スパニッシュ・オデッセイ

スペイン語のトリビア
コスタリカ、メキシコ、ペルーのエピソード
パプア・ニューギニア、シンガポールのエピソード等

コスタリカ再訪(143)Ciudad Quesada の義妹宅

2016-10-15 16:54:52 | コスタリカ

 Ciudad Quesada (画像参照)の町に入った。2011年現在、人口42,000人強の町である。これでもそこそこ大きい町である。街中には大きなスーパーもある。車も多い。
  
 この町には義妹が住んでいるが、久しぶりの訪問なので、女房殿も正確な場所は覚えていない。町の南の高台にあることはわかっている。この町の中心は北のほうの低地で、南の高台のほうが高級住宅地である。
 筆者たちはまず、町の北に入った。そこから高台のほうを目指す。携帯で義妹に電話して、詳しい住所を聞いたが、教えてもらった目印のマリア像が見当たらない。それもそのはずで、マリア像は登っていくときにはよく見えない。さらに夜道である。当然、行き過ぎて、峠の近くまで来てしまった。そこで、もう一度電話して、迎えに来てもらうことになった。待つこと、約5分。義妹が大きな車を運転してやってきた。先導してもらって、義妹宅への道を行く。教えてもらったマリア像は下り坂からなら、見える。
 マリア像のところからわき道へ入っていく。わき道は舗装されていない。数分行ったところが義妹宅であったが、豪邸である。
 義妹の夫はいまや実業家で、いろいろな事業を多角経営している。幼少のころはあまり恵まれない家庭だったそうだが、勉学に励み、最初は観葉植物の輸出事業をオランダ人(?)と共同で始めた。その当時は会社提供の家に住んでいて、訪問したこともある。広い家だったが、豪邸というほどではなかった。
 周りには人家はあまりない。当然、セキュリティには気を使う。獰猛なシェパードも飼っている。家の周りに鉄格子が入るのは当たり前である。
 中に入ってみて、また驚いた。映画に出てくるような階段がまず目に入る。
 天井が高いので、普通の照明でもあまり明るくならない。しかし、暗くて困ることもない。
 この家の設計は自分たちでしたそうで、いろいろな雑誌などを参考にしたそうである。
 豪邸ではあるのだが、一つだけ間が抜けていたことがあるとか。それは台所である。大人数が座れる長い食卓がある一方、台所は普通で、豪邸には似つかわしくない。設計の段階で気がつけばよかったのだが、着工後気がついたようで、後の祭りであった。普段は台所についているカウンターで食事している。これでも十分ではあるのだが。
 そのカウンターで義妹の手作りのおいしい夕食をいただいた。義妹宅には使用人がいるが、料理は自分でしている。普通の料理も上手であるが、特に、デザートが得意のようである。
 義妹には3人の子供がいるが、この日初めて次男にお目にかかった。高校生である。長男と長女はまだ帰宅していなかった。彼らとは16年前に会っているが、まだ子供であった。次男は当時、まだ誕生していなかったかもしれない。
 そのうちに旦那と長男・長女も帰宅。再会を喜び合う。
 この日は長い一日だったので、10時半には就寝。
 
 【大きなクリスマス・ツリー(Arbol de Navidad)】
 
ポチッとクリック、お願いします。  
↓↓↓

スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コスタリカ再訪(142)Ciudad... | トップ | コスタリカ再訪(144)Ciudad... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。