ドンドンこにしの備忘録

個人的な備忘録です。他意はありません。

「ふがいない僕は空を見た」 窪 美澄読了!

2016年10月18日 16時26分55秒 | 作家 か行
ふがいない僕は空を見た (新潮文庫) 2016.10.18読了。
窪 美澄 (著)

高校一年の斉藤くんは、年上の主婦と週に何度かセックスしている。やがて、彼女への気持ちが性欲だけではなくなってきたことに気づくのだが――。姑に不妊治療をせまられる女性。ぼけた祖母と二人で暮らす高校生。助産院を営みながら、女手一つで息子を育てる母親。それぞれが抱える生きることの痛みと喜びを鮮やかに写し取った連作長編。R-18文学賞大賞、山本周五郎賞W受賞作。




「ミクマリ」、「世界ヲ覆フ蜘蛛ノ糸」、「2035年のオーガズム」、「セイタカアワダチソウの空」、「花粉・受粉」の5つの短編から構成される連作短篇集。
「セイタカアワダチソウの空」、「花粉・受粉」が秀逸。
生まれてくることの苦しみや、痛み、生きていくことの難しさ。それでもそれぞれの環境や立場を受け入れて生きていかなければならないんだよ。…6.5点。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「リング」 鈴木光司読了! | トップ | 「ZOO〈1〉」 乙一読了!  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。