スパニッシュ・オデッセイ

スペイン語のトリビア
コスタリカ、メキシコ、ペルーのエピソード
パプア・ニューギニア、シンガポールのエピソード等

コスタリカ再訪(195)大晦日のディナー(cena)

2016-12-07 17:13:46 | コスタリカ
(承前)
 9時半に夕食を終えて、パン屋ではない方の義弟が来るのを待つ。待つことしばし。10時に奥さんと息子二人とともにやってきた。今では兄弟はみんな車を持っている。近所の義妹の家まで徒歩数分だが、雨も降っているし、高齢の義母もいるので、車での移動である。
 義妹の家には三々五々、パン屋の義弟夫妻と長男、先日訪問した Angelina(アンヘリーナ)の義妹の長男等が集まってきた。
 全員そろったところでディナーである。料理はもちよりである。筆者の作った、トマトソース・ベースの野菜たっぷりの料理もある(写真なし)。
 
 
 
 ディナーは10時過ぎに始まった。みんな車で来ているので、アルコールを飲むものはあまりいない。パン屋の義弟はそもそも下戸である。Angelina の甥っ子はバイクで来ているので、飲むわけには行かない。
 食事が終わると、パーティーである。定番はダンスである。ラテンのリズムのダンス音楽が一般的である。筆者は足腰がついていかないので、見るだけ。女房殿は昔からダンスが好きである。他の兄弟も同様である。
 ここまでは従来どおりであるが、義妹の家には最新の設備がある。普段はテレビとして使っていて、ケーブルのチャンネルをよく見ているのだが、これが通信カラオケになるのである。
 スペイン語や英語の歌は言うに及ばず、日本の歌も入っている。「上を向いて歩こう」は世界的にヒットしたので、入っていないほうがおかしい。女房殿の好きな「伊勢佐木町ブルース」まで入っていた。
 筆者は「上を向いて歩こう」を所望され、リクエストにお答えした。英語の歌も何か歌ったようだが、何を歌ったかは記憶がない。酔っ払っていたわけではないのだが。
 大晦日はにぎやかに過ごすもので、道路の向こう側の家でもカラオケ・パーティーをやっていて、素人の歌がマイクに乗って聞こえてくる。まあ、そこそこの腕前といったところであろう。
 12時になって、新年を迎えると、“¡Feliz Año Nuevo!”(フェリス・アニョ・ヌエボ)といって、握手したり、ハグしたり、キスしたりする。これは昔と変わらない。そして、パーティーを続ける。
 ちょうど12時に花火が上がったようにも思うが、はっきりしない。
 そろそろ眠くなってきたので、おいとまする。
 花火はその後も断続的に上がっているが、すぐ近くではない。何時になったかわからないが、花火の音がしなくなってから、眠りに就いた。 


ポチッとクリック、お願いします。

↓↓↓

スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コスタリカ再訪(194)Upe | トップ | コスタリカ再訪(196)元日の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。