ポチッとクリック、お願いします。

↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

スペイン語もどきのタイトルのジャズの曲:Sonny Rollins (3)

2015-08-02 08:12:08 | スペイン語
 ソニー・ロリンズのアルバム“What's New”のジャケットには次のように書かれている。
 “Sonny Rollins brings to jazz a new rhythm from South America”
 オリジナル・ジャケットの裏面には以下のように書かれていた、と解説の油井正一氏が1973年に再発された日本盤ライナーノートで回想している。
 “All Kinds of Latin Percussion -- plus the new rhythm from Brasil, the Bossa-Nova”
 アルバムが発売された1963年当時、ボサノバがブームになっていたが、このアルバムにはボサノバなど、1曲も入っていない。ボサノバ・ブームに便乗したキャッチ・コピーである。
 このアルバムは、ラテン・リズムの曲で占められていて、ロリンズお得意のカリプソものもある。前回、触れたように、カリプソは、南米ではなく、カリブ海地域の音楽であり、ラテンと言っていいかどうかは疑わしい。
 ラテン・パーカッションはコンガとボンゴ、その他の打楽器と書かれているが、“All Kinds” と言えるかどうかはわからない。
 昔は、いい加減なキャッチ・コピーやライナーノートが横行していたものだ(最近の事情は知らない)。

ポチッとクリック、お願いします。

↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スペイン語もどきのタイトルのジャズの曲:Sonny Rollins (2)

2015-08-01 10:07:08 | スペイン語
  ソニー・ロリンズの両親は米領バージン諸島の出身である。米領バージン諸島の西にはスペイン領バージン諸島があったが、今ではプエルトリコの一部になっている。というわけで、米領バージン諸島はラテンアメリカとは言えないが、プエルトリコに近いこともあり、ラテンアメリカの雰囲気が濃厚なのではないかと想像する。
 カリプソはバージン諸島を含むカリブ海の島々で生まれた音楽で、ロリンズもカリプソを取り入れた曲があるが、1956年のリーダー・アルバム『サキソフォン・コロッサス』に収録されている「セント・トーマス」が中でも有名である。
 これに次ぐのが“What's New”に収録されている“Don't Stop The Carnival”だろう。

    

ポチッとクリック、お願いします。

↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加