スパニッシュ・オデッセイ

スペイン語のトリビア
コスタリカ、メキシコ、ペルーのエピソード
パプア・ニューギニア、シンガポールのエピソード等

メキシコは中米か

2017-08-15 18:41:31 | メキシコ
  「中米メキシコ」。
 メキシコの前につく枕詞は何故か「中米」である。
 アメリカ大陸を南北2つに分けて考えると、メキシコは北米である。北米をさらに細分化すると、北米と中米に分けられる。ここで、メキシコがどちらに入るかが問題である。
 ウィキペディアの「北米」の項から引用する。

 北アメリカの南部諸国を、北アメリカと南アメリカに挟まれた中央アメリカという地域とみなすことがある。その場合、北アメリカとは、カナダ、アメリカ合衆国、メキシコの3カ国である。また日本における最狭義の用法として、北米は英語圏のアメリカ合衆国とカナダの2国だけを指す(この場合はアングロアメリカと同義)ことがある。

 つまり、「北米」の定義は3つということになる。
 1.北アメリカ大陸
 2.カナダ、アメリカ合衆国、メキシコ
  NAFTA(North American Free Trade Agreement、北米自由貿易協定)はこの3国間の協定であることを想起されたい。
 3.アメリカ合衆国とカナダ(アングロアメリカと同義)。
  日本における最狭義の用法ということだが、ほかの国ではどうなっているだろう。

 かつて、某大学のメキシコ人留学生に「メキシコは中米か」と聞いたことがある。答えは「北米」とのことであった。
 ところで、「北米」(North America)とは別に「北部アメリカ」(Northern America)という用語もある。
 これによると、メキシコは北部アメリカに含まれず、中央アメリカ(中米)に属す。
 日本で「中南米」というと、メキシコを含むと考えるのが一般的だと思う。JICA(国際協力機構)の分類でもメキシコは「中南米」に含まれていた(今も含まれていると思う)。そうすると、日本でメキシコを「中米」と捉えるのも自然なのかもしれない。
 言語・文化面でもアメリカ合衆国とメキシコの間で確かに断絶がある。
 以前にも「中南米とは?(2)ラテンアメリカと同じ?」でもこの問題について述べているので参照されたい。
 
 ところで、日本でメキシコのような位置にあるのが新潟県である。中部地方に属すが、電気・ガスの自由化前は東北電力、北陸ガスであった。天気予報では関東甲信越でひとくくりにされている。ある大手電器製品のサービスエリアでは新潟は首都圏に分類されていた。

 メキシコに戻る。
 筆者には「中米メキシコ」にはどうしてもなじめない。枕詞が必要なら、「太陽の国メキシコ」でいいではないかと思うのだが。ネットで調べてみたら、結構ヒットした。筆者のメキシコ滞在時から「太陽の国メキシコ」という日本語の表現はよく目にしたものである。
 
 【メキシコでお世話になった方の著書】
 昔だったら、「国境の南」(South of The Border)が枕詞になったことだろうが。
 


ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。


<
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中米の秘境?コスタリカ | トップ | 中米とは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

メキシコ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。