ドンドンこにしの備忘録

個人的な備忘録です。他意はありません。

「陽炎ノ辻 ─ 居眠り磐音江戸双紙 1」 佐伯 泰英読了!

2017年01月30日 18時23分09秒 | 作家 さ行
陽炎ノ辻 ─ 居眠り磐音江戸双紙 1 (双葉文庫) 2017.1.29読了。
佐伯 泰英著

直心影流の達人、坂崎磐音。藩内騒動がもとで自藩を離れ、江戸深川六間堀で浪々の日々を送る。ある日、磐音はふとした縁で両替商の用心棒を引き受けるが、幕府の屋台骨を揺るがす大陰謀に巻き込まれてしまう。些事にこだわらず春風のように穏やかな磐音が颯爽と悪を斬る、著者渾身の痛快時代小説!


NHKの連続ドラマを3シーズン観て、SPドラマも全部観たので、あとは原作と、読みだした次第。全巻読むと50数巻あるらしいのでどこまで読んでいけるのやら。
江戸の市井を描き、藤沢周平っぽくもあるが、とくに商人、江戸の経済の事がくわしく描かれていて、興味深い。おもしろく、読みやすい。…7点。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「日蝕えつきる」 花村萬月... | トップ | 「光秀の定理」 垣根涼介読了! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

作家 さ行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。