スパニッシュ・オデッセイ

スペイン語のトリビア
コスタリカ、メキシコ、ペルーのエピソード
パプア・ニューギニア、シンガポールのエピソード等

山頂行きのバス停から山頂へ

2017-05-19 20:07:08 | 香港・マカオ・広東
 薬用飲料のようなものを飲んで、元気になったようである。さらに歩くと、気の弱い人は卒倒するようなものがあった。
 
 【香港名物のハト】
 
 【豚の頭。1個20香港ドル(約280円)。安いのだろうか。】
 
 売り物のハトや豚の下のほうに箱があり、その中に猫が入っていた。値段も付いていなかったので、これは売り物ではなさそうである。単に昼寝していたのだろう。
 
 ココナッツがあったが、これは単なる飾りだろうか。
 いよいよバス停の近くまでやってきた。
  香港訪問直前に見たBS番組ではビクトリア・ピークには歩いてでも登れるということだったが、かなり標高がある。それにあまり時間もないので、ケーブルカーかバスを利用したほうがいいだろう。バスよりもケーブルカーの方が魅力的だが、ケーブルカーの駅まではもう少し距離があるので、バスで行くことにした。
 
 バスはすぐにやってきた。
 
 ここで女房殿の友人と美魔女のノラさん(仮名)とお別れである。また会いたいものである。
 バスはやっぱり2階建てで、当然2階に行く。Octopus カードが使える。もうすっかり、Octopus カードに慣れてしまった。
 
 山頂付近まではすいすい進んだが、直前にわき道にある高級住宅街らしきところに入っていった。狭いし、信号もないし、交通量も多いので、なかなか進まない。やっと本線に戻ると、あとはものの数分だった。わき道で時間を食ったので、結局、30分ぐらいかかってしまった。
 山頂のバス・ステーションで降りて、展望台まで1分ほど歩く。展望台に出るには一度建物に入らなければならない。展望台近くで料金を払わないと、いい景色が見られないようになっている。癪だが仕方がない。
 入場料は48香港ドル(約700円)なので、それほど高いというわけではない。
 
 エスカレーターでどんどん登っていって、展望台に着いた。
 

 ポチッとクリック、お願いします。

↓↓↓

スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。


『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飲茶のあと、町を散策 | トップ | ビクトリア・ピーク(山頂)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。