スパニッシュ・オデッセイ

スペイン語のトリビア
コスタリカ、メキシコ、ペルーのエピソード
パプア・ニューギニア、シンガポールのエピソード等

マカオの飲茶

2017-04-19 22:04:48 | 香港・マカオ・広東
 女房殿のいとこがフェリー乗り場の出口のタクシー乗り場まで車で迎えに来てくれた。大きな車なので、総勢5人が乗り込んだ。
 フェリー乗り場の近くにはカジノがあるが、レストランもその近くである。
 表通りに出ると、カジノ・ホテルの入り口前である。
 
 ここを通り過ぎると、すぐに目的地であるモールに着いた。
 
 ディズニーランドの雰囲気も漂っているが、ご覧のように平日の昼間なので、閑散としている。夜にはにぎやかになるのだろう。
 
 
 このモールには日本料理屋もあるが、予約してくれたのはこんなところではない。
 海沿いの道に出たところに目指すレストランがあった。
 女房殿のいとこが歩く後姿は亡き義父にそっくりである。体形も中華料理屋の親父さんだった彼の父親よりも、義父のほうに似ている。
 レストランの海側にはオープンテラスがあり、そこではコーヒーや軽食が摂れそうだが、本格的な料理は屋内である。
 料理は飲茶のようで、回転テーブルに料理が載せられる。回転テーブルは日本発祥だそうだが、マカオでも普通に使われているようである。
 マカオも広東料理で、中華の中ではあっさりしていて、口に合う。デザートはポルトガル人が持ち込んだエッグタルトが名物のようで、当然のようにテーブルに運ばれてきた。
 
 ご馳走になった後で、女房殿のいとこ宅に向かう。
 

ポチッとクリック、お願いします。

↓↓↓

スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。



 
 
 
 
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女房殿、いとこと感動の初対面 | トップ | 女房殿のいとこ宅にて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。