スパニッシュ・オデッセイ

スペイン語のトリビア
コスタリカ、メキシコ、ペルーのエピソード
パプア・ニューギニア、シンガポールのエピソード等

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マレー人の名前(5)アブドラ(アブドゥラー)

2014-10-27 08:32:25 | シンガポール
  父親の名前が分からないマレー人の子供の場合、子どものフルネームをどうするか。あるマレー人に聞いてみたところ、“Abdullah”(「アブドラ」または「アブドゥッラー」)という、きわめてありふれた名前を“bin”(女性の場合は“binti”)のあとに、書いておくそうである。筆者の年代だと、「アブドラ」というと、プロレスラーの“Abdullah the Butcher”を思い出すのではないだろうか。
 それはともかく、「アブドラ」の息子ということにしておくと、事情を知らない人に「あいつは父無し子だ」と言われる恐れはなさそうである。
 ところで、イスラムの開祖ムハンマドのフル・ネームは「ムハンマド・イブン=アブドゥッラーフ・イブン=アブドゥルムッタリブ」というそうである(ウィキペディア)。
 「イブン」は「誰それの息子の」という意味で、マレー語の“bin”と同じである。で、「ムハンマド」は「アブドゥッラーフ」の息子ということになる。ウィキペディアでは「アブドゥッラーフ」とカタカナ表記されているが、ローマ字表記では“Abd Allāh”となる。語末の h を「フ」と表記しているわけだが、この音は聞こえるような、聞こえないような音だそうなので、むしろ、この音は表記しない方が原音に近いのではなかろうか。そうすると、「アブドゥッラー」となる。
 もともとは“Abd Allāh”だったのが、“Abdullah”に変化したことになる。
 “Abd Allāh”には“Allāh”が入っていて、「アラーのしもべ」という意味の、ありがたい名前のようである。
 ちなみに、スペイン語にも「アラー」が入っているといわれている単語がある。それは、願望を表す“ojalá”(発音は「オハラ」。「~だったらいいのに」の意)という語である。スペイン語にはアラビア語由来の語も多いので、これもその一つらしい(手元の辞書にはアラーの関連語ということになっている)。カトリックの多いスペイン語話者は語源を知ると、この語が使えなくなるのではないかと心配になるのだが。
 コスタリカでは、父親が不明または事情により父の姓を名乗れない場合、どうするか。どこかで述べたかと思うが、ここで復習しておこう。
 スペイン語圏の人名は「個人名(2つ以上あるのが普通)+父親の父方の姓+母親の父方の姓」という構成である。父親が不明の場合、真ん中の「父親の父方の姓」が書けないのである。公式文書にはこれも必要なので、何らかの対策をしなければならない。答えは「母親の父方の姓を2つ続ける」である。“Rodríguez Rodríguez”というようにするわけである。同じ姓が2つ続くと私生児かと思われるかもしれないが、地方によっては、日本と同様に同姓だらけの集落もある。この集落内で結婚すると、当然、子どもは同じ姓が2つ続くわけである。個人的にもそのようなコスタリカ人を知っている。
 父親に認知されたら、晴れて「父親の父方の姓」を名乗ることができる。認知されて、父親の父方の姓を得意げに近所に触れ回っていた子供も個人的に知っている。

ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。
はじめてのピジン語―パプアニューギニアのことば
  
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マレー人の名前(4)

2014-10-26 09:25:13 | シンガポール
  マレー人の多くはイスラム教徒だが、キリスト教徒もいる。マレー半島にはイスラム教徒が多いが、ボルネオ島にはキリスト教徒が多い。当然、名前にアラビア語由来の語を使うわけがない。個人名はヨーロッパ的なもので、日本人にはなじみのある名前である。キリスト教徒もやはり姓がないので、「誰それの子供」を個人名のあとにつける。フィリピンのタガログ語では「息子」の意味しかない“anak”を男女とも父親の名前の前につけるのだが、イスラム教徒とは違って、“anak”だけでは性別はわからないのである。ただ、“anak”を使わない、マレー人のキリスト教徒もいる。
 ところで、何らかの事情で父親が分からない場合がある。日常生活ではファーストネームしか使わないので、問題はないのだろうが、パスポートの申請など、公式文書の時が問題である。イスラム教徒の場合は、“bin”(女性なら“binti”)のあとに父親の名前を書くのだが、これが書けないのである。まさか、空欄にするわけにもいかず、“bin (binti)”以下を省略するわけでもないようだ。答えは次回。

ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。
はじめてのピジン語―パプアニューギニアのことば
  
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マレー人の名前(3)

2014-10-25 09:30:53 | シンガポール
  もし、「ウサマ・ビン・ラーディン」がマレー人だったら、父親の名前は「ラーディン」だということになる。筆者の周りのマレーシア人にはそう信じている者もいるが、実は違う。祖先に「ラーディン」さんがいて、その子孫ということである。「ウサマ」の父親の名前は「ムハンマド」である。本名は「ウサーマ・ビン・ムハンマド・ビン・アワド・ビン・ラーディン」というようだ。
 筆者の知る限りのマレー人は、日常生活で、だれ一人として「ビン・何とか」さんとは呼ばれていなかった。個人名で呼ぶのが当然だった。マレー人なら「ウサマ」と呼ぶだろう。
 ちなみに、「オサマ」とも表記するが、アラビア語の母音は「ア、イ、ウ」の三つだけ(日本語の「ア、イ、ウ」と全く同じというわけではない)で、「オ」は「ウ」の仲間になる。意味は「ライオン」ということらしい。
「ウサマ・ビン・ラーディン」が世間を騒がせ始めた時、日本のマスコミは「ラーディン」容疑者と書いていた。すぐに、指摘されたのだろう、その後「ビン・ラーディン」容疑者と改まったことを覚えている。
 さて、「ビン・ラーディン」が姓のように使われているのだが、ヨーロッパでは「誰それの息子」という意味の姓が多くみられる。英語圏では“Johnson”(ジョンの息子)が代表だろう。スペイン語圏の「誰それの息子」で有名なのは“Rodríguez”(Rodrigoの息子)だろう。スペイン語圏の人名については、後日、詳しく述べる。
 それはともかく、マレー人が外国へ行くと、「ビン+父親の名」が姓の代用になるのではないだろうか。

ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。
はじめてのピジン語―パプアニューギニアのことば
  
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マレー人の名前(2)

2014-10-24 08:19:27 | シンガポール
  マレー人の個人名はイスラム教徒の場合、マレー語ではなく、アラビア語の名前である。普段はアラビア語を使うことはないが、イスラムの祈りはアラビア語で行うので、イスラム教徒は小さい時から、アラビア語を習う。だから、アラビア文字で自分の名前を書くことができるし、名前の意味も大体わかるようだ。
 パスポートにはフルネームで表記されるが、姓がないので、「誰それの息子(娘)」というのを個人名のあとにつける。
 例えば、個人名が“Muhammad Ali”で、父親の名前が“Hassan”だとすると、フルネームはこうなる。
 “Muhammad Ali bin Hassan”。“bin”が英語の“son of”に相当する。娘の場合は、“binti”となる。これらもアラビア語由来の語で、あの「ビン・ラーディン」の「ビン」である。これとは別に「イブン」という別の形もある。これは男女共用のようだ。ただ、筆者の知る限り、こちらはマレー人の名前には使われていない。

ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。
はじめてのピジン語―パプアニューギニアのことば
  
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マレー人の名前(1)

2014-10-23 09:06:28 | シンガポール
  シンガポールの先住民はマレー系で、1987年当時、人口の15%ぐらいといわれていた。
 シンガポールのマレー系も同様だと思うが、マレーシアのマレー人には姓がない。モンゴル人やミャンマー人にも姓はない。中国のモンゴル族は個人名のみ漢字表記しているが、モンゴル共和国の場合は、父親の名前を個人名の前につけているようだ。大相撲の白鵬は本名、「ムンフバティーン・ダワージャルガル」だが、父親の名前は「ジグジドゥ・ムンフバト」で語尾が少々違うが、そのまま使う場合もあるようだ。実際、父親の名前「~バートル」を個人名の後にくっつけて使っている女子学生を知っている。彼女は「~バートル(「英雄」の意)」さんと呼ばれていたので、てっきり男子かと思っていた。ミャンマー人の場合は、アウンサン・スーチー氏が有名だが、個人名は「スーチー」で「アウンサン」は父親の名前である。
 さて、マレー人の場合は、フル・ネームを見ただけで、性別と宗教がすぐわかる。
 まず、多数派のイスラム教徒の場合である。もっともありふれた個人名は「ムハンマド」である。これは、日本ではかつて「モハメッド」と呼んでいた。スペイン語では“Mahoma”(発音は「マオマ」)である。アルファベットでは“Muhammad”と表記するが、長いので“Mohd”と略すこともある。スペイン語圏の女性はほとんど“María”で、これにもう一つ二つ名前がつくのが普通である。同様にマレー人男性も“Muhammad”のほかにもう一つ名前があるのが普通である。日常生活ではもう一つの名前で呼ぶ。長い場合は、その短縮形を使う。

ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。
はじめてのピジン語―パプアニューギニアのことば
  
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポールの中国系の人名

2014-10-22 12:40:30 | シンガポール
  シンガポールは中国系が多数である。当然、名前も中国風である。ただし、発音、特に姓のほうは標準の中国語(普通話)とは違う。個人名のほうの発音も多くの場合、普通話とは違っていたようである(ただし、記憶は例によってあいまい)。
 中国系の人たちは大体が南方系なので、広東語、福建語、潮州語を話している。客家系もいて、リー・クアンユー氏がその代表だろう。
 筆者の同僚の中国系の人たちの名刺はローマ字で名前が書かれていて、漢字は書かれていなかった。親しくなったら、どんな漢字か、聞いてみるのである。
 とても読めないようなローマ字表記もあった。代表例は、Ng と Sng である。カタカナ表記では前者は「ンー」または「ウン」、後者は「スン」だろう。アラビア語のように母音表記をしない(してもいいけれど、あまりしないらしい)のか、それとも母音がないのかはっきりしない。あいまい母音でもあるのかもしれない。
 で、Ng さんの漢字表記を聞いてみたら、「黄」だった。普通話ではこれは Huang と表記される。また、このほかに Wee さんという人がいて、こちらの方の漢字表記も「黄」だった。
  ヨーロッパ風の個人名を名乗る人もいて、この場合は個人名を先に書いていた。Freddy とか George などのほかに、Francesca(フランチェスカ)というイタリア名前の女性もいた。戸籍上は普通の中国風の名前になっているとは思うが。ブルース・リー、ジャッキー・チェン、テレサ・テンという類の名前はシンガポールにも大勢いた。

ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。
はじめてのピジン語―パプアニューギニアのことば
  
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポールのテレビ放送

2014-10-21 08:59:17 | シンガポール
 1987年当時のシンガポールの放送事情である。
 シンガポールは多言語国家なので、放送は英語、中国語(標準の中国語、普通話)、マレー語、タミール語(たぶん)と、4つあった。放送局はすべてSBC(BBCのシンガポール版)で、いわゆる民放のようなものはなかったと思う。
 英語の放送には字幕は入らなかったと思うが、それ以外の言語の場合は、英語や中国語の字幕が入ったと記憶している。タミール語の字幕は記憶にない。
 中国語の字幕は正字体(繁体字)だったか、簡体字だったか、記憶があいまいだが、簡体字だったような気がする。
 音楽番組をよく見ていた。インドのミュージカル映画も言葉はわからないながら、結構楽しめた。
 また、マレーシアの放送も当然、見られる。こちらも、音楽番組をよく見ていたものだが、夜12時になると、放送が終了する。昔、NHKも12時に終了していたが、最後に「君が代」が流れ、国旗がはためいていた。マレーシアも同様だったが、国歌の前か後か、忘れたが、イスラムのお祈りの一節が流れるのである。イスラム諸国で毎日聞かれるという、あのお経のようなものである。アラビア語であるから、全然わからないが、厳かな雰囲気は伝わる。
 そして、安らかな気持ちで眠りについたものである(たぶん)。 

ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。
はじめてのピジン語―パプアニューギニアのことば
  
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マレー語(3) カンポン(田舎)とアマ(メイド)さん

2014-10-20 10:45:57 | シンガポール
  マレー半島はかつてはポルトガルの勢力範囲だった。マラッカがポルトガル統治時代の名残をとどめている。マレー語にもポルトガル語の影響があるようで、「田舎」のことを「カンポン」という。ポルトガル語に由来するのかどうか、よくわからないが、これもすぐ覚えた。スペイン語では「田舎」のことを“campo”というのである。
 シンガポールではメイドさんのことを「アマ」と言っていた。“amah”とつづるようで、漢字では「阿媽」と書くそうだ。もと東アジア在住の外国人家庭に雇われていた、現地人のメイドとのこと。この言葉は、ポルトガル語の“ama”に由来するらしい。(「goo 辞書」による)
 ポルトガル語と共通点が多いスペイン語では、“ama”は動詞“amar”(愛する)の直説法現在3人称単数の活用形、および命令法2人称単数の活用形であると同時に、“amo”(主人)の女性形でもある。
 メイドさんが女主人というのは変だが、“ama de casa”とやると、「主婦」(文字どおりには、「家の女主人」)の意味になる。「アマ」さんは「主婦」の仕事をしてくれるメイドさんということで、ポルトガル人が“ama”と呼んだのだろう。筆者のところに来ていたのは、マレー人のアマさんで、英語もろくに通じなかった。紹介してくれた中国系の女性はマレー語でアマさんと話していた。フィリピン人のアマさんも多数いた。
 あと三つ、マレー語を紹介する。
 「あらまあ」はマレー語でも日本語でも同じ意味のことばである。日本語では女性的だが、マレー語では女言葉というわけではなく、男も普通に使っている。ただ、日本語に由来するわけではなさそうだ。「アラー」に由来するという説もあるが、どうだろうか。
 「さかな」はマレー語では“ikan”で、「ごはん(めし)」はマレー語では“nasi”とつづる。発音は「ナシ」ではなく、「ナスィ」であるが、この際、カタいことは言わない。
  ああらまあ さかなはイカン めしはナシ

ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。
はじめてのピジン語―パプアニューギニアのことば
  
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マレー語(2) 5 (lima)

2014-10-19 10:00:08 | シンガポール
  マレー語でおもしろいのは「5」の“lima”である。“Lima”はペルーの首都の名前であるが、語源は首都を流れるリマック川(Rimac)に由来するそうで、マレー語とは関係がなさそうだ。筆者はスペイン語話者には「あなたはマレー語の単語を少なくとも一つは知っているよ」といつも言っている。
 パプア・ニューギニアのところで触れた「モツ語」では「5」は“ima”である。フィジー語でもハワイ語でも「5」は“lima”で、フィリピンのタガログ語では“limang”である。マオリ語では“rima”となっている。さらに東のタヒチ語や、イースター島の原住民の言葉であるラパ・ヌイ語を調べてみたが、“lima”に似たような形は出てこなかった。一応、マレー・ポリネシア語系統ではあるのだが。
 イースター島からさらに、東へ進み、南米大陸まで到達したマレー系の人たちもいたかもしれない。南米のインカ文明とポリネシア文明との相似点が多いという話もあることだし。そうすると、ペルーの首都「リマ」もひょっとしたら、マレー語と関係があるのかもしれない。

ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。
はじめてのピジン語―パプアニューギニアのことば
  
 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

マレー語(1)

2014-10-18 10:09:05 | シンガポール
  シンガポールの国語はマレー語である。また、シンガポール人にとっての旅行は海外旅行しかない。一番近い外国はマレーシアとインドネシアある。マレーシアには車で橋を渡るだけで行ける。インドネシアには橋はかかっていないが、フェリーですぐ行ける。
 マレーシアは英語も通じるが、やはり、言葉は覚えたほうがいい。マレー語もインドネシア語も同じようなもので、方言程度の違いしかないらしい。
 筆者は挨拶と数詞を少々覚えた程度である。
日本人になじみのあるマレー語はやはり“harimau”だろう。カタカナでは「ハリマオ」と表記される。マレーの「虎」である。第一次世界大戦時の女スパイ「マタハリ」は年配の人なら知っているだろう。“mata”(目)+“hari”(英語の“day”に相当)で、直訳は「昼の目」だが、昼間、空に出ている大きな目のような天体、つまり「太陽」のことである。
 “terima kasih”「ありがとう」に対する「どういたしまして」も覚えやすい。“sama-sama”である。
 ここで、マレー語の数詞を1から5まで紹介しよう。
1 satu
2 dua
3 tiga
4 empat
5 lima
「1」はどんな言語でも基本なのですぐ覚える。「2」以下は少々骨である。それでも「2」“dua”は英語やスペイン語の“dual”を連想するので、覚えやすい。 

ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。
はじめてのピジン語―パプアニューギニアのことば
  
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポールの言語事情

2014-10-17 08:00:17 | シンガポール
 シンガポールの言語について。国語はマレー語だが、公用語は英語のほかに中国語(普通話)とタミール語(南インドの言語)がある。中国語は標準の中国語が公用語になってはいるのだが、中国系といっても、ほとんどは南方系中国人で、その母語は広東語や潮州語、福建語などである。家庭内ではこういった言語を使用しているのだが、同じ中国系とはいっても、出身が違うと話が通じない。そこで、標準の中国語や英語で話すことになる。
 政府は、中国系住民の間では標準の中国語を話すように、「華人華語」というスローガンを掲げていた。南方系中国人は巻き舌音が苦手のようで、標準中国語の発音は決してよくない。
 それでも、中国系住民は母語、標準中国語、英語、それにマレー語もできるようだった。
 漢字はチャイナタウンに行くと、昔からの字体(正字、中国では「繁体字」という)だが、バスやバス停には簡体字が使われていた。新聞やテレビはどうだっただろうか。簡体字だったようだが、記憶があいまいである。
 ところで、筆者が勤めていた National Productivity Board(漢字では「国家生産力局」)は“Bukit Merah”というところにあったが、この英語表記は“Red Hill”で、中国語表記は「红山」となっていた。
 ちなみに、マレー語の「赤」は“merah”だが、「赤い炎がメラメラ燃える」と覚えるのである。

ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。
はじめてのピジン語―パプアニューギニアのことば
  
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Fine Country Singapore

2014-10-16 08:10:38 | シンガポール
 1987年当時、シンガポールにはまだ電車はなかった。1988年になって、MRTと呼ばれる高架電車ができた。東西線と南北線の2路線だったが、数回話のタネに乗ってみただけである。バスだと朝夕の渋滞がひどいので、時間短縮には大いに貢献したことだろう。日本並みに便利になると、面白いエピソードも少なくなる。せいぜい、車内での飲食禁止ぐらいだろうか。違反すると、もちろん罰金である。
 シンガポールは日本では、マナー違反で片付けられるようなことでも罰金である。「罰金」は英語では“Fine”というが、この単語は日本ではまず「すばらしい」の意味で習う。
 ビーチに“Fine for Swimming”(泳ぐと罰金)と書かれていたので、泳いでしまったら、罰金を取られたというような笑い話があるが、真偽のほどはどうだろうか。
 それはともかく、シンガポールで売られているTシャツに“Singapore is a Fine Country”のようなことが書かれているものがある。これは「すばらしい」と「罰金」を引っ掛けたシャレである。

ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。
はじめてのピジン語―パプアニューギニアのことば
  
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポールの屋外駐車場(2)

2014-10-11 10:01:20 | シンガポール
  どうするかというと、まず、インド人経営のよろず屋に行って、駐車券を購入するわけである。券とはいっても、小さなチケットではない。はがきサイズぐらいの、ボール紙よりやや薄いぐらいのカードである。これが10枚つづりぐらいで売られている。このカードに日時、時刻を示す数字が書いてあり、その数字の回りに切込みがあり、それをちぎって日時、駐車開始時刻を表示するわけである。ビンゴのカードのようなものである。ビンゴの場合、出た数字の部分をちぎらなくてもいいが、駐車カードはちゃんとちぎらないといけない。
 このカードを車のダッシュボードのよく見えるところにおいておくわけである。ちぎらずに曲げておくだけで、再利用しようとするやからも当然いるだろうから、係員が入念にチェックするようである。不正がばれたら、当然罰金である。
 カード1枚で1時間有効だったかと思う。コンサートは2時間ぐらいが相場なので、念のため、3枚置いておいた。ところが、スティービーは大サービスをしてくれたので、3時間を越えてしまった。罰金は怖いが、ステージを見逃すのもいやなので、結局、罰金覚悟で最後まで見てしまったのであるが、ラッキーなことに何のお咎めもなかった。ただ、ステージの最後のほうが気もそぞろになったのが残念ではあるが、話のタネにはなった。

ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。
はじめてのピジン語―パプアニューギニアのことば
  
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポールの屋外駐車場(1)

2014-10-11 08:54:17 | シンガポール
  車を持つと、駐車場が問題になる。高級マンションや市街地のデパートなどは地下が駐車場になっているし、高級レストランは専用の駐車場があるので、問題はない。問題になるのはそれ以外の屋外の駐車である。筆者が実際に屋外に駐車したのは、屋外コンサートのときぐらいである。
 シンガポールには多くのアーティストがやってくる。中でも印象に残っているのはスティービー・ワンダーのコンサートである。コンサートはせいぜい2時間ぐらいが一般的だと思うが、スティービー・ワンダーのコンサートは3時間にも及んだ。大サービスである。オペラグラスならぬ、大双眼鏡を持ち込み、ステージのスティービーを見ると、マイクに“Stevie”と書いてあった。フリオ・イグレシアスのディナー・ショーのときは席が遠く、薄暗かったので全然姿が見えなかった。その反省から、馬鹿でかい双眼鏡を買ったのである。
 それはともかく、駐車場は無料ではない。といっても、駐車場には管理人もいなければ、ゲートがあるわけでもない。パーキング・メーターもない。これなら、ただで駐車できそうに思えるが、そうは行かない。
 さて、それでは、どうするかというと・・・・

ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。
はじめてのピジン語―パプアニューギニアのことば
  
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポールのマイカー通勤(2) 乗り屋

2014-10-10 08:04:56 | シンガポール
  車で町の中心部へ通勤したいが、運転手のほかにあと2人乗っていなければ、罰金を取られる。毎日、2人集めるのも大変である。ところが、世界中、どこにでも頭のいいのがいるもので、こういった人たちのニーズに応える形で、中心部に入る手前に数人待ち構えていて、人数不足の車に乗り込んでくれる「乗り屋」なる商売があったらしい。もちろん、毎日のことなので、料金は罰金よりはずっと安く設定しなければならない。相場がいくらだったのかはちょっと不明である。
 しかし、当局は「乗り屋」も規制の対象にしてしまったようなので、今はどうなっていることか。
 今なら、人間そっくりのアンドロイド型ロボットがあるので、ひょっとしたら、ロボットが乗っているかもしれない。

ポチッとクリック、お願いします。
↓↓↓
スペイン語 ブログランキングへ

スペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書)
好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。
はじめてのピジン語―パプアニューギニアのことば
  
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加