ドンドンこにしの備忘録

個人的な備忘録です。他意はありません。

「時砂の王」 小川 一水読了!

2017年05月17日 14時51分59秒 | 作家 あ行
時砂の王 (ハヤカワ文庫JA) 2017.5.17読了。
小川 一水 (著)

西暦248年、不気味な物の怪に襲われた邪馬台国の女王・卑弥呼を救った「使いの王」は、彼女の想像を絶する物語を語る。2300年後の未来において、謎の増殖型戦闘機械軍(ET)により地球は壊滅、更に人類の完全殲滅を狙う機械群を追って、彼ら人工知性体たちは絶望的な時間遡行戦を開始した。そして、3世紀の邪馬台国こそが、全人類の存亡を懸けた最終防衛線であると──。




壮大なSFなのに、これだけの薄さ(270ページぐらい)に収めるとは、この作家さんの才能は計り知れない。読んでいての間延び感なんかは感じるわけもない。シビアな話ですが、各キャラの造詣がうまく、悲壮感はない。絶望的な戦いを強いられながらも、戦意を失わない凛々しく純真な登場人物たちに胸が熱くなる、言うことなしの時間SF。ほんとに一気読み必至。…8.5点。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「解夏」さだまさし読了!  | トップ | 「老ヴォールの惑星」 小川一... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。