スパニッシュ・オデッセイ

スペイン語のトリビア
コスタリカ、メキシコ、ペルーのエピソード
パプア・ニューギニア、シンガポールのエピソード等

「容」さんのローマ字表記 Yong, Yung, Iong

2017-04-21 20:51:33 | 香港・マカオ・広東

【若かりしころの Con 爺さん】
 Con 爺さんの中国名は「容麟啟」ということが判明したが。Con という名はどこから来たのかまだわからない。1980年ごろコスタリカには日本留学経験のあるドクター・コン(Doctor Con)という中国系医師がいた。彼は女房殿の一族ではなさそうだが、Con という中国系の姓は確かに存在する。
 ところで、Con 爺さんには中国にいたころ、中国人女性と結婚して子供を二人もうけている。一人はコスタリカ、サンホセ郊外のサンペドロ地区で中華料理屋 Hoi Fan (海帆、スペイン語名 La Vela)を営んでいた、女房殿のおじ Tío Charlie(Uncle Charlie)である。彼の中国名は「容觀植(Yong Kun Zik)」で、「容」さんである。コスタリカでは Carlos Yong Kon Jak(ハク)という名で登録されていたらしい。女房殿に教えてもらったが、不正確なところがあるかもしれない。
 Con 爺さんの奥さんは「鄭舊」という名前だったことも、今回わかった。「鄭」は日本語読みだと「てい」だが、「鄭」が「コン」と読まれることはまず考えられない。広東語のローマ字表記では Zen となっている。普通話のピンイン表記では Zheng で、カタカナ表記では「チェン」が近いだろうか。
 いったい、Con という名前はどこから来たのか、謎が深まるばかりである。
 ところで、「容」のローマ字表記は Con 爺さんとその子の Tío Charlie の場合、Yong だったが、Tío Charlie の子(女房殿のいとこ)である「容繩○」は Yung とつづっている。ところが、その息子の名刺には Iong と書かれていたのである。てっきり long (龍)かと思ったが、小文字の l ではなく、大文字の I だったのである。これでも「ヨン」と読める。漢字表記だとみんな「容」で別に何の問題もないが、親と子と孫では全部ローマ字表記が違うが、不都合はないのだろうか。
 

ポチッとクリック、お願いします。

↓↓↓

スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。


『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女房殿のいとこ宅にて | トップ | Con 爺さんの子供たちの姓など »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

香港・マカオ・広東」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。