ドンドンこにしの備忘録

個人的な備忘録です。他意はありません。

「魚舟・獣舟」 上田 早夕里読了!

2017年04月19日 19時20分25秒 | 作家 あ行
魚舟・獣舟 (光文社文庫) 2017.4.19読了。
上田 早夕里 (著)

現代社会崩壊後、陸地の大半が水没した未来世界。そこに存在する魚舟、獣舟と呼ばれる異形の生物と人類との関わりを衝撃的に描き、各界で絶賛を浴びた表題作。寄生茸に体を食い尽くされる奇病が、日本全土を覆おうとしていた。しかも寄生された生物は、ただ死ぬだけではないのだ。戦慄の展開に息を呑む「くさびらの道」。書下ろし中編を含む全六編を収録する。


読んでるうちに、気づいた。これは読んだことある。ストーリーはまったく憶えていないが、このプロットはどれもこれも既読だ。そういえば、この本が発売された10年前、新刊で読んでいることを思い出した。全部読み終わってからね。ま、それはそうと、なかなかおもしろいSF短編集だった。しかし、表題作の「魚舟・獣舟」はあまりにもスケールが大きな作品で、短編としてまとめてしまうにはもったいない作品だと思う。(その後、この短編を元に長編が書かれたという話をきいて納得した。)…6点。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「押入れのちよ」 荻原 浩読了! | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。