ドンドンこにしの備忘録

個人的な備忘録です。他意はありません。

「天に堕ちる」 唯川 恵読了!

2016年05月02日 16時11分15秒 | 作家 や行
天に堕ちる (集英社文庫) 2016.4.29読了。
唯川 恵 (著)

騙されていると知りながらも、出張ホストに貢ぐ「りつ子」。男の都合に合わせ、ソープ嬢へと身を落としていく「茉莉」。中学生の男子生徒に密かな欲情を抱く養護教諭の「和美」。ありきたりの生活の中にある、小さな小さなくぼみ。わかっていて足を踏み入れるのか、気づかないうちに、穴が広がってすべり堕ちてしまうのか。一途に愛することの幸せ、そしてその代償。十人十色の愛のカタチを描く、傑作短編集。


この本のどこかに書いてあった、「人間が持つ、明と暗、優しさと毒、幸福と恐怖。それらは隣り合わせにある。だから、人はほんのささいなことで足を滑らせてしまう。」本当に人生なんて、紙一重。それに、愛だとか幸福だとか、感じ方は人によって千差万別。この小説の主人公たちは、傍から見れば堕ちていくんだけど、タイトルが「天に堕ちる」だけあって、実は本人だけは、禁断、甘美な天国に堕ちて(?)いるのかもしれない。よくもまぁ、色々なタイプの穴に堕ちるストーリーを考えられるものだと感心してしまう。…7点。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「アジア的生活」 浜なつ子読... | トップ | 「テティスの逆鱗」 唯川恵読... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。