スパニッシュ・オデッセイ

スペイン語のトリビア
コスタリカ、メキシコ、ペルーのエピソード
パプア・ニューギニア、シンガポールのエピソード等

コスタリカ再訪(140)Tilarán にて

2016-10-12 17:35:53 | コスタリカ
Tilarán のおばの家は典型的なコスタリカの庶民の家である。富裕ではなくても、貧乏でもない。このタイプの家にはコスタリカに初めてきたときに1か月滞在した。
 
 
 
 寝室は青年海外協力隊員が使っていた部屋で、1980年当時とあまり変わっていないことと思う。
 
 クリスマス・シーズンなので、クリスマス・ツリーのデコレーションは欠かせない。 
 この日は最終目的地である Ciudad Quesada へ行かなければならない。ここには義妹の一人が住んでいて、今晩はそこに泊めてもらう。
 
 距離にして50~60キロぐらいだろうか。湖の南を通れれば早いのだろうが、道がない。北側を回らなければならない。湖を過ぎてからもまだ距離がある。あまり遅くならないうちに着きたい。
 ということで、おば宅を辞して、おばの娘である、いとこ宅を訪れた。1ブロック離れているかどうかのスープが冷めない距離である。こちらのほうがおば宅よりもう少し立派であった。比較的裕福な家庭であろう。
 
 Tilarán に限らず、中央高原の町は坂が多い。これはいとこ宅のすぐ前の通りである。写真の右のほうに写っているのは、ゴミ置き場である。高いところにあるのは野犬よけのためだろうか。メキシコのゴミ置き場もこのスタイルであった。ご覧のとおり、意外とゴミが落ちていない。この点、コスタリカはラテン・アメリカの優等生と言える。
 いとこ宅でコーヒーをいただいたあと、いよいよ Ciudad Quesada に向かって出発である。時刻は4時半になっていた。夕暮れが近い。 

 
ポチッとクリック、お願いします。  
↓↓↓

スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コスタリカ再訪(139)Tilará... | トップ | コスタリカ再訪(141)Lago A... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。