スパニッシュ・オデッセイ

スペイン語のトリビア
コスタリカ、メキシコ、ペルーのエピソード
パプア・ニューギニア、シンガポールのエピソード等

世界遺産の Guia Hill (東望洋炮台)へ

2017-04-24 21:26:52 | 香港・マカオ・広東
 女房殿のいとこ宅を出て、マカオ市内観光に行く。いとこの息子の奥さんが車で連れて行ってくれる。この奥さんも3人の子持ちで40歳以上だが、30歳ぐらいにしか見えない。
 いとこ宅はマカオの北の中国との境界に近いが、観光地は街の中心にある。街の南の端にはマカオ・タワーがあり、「外縁を探索することが可能なスカイウォーク・Xと呼ばれるツアーも用意されている」(ウィキペディア「マカオ・タワー」より)。香港・マカオ訪問の数日前にBS放送で紹介されたスポットだが、年寄り向きではないし、時間も限られているのでパス。その少し北西に媽閣廟があるのだが、BS放送で紹介されなかったので、その存在さえ知らなかった。残念なことである。
 
 今回訪れたのはBS放送で紹介された2つのスポットである。1つは Guia Hill (東望洋炮台)である。
 
 【入り口の看板】
 
 【看板そばの大砲。城壁の上の向こうのほうに灯台と教会がある。】
 大砲の右のほうに上へ続く道がある。そこを登ると目的地である。
 
 教会の上の広場にはいくつか大砲がある。
 
 丘の上から西のほうに夕陽をバックにした珍しい形のビルが見える。
  
入り口の近くには龍の形に剪定された庭木がある。
 
 ここは入り口にゲートはあるが、入場無料なので、地元住民の散歩コースになりそうである。
 さて、暗くならないうちに、次の目的地である聖ポール天主堂跡へ向かう。この誓うには聖ドミニコ教会(Igreja de São Domingos、西 Iglesia de Santo Domingo、中 玫瑰聖母堂)もある。

 ポチッとクリック、お願いします。

↓↓↓

スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。


『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Con 爺さんの子供たちの姓など | トップ | 聖ポール天主堂跡とマテオ・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

香港・マカオ・広東」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。