スパニッシュ・オデッセイ

スペイン語のトリビア
コスタリカ、メキシコ、ペルーのエピソード
パプア・ニューギニア、シンガポールのエピソード等

キリシタン用語(2)バテレン(パードレ、パーデロ)、パッパ(パーパ)

2017-08-20 17:13:28 | スペイン語
 前回、米大リーグのチーム、パドレス(Padres)に触れたが、大リーグの30チーム中、スペイン語のチーム名を名乗っているのは、パドレスだけである。
 
 【パドレスのマスコット「スウィンギング・フライアー」(Swinging Friar)。ウィキペディア「サンディエゴ・パドレス」の写真より】

 ところで、このブログでは、その他の大リーグのチーム名についても取り上げている。「メジャー・アメリカンリーグのチーム名」、「メジャー・ナショナルリーグのチーム名」、「ヤンキース考」で述べているので、興味にある方はそちらをご覧いただきたい。
 英語そのままのものもあるが、できるだけスペイン語に訳している。日本ではそのままカタカナ表記しているが、「パドレス」が「バテレンズ」にならないものだろうか。
 
 さて、スペイン語 padre の第一義は「父」で英語の father に相当する。英語に papa というくだけた言葉があるが、スペイン語でこれに相当するのが、papá である。papa とやると、ラテンアメリカでは「ジャガイモ」の意味にもなるので要注意である(スペインでは「ジャガイモ」は patata という。英語の potato と同語源。patata についての考察は「パパはどこへ行ったの?(1)」、「パパはどこへ行ったの(2)」、「パパはどこへ行ったの(3)」、「パパはどこへ行ったの(4)」参照)。
 スペイン語の papa には「ローマ法王」の意味もある。英語の Pope に相当する。手元の英和辞典によると、Pope はギリシャ語の「父」の意からと書かれている。 
 このブログのどこかですでに述べているが、「ローマ法王のお父さんはジャガイモを食べる」をラテンアメリカのスペイン語で言うとこうなる。
 El papá del Papa come papa.
 それはともかく、カトリック教会では Papa の方が padre より上位にあるということである。
 ちなみに Papa はポルトガル語でも同形である。ここから日本に伝わり、「パッパ」または「パーパ」になったとのことである。 
 
 余談になるが、米大リーグのチーム、パドレス(Padres)の本拠地はサン・ディエゴ(San Diego)について一言。
 San は「聖」を表す。Diego は男子の洗礼名であるが、手元の西和辞典には次のような記述がある。

 〈古スペイン語 Diago, Santiago(← Sant Iago;Iago は[後ラテン語]Jacobus‘Jacob’より)が誤って San Diego と解釈された。

 何にしても、San Diego と Santiago(チリの首都の名前でもある)は経緯はどうあれ、関係がある。詳しくは「
Santigago Matamoros」の項をご覧いただきたい。

ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。



『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キリシタン用語 「キリシタ... | トップ | キリシタン用語(3) フラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スペイン語」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。