ドンドンこにしの備忘録

個人的な備忘録です。他意はありません。

「隣人」 永井するみ読了!

2016年04月21日 19時09分27秒 | 作家 な行
隣人 (双葉文庫) 2016.4.21読了。
永井 するみ (著)

優しい夫に真っ白でふわふわな猫―美由紀の満ち足りた生活は、夫の溺死によりピリオドが打たれる。しかしそれは、新たなる絶望への幕開けに過ぎなかった。小説推理新人賞受賞作「隣人」を含む戦慄のサスペンス集。予測のつかない結末6篇!



「隣人」「伴走者」「風の墓」「洗足の家」「至福の時」「雪模様」6編からなる短編集。
最後まで、二転三転する展開。ゾーッとするような人間の怖さを浮き彫りにする。
突然、ありきたりの日常に、毒を盛られた感じだろうか。短編としては読みごたえあり。…6点
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« puppy linux デスクトップア... | トップ | Puppy Linux、Chrome系で日本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。