ドンドンこにしの備忘録

個人的な備忘録です。他意はありません。

「さあ、地獄へ堕ちよう」  菅原和也読了!

2016年04月11日 16時52分42秒 | 作家 さ行
さあ、地獄へ堕ちよう (角川文庫) 2016.4.11読了。
菅原 和也 (著)

SMバーでM嬢として働くミチは薬とアルコール漬けの日々を送っていた。だが、幼馴染のタミーとの再会からミチの日常が変容していく。タミーが関わっているという残虐な死体写真が集められた“地獄へ堕ちよう”という裏サイトの存在。さらに自らにおぞましいほどの身体改造を求める、店の同僚リスト。出口のない欲望が絡み合い、凄惨な事件が起こる―。最年少で第32回横溝正史ミステリ大賞を受賞した衝撃の暗黒青春ミステリ。


この作家さん、お初ですが、1988年生まれというから、まだ20代!(最年少で第32回横溝正史ミステリ大賞を受賞している!)ということで、なにか凡人とは違う才能を感じる。
まずはその文体も独特。この小説は、若い女性の一人称視点で描かれているが、甘さがなく、乾いた硬い文体で、短いセンテンスで構成されている。そのためグロい描写もなぜかドライな爽やかさ(?)を含んでいる。
そして、SMや身体改造などをテーマとして扱い、それらの知識がたいへん豊富。

特殊なテーマのミステリー仕立てで、才能なのか、その硬質な文体からなのか、あっさりと読みやすく物語に入っていけるが、難点を言えば、主人公が、最初のキャラから、後半にはまったく別のキャラクターに変わってしまうことには、どうも納得がいかない。痛いのとかグロいのとか嫌いな人は読めない、読者を選んじゃう小説。もう一作読んでみたい。…6点。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「よだかの片想い」 島本理... | トップ | 「警視庁「女性犯罪」捜査班 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。