スパニッシュ・オデッセイ

スペイン語のトリビア
コスタリカ、メキシコ、ペルーのエピソード
パプア・ニューギニア、シンガポールのエピソード等

日本語の気音化と[s]音のないハワイ語

2015-03-13 10:43:28 | トリビア

 スペイン語とギリシャ語の気音化について述べたが、ここで、目を日本語に転じてみよう。京ことばの敬語に「はる」というのがある。「行かはる」とか「しはる」という言い方である。この「はる」はもともとは「なさる」で、それが「なはる」に変化し、さらに「な」が取れて、「はる」になったわけであるが、「さ」が 「は」に変わっているのが分かる。ローマ字で書けば nasaru ⇒ naharu で、ここでも気音化が起きている。
 なぜ、気音化が起きるかというと、省エネということになるのではないか。[s]を発音するより[h]の方がエネルギーが少なくてすむらしい。[h]も発音しなくなったら、完全な省エネの完成である。いったいそれぞれ、何カロリーの差があるのか、非常に興味があるところである。
 また、歯が抜けると、[s]の発音が難しくなる。[s]は無声歯茎摩擦音だが、歯があればこその歯茎である。歯がなくなってしまうと、どうも摩擦がうまくいかなくなるのではないか。まだ、経験がないので実感としてはよくわからないのだが。
 そういえば、ハワイ語には「サ行」と「タ行」がないのだが、 「タ行」はともかく、「サ行」がないのは、ハワイ人に歯が抜けてしまう人が多かったからなのだろうか。
 いろいろと考えてしまう今日この頃である。

 

Haga clic por favor.
↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。

 

 

 

 


『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フランス語における[s]音消失 | トップ | スペイン語の増大辞と「ハポ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トリビア」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。